言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

能(観世流)「蝉丸」替え型

2016年09月19日 | お能、茶道、観劇、美術、映画
お能のレビューを載せてみようと思う。
 名古屋能楽堂での観能記の再掲載である。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 名古屋能楽堂定例会は 
 能「蝉丸」(観世流)泉嘉夫、近藤幸江
 能「百萬」(宝生流)衣斐愛 
 半能「石橋」(観世流)古橋正邦、武田大志
 狂言(和泉流)佐藤融
 という魅力的なプログラムで能楽堂は立見がでるほどの盛況だった。

能(観世流)「蝉丸」替え型

シテ:泉嘉夫(蝉丸)、シテ:近藤幸江(逆髪)、ワキ:飯冨雅介、
笛:竹市学、小鼓:後藤孝一郎、大鼓:河村総一郎
 曲目:
 蝉丸は天皇の第四皇子でありながら、生まれながらの盲目のため、逢坂山に捨てられる。
 おなじく天皇の第三皇女である姉、逆髪は髪が逆立って生えた狂女として都をでてあちこちを彷徨する。

 逢坂山に捨てられた蝉丸は琵琶と杖を手に泣き伏す。蝉丸は知人(博雅の三位)が作った藁家(わらの家)で暮らすことにする。
 ひとりぽっちになって泣き暮らす蝉丸のところへ偶然姉の逆髪が出会う。
 共に天皇家に生まれながら不運に晒された二人の再会のシーンはこの能の山場。


たった一人盲目の身で山中に捨てられたさみしさを謡う場面はしんしんと見るものの心を打つ。
♪たまに訪れるものといえば猿の声だけ。袖をぬらす村雨の音をたぐりよせて琵琶を弾いても、声をあげて泣いても、雨の音を聞きたくとも、藁(わら)の屋根では音も立てない。
月光がさしても目に見ることは叶わない。月にうとく、雨の音も聞くことができない藁家(わらの家)の暮らしは本当にわが身ながらもいたわしいことだ。

観世流シテ方重鎮、重要無形文化財、泉嘉夫師の哀切がこもった謡は万感胸にせまり、今日この能楽堂に立ち見席が出るほどだったわけがわかった。
 一方の姉、逆髪も皇女の身ながらも髪の毛が逆に生え、狂女とはやしたてられるおぞましさを憤る。
 なんと深い理(ことわり)ではあるまいか。
勝者と敗者、健康なもの、そうでないもの、多数と少数
とても狂女のセリフとはおもえない。

 さて、シテの蝉丸役の泉嘉夫師は細い杖にその全人生を傾けるようにはかなげで、山中に捨てられたときなどは、その頼る杖も、菅笠も投げ捨てて泣きふす場面は胸が痛くなった。
一方シテ逆髪役の近藤幸江師は高貴な人が着る色の緋の長袴に白地の能衣装がこのものさみしい能に一瞬の華やぎを添えるけれど、それがかえって社会的に孤立した姉弟の転落のさみしさを際立たせて能衣装の妙をうかがわせた。
近藤師の舞の美しさと気品のある声が能楽堂にしみじみと響いて感動。

 この能は高貴な生まれでありながら、片や盲目に生まれ、片や逆髪(さかがみ)で狂女といういたわしい運命に泣く姉弟の物語である。こんなにも悲哀につつまれたストーリーはないようだけれど、見方によれば山中に捨てられた盲目の蝉丸に全ての悲哀をこめ、姉、逆髪に世の中の順逆の不条理を訴えさせたものではないだろうか。
 また狂女と世の中には見えても、実は逆境にもまれて抗う者の姿であって、不運な弟をいたわり、慰め、世の中の不条理にいきどおる気高い女性にもみえる
 山中にひとりぽっちで琵琶を弾いて暮らす蝉丸と不幸を同じくする姉の逆髪の運命に、しみじみとさみしさが胸をうつ能であった。
   ・これやこの行くも帰るも別れつつ知るも知らぬもあふさかの関

 は蝉丸作である。この歌の意味をしみじみと考えながら能楽堂を後にした。

※この作品は天皇家に生まれた盲目の皇太子と皇女である姉、逆髪は髪が逆立って生えた狂女となっている。
 天皇家に生まれた皇太子と皇女なのに、共に盲目と精神の障害がある者と言う設定である。 
 どんなに崇高な生まれでも障害者には冷たい世の中を「能」という舞台で世の不条理を訴えたように思えてならない。
 当時、よくこの能が許されたものだとおもう一方、当時も今も、障害者には冷たい差別があり、それを演劇と言う形でその不条理を訴えるという手段をとった勇気に拍手を送りたい。

 能は敷居が高いなどと思わず、いろいろな解釈ができ、不条理の中にも芸術としての美があることを味わいたいと思う。
 



 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 女と自立 | トップ | 杉本家と『ひっつき虫』 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私もそうありたいと思います。 (ran_coffeebreak)
2016-09-20 14:38:11
台風16号が近畿地方にも上陸したようです。ますます風雨が激しくなってきました。

ところで、能「蝉丸」のお話しを興味深く拝見しました。現実と非現実、日常と非日常の境界に見え隠れする風景が浮かんできます。失意、溢れる情念....。人の心の蠢きが凝縮されているように思います。能楽の風景に惹かれます。

>能は敷居が高いなどと思わず、いろいろな解釈ができ、不条理の中にも芸術としての美があることを味わいたいと思う。

私もそうありたいと思います。
先日、読者登録をさせていただきました。
ran_coffeebreakさんへ(能の魅力) (ろこ)
2016-09-20 15:07:49
ran_coffeebreakさんへ
 こんにちは。
 先ほど愛知県地方に竜巻情報が出されました。すごい雨風です。怖い!
 ran_coffeebreakさんに刺激され、お能のレビューを再掲載しました。
 おっしゃるように、非現実の中にも現実があり、幽玄の中に見え隠れする情念。簡略化されそぎ落とした舞台装置の中に無限の想像をかきたてる能は魅力に満ちていますね。
 素敵なブロガーさんに巡り合えた喜びで次の更新を楽しみにしています。
 読者登録をありがとうございました。お礼申し上げます。
能面 (michi)
2016-09-21 06:50:58
学生時代、能面に興味を持ったことがあります。
喜怒哀楽を一つのお面で表現する・・・なんと素晴らしい。
能面を作る人になりたいと。
単なる夢でした(*^。^*)
michiさんへ(面うち) (ろこ)
2016-09-21 08:50:36
michiさんへ
 確かに、能面は見る角度によって泣いているように見えたり、笑っているように見えたり、不思議な魅力があります。
 michiさんをとりこにした能面は、今、能面を打つ趣味となってカルチャーセンターなどで教えているそうです。
 不思議なことに、自分で打った面はその人に似るそうです。
 能面は下を向けると泣いているように見え、上を向くと表情がないように見えるものもあって、面打ち名人によるものは数百年経って、ますます深い味になるそうです。
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。