言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

国民にはミサイルが飛ぶから地面に伏せていろ。大臣11人豪華外遊!税金で10億円の無駄遣い!

2017年04月30日 | 時事問題関連

ついに自民党本部職員にも、北朝鮮のミサイル落下時のマニュアルが配布された。
「物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守る」「窓のない部屋へ移動」「頑丈な建物や地下街に避難」という例のものだ。
これでミサイルから身を守れというのなら、国防費は国民に還元してもらいたい。
戦前戦中の国防と同じ。

 北朝鮮危機の情報があふれている中、このゴールデンウィーク中に11人もの大臣たちが外遊で日本を留守にする。本気で危機だと思っているのだろうか。その外遊の巨額の経費10億円は、私たちの税金から支払われている。



 ★官房長官・菅義偉は「いかなる事態にも対応出来る万全な態勢を取っている」というが、同時多発攻撃を受ければ、PAC3の迎撃では追い付かないことは周知の事実。それどころか「発射の兆候を事前に把握するのは困難」となれば、「いかなる事態でも」国民は「物陰に身を隠すか、地面に伏せ頭部を守る」しか対応策がないことになる。それほどの危機を目前に、外務省は昼夜を問わず対応しているのかと思えば、外相は米国、2人の外務副大臣はカンボジア、パキスタン、中南米へと外遊。首相はロシア、英国に。財務相は米国、ブラジル、イタリアへ。


 ★武力事態などが想定される際に開かれる安保会議のメンバーは首相、外相、財務相、総務相、経産相、国交相、防衛相、官房長官、国家公安委員長だが、外遊に行かないのは防衛相と官房長官、総務相だ。イスラエルに外遊する閣僚もいると聞く。不思議な外遊だ。

 ★「閣僚の外遊は予定通り。国民にはミサイルが飛ぶから地面に伏せていろ」
そんな国は他にあるだろうか。
首相・安倍晋三は森友疑惑隠し。やはり内閣改造前の思い出作りに税金10億円使って豪華外遊。

 税金使ってVIP待遇で、飲めや歌えやの豪遊。
その金額10億円。
 面白くって議員やめられません。
 妻、防衛大臣。夫武器輸出株の保持者。
 今村(元)復興大臣は復興大臣をしながら、東電の株8000株持って東電を応援。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 客人 | トップ | 半田市指定天然記念物「白モ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (こばな✿)
2017-05-01 08:31:32
これはまさしく、
安倍1強の弊害ですね~~
こばな✿さんへ(一強愚策) (ろこ)
2017-05-01 12:25:12
こばな✿さんへ
 こんにちは。
 おっしゃる通りです。
 国民を煽っておいて、自分と閣僚11人はちゃっかり、のんびり税金を使って外遊。
 その金額10億円。
 一人1億円使っての外遊。
 そのお金をなぜ福島の仮設住宅の人たちに使えないのか?
 「自己責任」「東北でよかった」という人が復興大臣なのですから、世も末です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。