言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

初夏の夕暮れ

2017年06月02日 | 新・随想


 夕食後はいつも近くの池まで散歩に行くのが日課となっている。
 池の周りを整備して散歩道ができた。
 水鳥が遊び、池の中央には浮橋が架けられている。
 犬の散歩に、ジョギングに、のんびり散歩する人が増えた。
 二周するとおよそ7000歩。
 40分ほどの散歩で汗をかく。
 池を渡る涼風が汗をひかせ心地よい。

 喧騒を離れ、静かな池をめぐりながらものを思う。
 初夏の夕暮れは、秋のそれとはちがって明るくたそがれていく。
 小さな幸せ。
 子供の頃の夕暮れ。
 美しく胸をしめつけられるような感傷を誰かに伝えたかった。
 それは母に。
 夕飯を作っているであろう母にこの小さな幸せを分けてあげたい。
 そう思って駆けていく。
 「ただいまぁ~」
 「あのね、あのね・・」
 小さな胸いっぱいの感動を
 どう言葉にしたらよいかわからないもどかしさにじれた。
 「お母さん、あのね、夕焼けがね・・。」
 あの夕焼けの赤を、群青の空がたそがれていく様を、空が燃えていくのを
 母にどう伝えてよいかわからないもどかしさに泣いた。

 鳥がねぐらに帰っていく。
 初夏の風が髪をなでていく。
 「おかあさ~ん、あのね」
 今なら伝えられるだろうか?
 この初夏の夕暮れの美しさを。 
 
  エッセイ・随筆ランキング
にほんブログ村 ライフスタイルブログ こころの風景へにほんブログ村
その他ランキング
 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 元をたどれば加計学園 | トップ | 旬のニンニクでガーリックソ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-06-02 03:47:11
7000歩の歩行、
事情が許すのであれば、是非毎日実行なさるのがいいですね。

子供時代に
感じた感動、
何時までも忘れることは無い。

感動する心を、
これからも持ち続けたいものです。
美しい絵 (ヤマザキ)
2017-06-02 08:31:07
ろこさん おはようございます。美しい絵を見ているようでした。いつもありがとうございます。
暑くなってきたので、お体に気を付けてお過ごしくださいね!
tempo1078さんへ(散歩) (ろこ)
2017-06-02 09:50:26
tempo1078さんへ
 おはようございます。
 散歩を日課にしたいと思っております。
 
ヤマザキさんへ(運動) (ろこ)
2017-06-02 09:52:15
ヤマザキさんへ
 おはようございます。
 ヤマザキさんのように、テニスができるといいのですが、散歩程度の運動から馴らしていきたいと思っておあります。
 暑さに向かいます、ご自愛くださいますように。
 ありがとうございました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。