言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

アメリカに、稲田防衛大臣の軽さをみてとられてしまっていた!!!

2017年03月18日 | 時事問題関連

握手している相手の顔(マティス国防長官)も見ないで、あらぬほうに御愛想を振りまく稲田防衛大臣。
 失礼の極みである。軽すぎるわが国の防衛大臣。
 稲田さんと会談したマティス国防長官が『あれで大丈夫なのか』と、カウンターパートとして不安に思ったよう。(官邸事情通)

 ちゃらすぎる!
 そこで、2月の日米首脳会談で米国側から『交替させろ』と言われていたらしい
 アメリカのポチである安倍総理。
 防衛大臣の交替までアメリカに指示されるとは情けない。
 もっとも、言われなくても、指示されなくても、言葉が軽く、国会で泣き、答弁が二転三転する人を、国の一大事を任せられないと誰もが思っている。
自衛隊員は命を懸けて南スーダンで「戦闘」状態の中にいる。
 「日報」にはあきらかに「戦闘」の文字が羅列している。
 その大切な「日報」は廃棄されてないといい、追及されると、どこかから出てきたという。
 自衛隊内部、制服組と言われるトップは存在を知っていたのに、防衛大臣まであげなかった。
 信頼していないからだ。
 なぜなら、「戦闘」という言葉を使うと憲法9条に抵触するから「衝突」だと言っています。
 と防衛大臣自らシャーシャーと言っている。
 つまり明らかに憲法に違反していることを認めているので、詭弁を弄して言いくるめようとしているわけだ。
 それはあくまで法的な言い逃れ。
 命をはっている自衛隊員にしてみたら、まったく理解していない口先だけの、大臣の資質に欠ける人だと信頼されていないのだ。
 つまり、文民統制(シビリアンコントロール)がとれていないのである。

 何か起きたら、おたおたと泣きべそかいて、六法全書を抱っこしていそうなひとだ。
昨日まで普通の弁護士だった稲田さん。
 政治家としてのキャリアを積んでもいないのに、、いきなりもっとも重責なわが国の防衛大臣になったのだから、国会で泣いてしまうのね。
 教育勅語でも暗唱しているといいとおもいま~す。
 間違えたら、森友学園のお仕置き部屋で虐待されるかも。
 さすがにベトナム戦争の勇士、バリバリの軍人上がりのマティス国防長官の目には稲田防衛大臣のファッショナブルなお姿と人物を一目でその鋭い眼で見抜いたのね。
 日米の軍のパートナー関係がとても結べない防衛大臣だと見て取ったのでしょう。
2月の日米首脳会談で米国側から『交替させろ』と言われるなんて、みっともなさすぎ!
  日本以外の国から、もろくて、軍事のパートナー関係を結べるような大臣でないと三行半を突き付けられたわけだ。
 見る目がないのは安倍総理だけ。

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 夫の隠し事!! | トップ | A lily of a day »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まったく (tappe)
2017-03-18 21:53:54
同感です。
弁護士なのに出廷したことを忘れ(ほんと?)るような方、こんな方に日本の安全や平和をまかせられませんね。そもそもなぜこんな方が議員に・・?
tappeさんへ(安倍総理のえこひいき) (ろこ)
2017-03-18 22:13:14
tappeさんへ
 なぜこの人が?
 安倍総理やほかの国会議員も入会している「日本会議」に属しているのが、稲田さんの実父。その強力な後ろ盾があって、娘の稲田朋美さんが、国会議員に立候補。当選。
 日本会議の覚えめでたい人の中には、一般人の森友学園の園長の籠池さんがいる。
 その森友学園の顧問弁護士をしていたのが稲田夫妻。
 みんな日本会議とつながっている人たちばかり。
 議員歴の浅い稲田さんが、もっとも重責な防衛大臣にしたのがそもそもの間違い。
 世界中の防衛大臣、国防長官の中に交じって、北朝鮮や、核戦争について、領海侵犯について、語れる器かどうか。戦略を練れる人物なのか?戦場へ率先して出かけれる人なのかどうか?
 部下を守れる人なのかどうか?
 国を守れるのかどうか?
 実際にベトナム戦争の最前線で戦い、指揮を執ってきた「軍人の中の軍人」と言われて尊敬されている、人柄と言い、読書量と言い、人間の大きさと言い、ぴか一のマティス国防長官と稲田防衛大臣が会談した結果、「あれでいいの?」
 と日米のパートナーとして疑問を抱かれても、仕方がないですね。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。