言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

エジプト旅行3日目

2010年09月28日 | 旅(外国の旅)
 エジプト旅行第三日目は、世界遺産ギザの三大ミラミッドの見学からはじまった。

スカラベ発見!(ふんころがし)

     クフ王のピラミッド
 本来の高さは146m。現在は頂上部がなくなり137m。かつては表面は外装用の化粧岩で覆われていたが、今では全部盗まれてごつごつした石がむきだしになっている。



ピラミッドに登頂は禁止されている。上空は風がとても強く強風に吹き飛ばされて墜落死する人もいるとか。近づいてみると一つ一つの石がとても大きい。古代ピラミッドの建設技術料力には驚かされる。いったいこれだけ大きい石をどこからどうやって運んでどうやってつみあげたのだろうか?



真ん中にある三角の石がクフ王のピラミッドの入り口であるが、我々観光客は盗掘した泥棒が入った入り口から入る。内部は撮影禁止。入り口を入ると細いトンネルになっていて、そこから回廊へと行く。背中をかがめてあるくほどの空間だ。大回廊を通って花崗岩で出来た玄室へと進む。壁画があるわけでもなく、なにもない大きな部屋がポッカリとある。石を積み上げた中にこんな広い空間があることが不思議でならない。玄室の壁には二つ穴があいており、片側には送風機がはめ込まれていた。人が一人やっと入れるほどの穴の中を急階段あり、かがまなければならなかったりで、すっかり腰が痛くなった。蒸し暑い。

右下の穴が泥棒があけた入り口。ここから入っていった。


二つ並んだピラミッドの前がクフ王のピラミッド。後ろに見える頭頂部が白い化粧石で覆われているのがカフラー王のピラミッド。カフラー王のピラミッドは三つのピラミッドの真ん中に位置し、高さ143メートル。クフ王のピラミッドより小ぶりだけれど、保存状態がよく、表面を覆っていた化粧岩も上部と下部にそのまま残されている。エジプトで最も美しいといわれるピラミッドだ。

こういう人たちも観光に。あの急階段を登ったのだろうか?

「らくだに乗りませんか?え~、らくだ!」

三大ピラミッドの勇士。

炎天下の砂漠で一日人を乗せるのも楽じゃないというらくだ。
きちんと正座しているらくだ。


三大ピラミッドを背に、らくだとエジプト人。 

スフィンクスのお出ましである。

人面獣身で有名なスフィンクス。アラビア語でアブル・ホール(畏怖の父)といい、ファラオや神を守護する聖獣とされている。全長57メートル、高さ20メートル。頭はカフラー王に似せて作られたという説もある。アラブ人の進入後、鼻がけずられ、イギリスにヒゲを取られたその顔は畏怖というよりも愛嬌がある。ヒゲは現在」大英博物館にあって、エジプト政府は返還交渉中だ。ヒゲと言ってもツタンカーメンがつけているあの長いあごひげのことである。

日差しが強く肩まである長手袋をし、その上から長袖のブラウスを羽織っても日焼けしてしまうほど紫外線が強い。湿度はなくからっとしているが肌を刺す太陽には参る。
昼食をはさんで次は世界遺産ピラミッド群観光である。
ジェセルス王のピラミッド・コンプレックス(複合建築)である。

階段ピラミッド

屈折ピラミッド
高さ105メートル。真ん中(下から50メートルぐらい)の地点で角度が変わっているので、屈折ピラミッドと呼ばれている。下部の傾斜は52度。上部は43度と傾斜がゆるくなっている。理由は諸説あり、失敗したため、王の死が近いので工事を急いだためなどといわれている。

東西277メートル、南北545メートルの周壁に囲まれ、階段ピラミッドを中心にセド祭壇、葬祭殿といった建物が残っており、ピラミッド・コンプレックス(複合建築)の仕組みがわかりやすい。周壁に一箇所だけある入り口から入り、2列に20本の柱が並ぶ柱廊を抜けると北側に階段ピラミッドのある中庭に出る。



高い壁の上部にはコブラの装飾がある。

砂ぼこりの向こうに見えるピラミッド。手前は今発掘している最中。こんな風にまだまだ発掘されないものが山の様にあるのはすごいことだ。
大変な遺産の上に家を建てて住んでいるひとがいて、政府は立ち退きをさせ発掘作業をしているところもある。

途中、絨毯屋へ寄った。8歳から18歳までの子どもたちが絨毯を織っていた。この子達は学校へ行っていないのだろうかと思うが、一応エジプトは日本と同じように義務教育がある。高校も大学も入学試験はなく、誰でも入れる。医学部でさえもである。平均月収は2万円。


パピルス製品の店に寄って買い物。


メイン料理はケバブ。夕食のパン。毎回料理は似たようなものが出る。パンにゴマや茄子のペースト状のものをつけて食べるのが前菜。

夕食が済むと次の智アスワンへ向けて寝台列車に乗ることになった。

寝台列車を待つひとたちでごった返す駅の風景。
こうして3日目が過ぎていった。





























ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | エジプトの旅(4日目) »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (MANTA)
2010-10-20 05:30:07
はじめまして。屈折ピラミッドの写真を探しておりまして、こちらにたどり着きました。すてきな写真ですね!あと観光ラクダもいい感じです(写真を撮るとお金を要求されませんでしたか?)

当方のブログでも紹介させていただきました。またよろしくお願いいたします。
はじめまして (ろこ)
2010-10-20 07:33:28
MANTAさん、はじめまして。
 観光ラクダの写真は遠くを撮るような顔をして写したのでお金は要求されませんでした。ラクダを撮るのもらくじゃありませんね!
写真がお役に立ててよかったです。
ラクダ (MANTA)
2010-10-23 19:06:22
そうでしたか!「ラクダ?興味ないよ」って顔をしてパチリ、がコツですね。次行くことがあったら試してみます(でももう行かないかもなぁ)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。