言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

実戦と理論

2017年03月20日 | 心理学豆知識


 先日はカウンセリングの実習をした。
 カウンセラーとクライアントの役割分担を決めてロールプレイをする。
 実験。
一分間だけ、クライアント役の人が自己紹介をする。
 一分後に、カウンセラー役の人がそれを一言一句まちがえることなく、繰り返していう。
 その結果、100パーセントに近くあっていたかどうか、何パーセント正確だったを発表。

 次は役割をチェンジして同じことをする。
 次は「カウンセリングについて」という命題で一分間話す。
 一分後には聞き役がそっくり同じことを繰りかえす実験だった。
 「カウンセリングについて」というテーマだと100パーセント間違いなく繰り返せた人は少なかった。
 
 この実験からわかることは、自己紹介だと、自分の中の思い込みなどがはいらず、そのまま繰り返すことができるが、
 「カウンセリングについて」という思考を伴う命題だと、相手が話す内容に、自分が無意識に反応してしまう。

 「え!そんな風に思うの_」とか「ちょっと違うんじゃないの」とか、勝手に反応してそっくりそのまま繰りかえすことをはばまれる。
  その結果、80パーセント繰り返せればよい方で、50パーセントしか正確に繰り返すことができなかったという結果が出た。

 これはなにを示しているかというと、カウンセラーがクライアントから相談されるとき、白紙の状態で常に接することがきるかどうかの訓練だった。
 上の結果が示しているように、自分の内部で無意識が反応して白紙でない状態になる危険性を示している。
 訓練が十分なされていないカウンセラーは白紙状態できちんと向き合得ない状態のまま、カウンセリングを行うことになってこれは失格である。
  いくら理論を積み重ねて博士論文を書くことができても、実際にカウンセラーとして役に立たないのなら意味がないのである。
 実戦と理論。
 気が遠くなるほど実戦訓練を積み重ねることは必須である。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« お母さん、ありがとう | トップ | 英国アンティーク 純銀製 ... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白い (tappe)
2017-03-20 07:22:49
実験です。
私は自己紹介の場合、まったく知らない方ならいくらか高い得点となるかもしれませんが、既知の方の場合はさてどうでしょう。
白紙ではなく、偏見や思い込みで時にはピンクになったり灰色になったりするかもしれません。
たとえば、稲田防衛大臣の自己紹介などは多分かなり濃い灰色となるでしょう。
それ以前に、判断力や記憶力の低下が・・・。
私には難しいです (ゆり)
2017-03-20 09:10:06
おはようございます。

昨日は・・・やはりお誕生日だったのですね。

私には二度の誕生日があるのです。
事実上の生年月日と、この日を境に生まれ変わったのではないかと思える日です。

ところで、カウンセラーになりたいと思ったことは何回かあります。
しかし、なれないというより、なってはいけないんだと思ってきました。
(もちろん、きちんとしたカウンセラー資格は院卒でないとダメということはわかってますが)
私の場合、悩める人に「こうしたらいいのに」と、つい自分の考えを言ってしまいがちだからです。
まさに白紙状態から人に接するといことには程遠いのです。
無意識まで掘り下げれば、私はそうとう偏ってるんだと思いますよ。
その無意識の部分にわずか(膨大な無意識部分の、ほんのかけらですよ)アタックでき始めた日が、もう一つの誕生日なのですが・・・

友人たちは、私が非常に悩んだ時、ただひたすら私の心に寄り添ってくれました。
たぶんですが・・・彼女らはカウンセラーになりたいなんて思ったことがなかったのでしょうに・・・
私にはカウンセラーは無理です。

ろこさんのことはまだしっかり存じあげてはおりませんが、
この記事のように考えることが出来るろこさんは、カウンセラーにふさわしいお方なのでは。


tappeさんへ(偏見) (ろこ)
2017-03-20 09:18:59
tappeさんへ
 なるほど。おおいにうなづけます。
 私も、もし、石原慎太郎さんや、稲田防衛大臣の自己紹介だったら、「え!嘘!違うでしょ!えらそうに」などと頭の中で反論しながら聴いてしまいそうです。
 偏見や、思い込みって、だからこわいのですよね。
 白い状態で相手の話を聴けないので、自分色に染まった耳で聞いてしまいます。
 人格者のtappeさんでも、白紙にならないのですから、自分色の耳がきっとみんなありそうです。
 自分を知る面白い実験ですね。
 
ゆりさんへ(白紙) (ろこ)
2017-03-20 09:44:45
ゆりさんへ
 人の心と向き合う職業は重責ですね。
 机上の学問では足りないものがたくさんあります。
 
 
話を聞くときの癖 (さるびあ)
2017-03-20 12:54:30
 私は自分を白紙ではなく,
自分を相手の立場に置きます。
そして,相手の気持ちや考え方の如何に関わらず
その人の思いをまず,全てを受け止めます。
自分をまずその位置に於いて受け止めてから,
それではこれからどのようにすれば,
この方の心が安らぐ事が出来るのか。
今,何を思うことがその人にとって,
行動しやすいのかという事を考えます。

なぁんて事を一時期色んな方の相談や悩みに首を突っ込んでいた時期があり,
人と会話するのも疲れてしまいました。

 だから,カウンセリングを仕事としている方は,
本当に素晴らしいと尊敬しています。

さるびあさんへ(カウンセラーとの違い) (ろこ)
2017-03-20 13:49:16
さるびあさんへ
 素晴らしいですね。
 相手を思いやることが一番ですね。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。