言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

オランダ人は車のドアを奇妙な開け方で開ける。なぜかを知れば、あなたもやり始める。

2017年07月23日 | 日記その1

2015年から道路交通法が改正され、多くの自転車が車道を走るようになりましたが、車と自転車の間のドア開き事故に巻き込まれそうになったということも増えたはずです。 このような事故を防ぐヒントが自転車王国オランダにあります。


開けるドアの反対側の手で開けるということです。
  反対側の手をドアにかけ、安全確認をしてからドアを開けることを習慣化すればドア開き事故を少なくできるはずです。
 日本では搭乗者が安全確認を怠ってドアを不用意に開けて事故を起こした場合にドライバーの責任が問われます。
 ぜひ搭乗者に教えてあげましょう。

このようにすると必然的に体をひねり、後方を確認しやすいポジションになります。
これで降車時に自転車はもとよりバイクや他の車が迫っているかもチェックできます。

下のビデオは英語ですが、内容は開けるドアの反対側の手で開けるということです。
  反対側の手をドアにかけ、安全確認をしてからドアを開けることを習慣化すればドア開き事故を少なくできるはずです。
 日本では搭乗者が安全確認を怠ってドアを不用意に開けて事故を起こした場合にドライバーの責任が問われます。
 ぜひ搭乗者に教えてあげましょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「折れ耳」スコティッシュ ... | トップ | 1800年代後期 フランス製 ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ドアの開け方 (すけつね)
2017-07-23 21:34:01
なるほど!

よくわかりました。
すけつねさんへ(ドア事故) (ろこ)
2017-07-23 21:39:34
すけつねさんへ
 車のドア開け事故が多いので、こんな開け方にすると、後ろも横も注意が行き届きそうですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。