言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

ラクダが転ぶ日

2017年08月13日 | 日記その1

2010年9月 サハラ砂漠にて早朝 撮影
涼しい朝を迎えた。
 連日灼熱地獄だったので、寒いぐらいに感じる。
 秋の虫がもう早くも すだくようになった。
 最近、気候がおかしい。
 竜巻はアメリカのことかと思っていたら、日本の沿岸部、そして関東平野でも巻き起こるようになった。
 この地方でも竜巻警報がでるようになった。
 南極の氷が最大に割れて、巨大氷山が生まれた。

 地球温暖化が進み、南太平洋の小さな島、ツバルは沈み始めた。
 アメリカのトランプ大統領が、地球温暖化対策の国際的なルールを定めたパリ協定から離脱すると発表。
 世界からだんだん孤立化していくアメリカ。

 日本の真夏。8月に東京オリンピックが開催される。
 安部総理は退陣どころから、東京オリンピックにどうしても出たいらしい。
 世界に安倍の顔をだして名を残したい。憲法改正して歴史に名を残したいと願っているからだ。
 オリンピックのスタジアムは冷房装置がない。この灼熱地獄に大丈夫だろうか?

 日本は世界最大の熱帯合板の輸入国で、とくに日本の輸入合板の約半分、その9割はマレーシアとインドネシアから輸入したものだ。
 なかでも建設現場で使われるコンクリートパネル用の合板の大半は、マレーシアのサラワク州から供給されている。

 サラワクは、世界でも急激に森林の減少が進んでいる地域の一つであり、違法伐採が行われている可能性が高いと指摘される。
 それは森に住む先住民の人権も蹂躙していることを示す。

 地球はどんどん壊れていく。
 それは人間が壊していくのだ。

 その結果、自然のサイクルが破壊され、地球温暖化が促進され、洪水があちこちで起きる。
 
 自然を破壊するものは自然からしっぺ返しが来る。

 サハラ砂漠に旅したことがある。
 驚いたのは真っ黒なものが砂に埋まっていた。
 何かと思ったら、ビニールの袋だった。
 腐る事もなく、風に舞うビニールの袋。
砂漠に来てまでごみを捨てる奴がいるのかと思うと怒りがこみあげてくる。
 
  いつの日か、ビニールの袋にラクダが足をとられて転ぶ日が来るかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« メンマと蟹パン | トップ | お盆の入り »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。