言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

思い出ボロボロ♪

2016年09月15日 | 日記その1

やっと苦悩を脱出。
 苦しいときは家の中が綺麗になる
 だって片付け魔になるから
 苦しんだご褒美

 ごみ収集車は我が家の不燃物、可燃物、資源ごみで満載。
 長年捨てられずにとってあった教科書をほとんど資源ごみにだした。
  何と嫁入り道具の中に、中学から大学までの英語の教科書を捨てずに入れてきたのだからわれながら驚く。
 そんなに勉強したわけでもないのに。
 教科書を開くと、一瞬にしてその時の空気がよみがえってくる。

 そして、塾の教師をしていたときの教科書テキストも恋人と別れるような気持ちでさよならした。
 想い出がこびりついていて捨てられずにいた。

 一生懸命心血そそいで教えた。
 きらきら輝くひとりひとりの瞳を学ぶ喜びに溢れさせたいと思った。

 反応が早くて楽しくて私のほうが喜びに満ちていたかもしれない。

 どぶ際に咲いていた黄色いタンポポを摘んできた男の子が「これあげる」とくれたっけ。
 どぶ際に咲いていたけれど、とっても綺麗だと私は思いながら眺めていたタンポポだった。
 「そうかぁ、君も綺麗だと思ったんだね」

 私はあれを押し花にしてずっと今でも辞書の間にいれてるんだよ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 中秋の名月(十五夜) | トップ | ビル・エヴァンスを偲んで »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄いインテリア (原村)
2016-09-15 21:51:08
こんばんは。
凄いと言うか、大胆と言うか恐れ入りましたが正直な気持ちです。
どう見ても本物のグランドピアノをインテリアに変えたしまったようにみえます。
ハンマーや絃を外してインテリアですね。
脱帽です。
我が家では入る部屋がありません。
いつもありがとうございます。
原村さんへ(古い楽器) (ろこ)
2016-09-15 21:59:05
原村さんへ
 もう廃棄処分のグランドピアノのリフォームです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。