言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

涼しさや袂(たもと)にあまる貝のから

2017年06月19日 | 日記その1
 デパートにいくと素敵な浴衣が展示してある。
 浴衣を着て蛍狩りなんて風情がある。 
 着物を着る機会は少ないが、浴衣なら気軽に着れる。
 若い女性も、もとお嬢様も、髪をきりりとまとめて、浴衣なんぞを着るとハッとするほど見違える。
 男性も浴衣姿に角帯を絞めるといなせないい男に見えるから不思議だ。
 
 江戸時代の古句にこんなのがある。

  涼しさや袂(たもと)にあまる貝のから (一琴)
  
 海へ行って貝殻を海の思い出に持って帰るところだろうか。
 江戸時代だから浴衣のたもとに貝殻を入れてご帰還の途中。
 たもとの貝殻がすれて鳴る音が涼しい。
 袂にあまるほど貝をいれたのだろう。
 なんだか嬉しくて弾むような気持ちが聞こえてきそうだ。
 ここちよい海の風がたもとを揺らせて涼やかだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 女優帽 | トップ | 人を見る目があるって?! »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すてき (umi)
2017-06-20 06:45:13
浴衣、貝、visionが目に浮かびます
涼 心まで届きました
今朝もすてきな言の葉で
パワーチャージ完了☆
ありがとう
umiさんへ(涼) (ろこ)
2017-06-20 08:09:56
umiさんへ
 おはようございます。
 今日も爽やかにいってらっしゃ~い!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。