言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

老い知らず

2017年04月20日 | 日記その1


英語で時事問題を考える会に入っている。
 5人という少人数なので、デイスカッションには適度な人数である。
 偶然、全員女性。それも50代から84歳までの主婦。
 84歳が一番英語の達人であるから驚く。
 世界からみた日本。グローバルな視点で世界情勢を議論したいと参加した。

 デイスカッションに入る前に短いスピーチを英語でする。
 70代の女性二人はゆっくりながら、内容が充実したスピーチをいつもする。
 84歳は笑顔で余裕しゃくしゃく。
1週間前に外国人講師が選んだ英字新聞の記事が配布される。
 1週間の間に下調べをし、レポートを作り、当日デイスカッションする。
この会は15年も前からあって、ほとんどの人が15年間通っている。
 私は新人。
 
 女性にありがちな、会が終わるとお茶するということは皆無。
 お互いの私生活には入り込まない。
 それが良い。
 人生の大先輩たちの中にいると、励まされる。
 ただただ老いていくのを見るのでなく、積極的に社会に関心を持って、自らを磨く。
 歳だからと自分自身を追いやらず、積極的に生きていく姿勢がかっこいい。

 英語に限らず、料理でも、趣味でも、ボランテイアでも、自分ができる範囲で楽しみながら続けることが
 アンチエイジングに繋がるように思う。

 ブログ友の多くはそれらを実行していて、かっこいい。

海外に目を向けてみるとこんな人がいる。
 女優のジェーン・フォンダ。彼女はもうすぐ78歳になろうとしている。
 彼女は最近、ロサンゼルス・タイムズのインタビューを通じて、内面と外見の両方で、いつまでも若々しくいることの秘訣を明かした。
 
 「今、過去を振り返り、そして未来に目を向けると――何かいいものになりそうな気がします」
  情熱を持って、人生に好奇心を持ち続けることが、心を若く保つ秘訣だと、彼女はつけ加えた。

 「アンチエイジング」は積極的に前を向いていく生き方にあり!と見つけたり。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 朝市とおばさん | トップ | 歌の源流をベトナム花モン族... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
努力 (ryo)
2017-04-20 15:43:48
全てにおいて努力をする人に
憧れます。
チャレンジすること、それは勉強にもおしゃれにも、いろんなことにきちんと向かいあうことです。そんな人生を贈りたい〜なんて思いますが
時として頑張り過ぎてしまうことがあります。
そんなとき、「やっぱり齢を考えて体力に伴う向上心だな〜」なんて思うのですが…。
ryoさんへ(気楽に無理せず) (ろこ)
2017-04-20 15:57:53
ryoさんへ
 ヴォイストレーニングに、太極拳に、小説に八面六臂の大活躍のryoさんは、すごいなあと憧れます。
 そうそう。おっしゃる通りです。
 無理は禁物。楽に進むのが一番ですね。
 私は突き進んでしまう性格なので挫折も早いです。情けないかぎりですが、根気がなくなったのをおもうと、ああ、歳かなあと嘆いたりします。
Unknown (anne)
2017-04-20 16:03:15
わたしがキリスト教の洗礼を受ける前に教義を教えていただいていたシスターも、おばあちゃんだったけれど、とっても若々しくて、ご高齢の人と話している、という感じはまったくありませんでした。宗教のことだけではなく、政治のこと、時事問題、死について・・・どんな話題もタブーがなく話せる、とても刺激的な時間が楽しかったものです。何事にも興味を持ち、それについて自分の意見を持っていること、そして経験を重ねた上での思慮深さも加わって、あれほどに若々しい精神の方は、同年代でも、またはわたしよりもっと若い方でも、見たことはありません。外見のアンチエンジングより、中身が若々しくありたいですよね。
Unknown (あかね雲)
2017-04-20 16:10:13
おっしゃる通りだと思いました。
年を重ねることはおもしろく、そしてありがたいことだと思うこの頃です。
anneさんへ(中身) (ろこ)
2017-04-20 16:23:24
anneさんへ
 精神の充実した方は年齢を感じさせませんね。
 今ニュースになっている詐欺でタイから強制送還された女性は62歳。自称30代と言って、若作りして、ミニスカートをはいていますが、若くは見えません。痛々しい感じがします。
 中身のない人、例えばどこかの総理大臣夫妻のような人たちはどこもかも軽すぎていけませんね。
 anneさんに教えを授けてくださったシスターのような、見習うべき先達がいるということは幸運なことです。
 外をいくら繕っても、中身が空っぽな人は魂のないお人形のようで、虚しいばかりです。
 そうならないよう精進したいと思います。
 
 
 
あかね雲さんへ(歳を重ねる) (ろこ)
2017-04-20 16:38:03
あかね雲さんへ
 歳を重ねることの意味を若い頃は気にも留めませんでしたが、年齢を重ねると、向学心がでてきたり、わからなかったことが見えてきたり、あたりを見回すゆとりができた自分に気づきます。
 親の年に近づくにつれて、言われたことがやっと飲み込めて「後悔先に立たず」だと感じます。
 そんなことをゆるゆると思える自分は歳をかさねたのだなあと実感します。
 
「年を重ねることはおもしろく、そしてありがたいことだと思う」
 という言葉に、ふくよかなものを感じました。
 人も物も、事象も、大きく包み込むゆとりを感じます。
凄いですね。 (みいやん)
2017-04-20 17:03:34
ろこさん~またまた凄いですね。
ろこさんは絶対に老け込んだりはしないですね。
いつでも前向きで興味があることは実行される。

今回も英語が得意なろこさんにはぴったりですね。

ますます若返りますね。

私も中身から若返るように努力したいと思っています。(笑)

みいやんさんへ(のんびり) (ろこ)
2017-04-20 18:37:08
みいやんさんへ
 大上段に構えないで、ゆっくり、過ごすのもいいですよ。
 自分に心地よい時間を過ごすのが一番。
「励まされる」 (kei)
2017-04-20 22:38:55
こんばんは。
英語で時事問題を考えるとは高度な英語力が要りますね。
私は娘の夫との会話も、「えーと、なんて言うんだっけ」を連発する会話力ですよ。
ちゃあんと通じます(笑)

それぞれに自分の関心の世界がありますね。
ほんのちょっとの勇気と好奇心が最大の武器に思っています。
人と出会い、人の体験や考え方を知るのも、見方を豊かにしてくれています。
keiさんへ(国際結婚) (ろこ)
2017-04-20 22:57:39
keiさんへ
 こんばんは。
 お嬢様は国際結婚なさっているのでしたね。
 お婿さんやご家族とお話が通じるのは素敵!
 言葉を越えて気持ちが通じ合うのが一番大切ですね。
 日本人同士でも言葉が通じない、気持ちが通じない昨今です。
 プレゼントした辞典、お孫さんたち活用しているようですね。
 
 私の場合、政治談議を英語でしなくてもいいじゃないかと夫にからかわれます。ただの物好きとしか言いようがありませんが、70代80代の素敵な女性の先輩方が生き生きと英語を通して世界に目を向ける姿勢に刺激を受けています。
 人のうわさ話や悪口でなく、いくつになっても学ぼうとする生き方が素敵だと思っています。
 keiさんからも刺激を頂いています。
 おっしゃる様に、様々な出会いからも、その視点や生き方に学ぶことが多いですね。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。