「言葉の泉」

言葉の種が葉を茂らせることを祈って。

「切手」という小さな美の象徴

2016年12月20日 | 日記その1

先日イギリスにクリスマスカードを出すために郵便局に行った。
 郵便の窓口の中年の男性はクリスマスカードの重さをはかって、料金を受け取った。
 切手をもらおうとすると料金票を封筒にぺたりと無粋にも張ってしまった。

 「やめてくださいよ!クリスマスカードなんだから切手を貼ってください。
 クリスマスカードにぶすいな料金スタンプ票なんか張らないでください」
 とおもわず大きな声を出してしまった。

 郵便局員の男性は切手を貼る手間をはぶくために料金票を貼った心をみやぶられて
 照れ笑いのように「にやっ」と笑って料金票をはがした。

 このクリスマスシーズンに、外国へのクリスマスカード郵送は多いはず。
 そんな特別な封筒に切手を貼らずに料金スタンプ票を貼ってしまう神経をうたがってしまう。

 切手を貼る面倒がいやさにそんなことをしてしまう神経。

 郵便切手はある種の芸術でもあり、文化でもあり、小さな美の象徴でもある。
 郵便切手、郵便物を扱う窓口係りの男性職員は、いかにも面倒くさそうに、時間までそこでいやいや働いているかのように、
 のったり、のったりと本当に面倒くさそうだった。

 お客がクリスマスカードを海外に出そうと窓口にきても、綺麗な切手を選んでやろうなどと微塵もおもわず、
 機械的に事務用の封書と同じ料金票を貼ろうとする。

 そこには郵便物を扱うという誇りも、客のためにというサービス精神もなく、
 切手の持つ美意識も無く、ただ時間が暮れていくまでの長い、長い倦怠だけがそこにあるようだった。

 郵政民営化になった。
 何に対しても同じであろうけれど、競争だからというのでなく、
 自分の仕事への誇りのもと、働くのと、お金のために働くのとではその価値は異なる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 「近赤外線でがん細胞が1日... | トップ | 次の記事へ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
その通りです。 (荒川三歩)
2016-12-20 22:24:04
相手の気持ちをおもんばかって、手持ちの選択肢の最適を提供しようという気持ちになれば、皆が幸せになれるのに。
荒川三歩さんへ(気遣い) (ろこ)
2016-12-20 22:32:25
荒川三歩さんへ
 おっしゃる通りです。
 「手持ちの選択肢の最適を提供しようという気持ち」
 それが大切ですね。
 
Unknown (ライラック)
2016-12-20 22:48:11
ろこさんへ

以前コメントを投稿させていただきましたが、それ以降楽しみに訪問しています。
中々コメントを投稿出来ませんが、いつも、そうよね〜と思いながら読んでいます。

また、他の方のコメントもほっこりした気持ちにさせてくれるもので、
ろこさんのブログと偶然巡り会うことが出来た幸運を感じています。

ブログに出てくる郵便局員の対応、悲しいですね‥
私も先日海外に送るクリスマスカードのためにウィンターグリーティングの
切手を購入して貼りました。切手は今やシールでしたが、デザインを見ていると
ワクワクして来ます。相手を思って切手を選ぶということは素敵なことです。

私的な郵便物ではなくても、ご当地切手など使ってみます。自分自身もきれいな切手が
貼られたハガキや封書を受け取ると、相手の心遣いを感じます。こういう気持ちを大切に
していきたいです。
10年位前までの (takezii)
2016-12-20 22:49:18
話になりますが 仕事の関係で お客様に 毎月60~100通の封書を出していました。
 普通切手でなく 記念切手発行の度 余分に買い置きしておいて 出来るだけお客様に合わせた記念切手を貼って出していたのです。その後は 料金別納扱いにしてしまいましたが ふと 思い出して コメントさせていただきました。まるで 違う話で ご免ななさい。
ライラックさんへ(嬉しい!) (ろこ)
2016-12-20 23:20:32
ライラックさんへ
 嬉しいコメントに、「わぁ~い」と子供のような声をあげてしまいました。
 そうなんですよ。コメントを書いてくださる方々の体温を感じるでしょ。そこが嬉しいですよね。
 外国から来る郵便に貼ってある切手にははるかかなたの異国の匂いがしていいものですよね。
 クリスマスカードは特に楽しみにしているものなので、無粋な料金票が貼ってあったら、がっかりです。
 ライラックさんは普段から「ご当地切手など使って」いらっしゃる由。
 それは嬉しい心遣いですね。
 受け取る側の気持ちを考えて貼る切手は「おたより」の中では言い切れない気持ちが入っているのですものね。
takeziiさんへ(記念切手) (ろこ)
2016-12-20 23:25:34
takeziiさんへ
 わぁ、すごい! 
 毎月60~100通の封書に、お客様に合わせて記念切手を貼ってお出しするなんて、なかなかできない手間暇と心遣いです。
 きっとお相手には通じたことでしょう。
 相手を思いやる気持ちは、受け取る人の胸を熱くするものです。
 素敵なお人柄!
私も(^^)v (雀(から))
2016-12-21 07:56:10
同感!全く同じ思いです(^^)/
雀(から))さんへ(ありがとう) (ろこ)
2016-12-21 08:40:57
雀(から))さんへ
 同感をありがとう!
 自分の仕事への責任とそれを利用する人のことを考えてほしいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。