言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

長崎に原爆を落とされた日

2017年08月09日 | 時事問題関連

 【写真特集】ナガサキ、フィルムの記憶
 特集:核といのちを考える
 ナガサキノート

 72年前、長崎市に原爆が投下された9日午前11時2分。


 高校野球。横浜(神奈川)の4番打者・増田珠(しゅう)君(3年)は、兵庫県伊丹市での練習を一休みし、黙禱(もくとう)した。
 「今、野球ができることに幸せを感じています」。神奈川大会で5本塁打を放った全国屈指の強打者は毎年、こうして目をつぶり、被爆者に思いをはせる。

 長崎出身で、戦争や原爆の被害は「生活の中で勝手に知っていくもの」だった。
 祖母の久美子さん(74)は広島で被爆し、現在も体に傷痕が残る。

 母校の長崎市立淵(ふち)中学校は爆心地から約1キロの距離にあり、原爆で100人以上の生徒が亡くなった。
 今も、焼けた壁や被害の写真が展示され、毎年8月9日には学校で黙禱を捧げた。
 「この日の長崎の11時2分はとても長い。1分間目を閉じて、サイレンがずっと聞こえた」と振り返る。

 だが、「夢を与えるプロ野球選手」を目指して横浜に進学すると、周りは違った。
 ある日、チームメートに誕生日を問うと、「8月9日、野球の日だよ」。
 「え、長崎の原爆の日って知らないのか」と驚いた。

 そう思った増田君も1年生の時はプレーに必死で、気づくと8月9日の11時2分が過ぎていた。
 すぐに黙禱したが、「神奈川では11時2分はあっという間に過ぎていく」と実感した。
 昨夏の8月9日は甲子園で迎えた。試合に臨む前の練習中、体を動かしながら目を閉じ、祈った。

 被爆者も高齢化が進む今、「伝えられる人間が伝えないと」。
 横浜に来て、そんな意識が強まっている。だがなによりも、「今でも被爆した人がいる。そういう人に元気を与えられるよう頑張っていきたい」。
 故郷の思いも背負い、夢を目指す
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 日米地位協定の見直し | トップ | 「あなたはどこの国の総理で... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私のブログに (Fs)
2017-08-09 20:14:23
私のブログに引用させてもらい、さらにリンクを貼りました。
後付けで申し訳ありません。
心に残る記事でした。
Fsさんへ(拡散) (ろこ)
2017-08-09 22:41:01
Fsさんへ
 大いに拡散してください。
 被爆者や戦争を知っている人の平均年齢は81歳です。
 若い人が戦争の悲惨さを、原爆の恐ろしさを語りついていかなければなりません。
 増田君がいうように、もう高校生で原爆の日を知らない人が多いのです。
 今、私たちのすることは原爆の恐ろしさを語り継いでいくことです。
 
Unknown (藍)
2017-08-10 08:59:26
故、ライシャワー駐日大使が
長崎爆撃をさして
「ノックアウトされ倒れてる人間を持ち上げ
 再びパンチをしているようなものだ」
とのコメントを想いだします。
藍さんへ(広島の次にも長崎まで) (ろこ)
2017-08-10 11:44:19
藍さんへ
 本当にその通りです。
 広島だけでもすさまじい破壊力だったのに、さらに長崎まで。
 ライシャワーさんがおっしゃる通りです。
 親日家で、奥さまは日本人のライシャワーさんを刺したのは、愚かな日本人です。
 世界に戦争の愚かさを訴えてきたライシャワーさんを殺そうとするなんて。
 無知ほど怖いものはありません。
 私たちは正しく過去の歴史を知り、同じ過ちを繰り返さないことを肝に銘じたいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。