言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

「りんごのクランブルケーキ」

2016年10月08日 | 料理&お菓子
 
リンゴのおいしい季節になった。

特に紅玉リンゴは期間限定。
「林檎」というとこのまっ赤で可憐な風情があいらしい紅玉りんごをあげないわけにはいかない。

そこで今日はこの紅玉リンゴを使った「りんごのクランブルケーキ」を作ることにした。





ほろほろとしたそぼろ状の生地(クラム)をりんごの上にのせて焼いた素朴なお菓子です。
上のほろほろとしたクランブルの食感がさくっ、かりっとして香ばしく、中にあるリンゴが甘酸っぱくてこの相対する食感と甘酸っぱさがなんともいえなく、秋になると恋しくなるお菓子です。

材料(直径18cmの底が抜ける丸型一台分)
生地作り用

バター(無塩バター)120g
砂糖90g
ブラウンシュガー30g
卵Lサイズ2個
生クリーム50ml
薄力粉120g
アーモンドプードル50g
ベーキングパウダー小さじ1
塩小さじ1/4
りんご1個

クランブル用材料
バター(無塩バター)65g
砂糖20g
ブラウンシュガー50g
アーモンドプードル100g
薄力粉60g
※型に塗るバター(無塩バターレンジで約20秒加熱溶かす)
強力粉各少々

作り方
①下準備
生地用のバター、卵、生クリーム、は室温に置いておく。薄力粉、ベーキングパウダー、塩はあわせてふるいにかけておく。型の中に溶かしたバターをはけでぬり、冷蔵庫で冷やす。強力粉をふって余分な粉を落とす。

②りんごは四つに切ってしんをとり、端から薄く切り、さらに半分に切る。
③クランブルをつくる。
バターを小さくちぎってボールにいれ、砂糖、ブラウンシュガー、アーモンドプードル、と薄力粉も入れる。バターを指先でつぶしながら、粉、砂糖、となじませる。
④全体が均一になじんでぽろぽろになったらクランブルのできあがり。オーブンを180度に予熱する。

生地を作る。
⑤ボールにバターをいれ、泡だて器でクリーム状になるように練る。砂糖とブラウンシュガーをあわせて一度に加える。
⑥はじめは泡だて器で砂糖をすり混ぜる、なじんできたら空気を含ませるように手ごたえが軽くなるまでまぜる。
⑦卵をときほぐし、少しずつ加えて生地にムラができないようにあわ立て器でまぜる。
⑧卵ははいると分離することがあるので必ずすこしづつ、よくなじませてから次にまたすこしずつまぜる。
⑨生クリームを2~3回に分けて加え、そのつど泡だて器で
よくまぜる。生クリームが冷えていると分離するのでかならず室温にしておくこと。
⑩アーモンドプードルを一度に加えふるっておいた粉も一度にいれる。
⑪ゴムベラで粉っぽさがなくなるまで切るようにまぜる。
⑫りんごを加え、ゴムベラでさっくりとまぜ生地全体にいきわたらせる。
⑬用意した型に生地を入れ、ゴムベラで表面を平らにする。
⑭クランブルをまんべんなく上からふりいれて180度のオーブンの中段で40~50分焼く。中央に竹串を刺して何もついてこなければできあがり。
枠をさげてケーキからだし、ケーキクーラーにのせる。粗熱が取れたら底板をはずす。


ポロポロのクランブルの香ばしい食感とあまずっぱくしっとりとしたリンゴのケーキが絶妙でとってもおいしいです。お試しください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 決断と選択 | トップ | ポテトサラダはご馳走?! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美味しそう~! (みいやん)
2016-10-08 20:09:07
クランベルケーキ~
初めて作った時に美味しすぎてすぐにもう一回作った記憶があります。
記憶というくらいですから随分前の話です。

私が参考にしたレシピはオーブンの鉄板一面に広げて作るものでした。(笑)
ろこさんのを見て~あぁ~ケーキの型で作ればいいのだと....
全然思いつかなかったです。
今度作る時には絶対ろこさんのレシピを参考にしたい
と思っています。
あっ...印刷しておかなければ....
ありがとうございます。
みいやんさんへ(焦げて) (ろこ)
2016-10-08 20:46:56
みいやんさんへ
 ちょっと焦げてしまいましたが、サクサクしておいしくできました。 
 鉄板の上で焼くのも豪快でいいじゃないですか!
 ほかにレーズンやドライフルーツを入れてもよさそうです。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。