言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

【速報】ボブ・ディランさんにノーベル文学賞

2016年10月13日 | 時事問題関連

【速報】ボブ・ディランさんにノーベル文学賞
2016年のノーベル文学賞が10月13日午後8時(日本時間)、アメリカのミュージシャン、ボブ・ディランさん(75)に贈られることが発表された。
日本の小説家、村上春樹さんの受賞は今年もならなかった。
選考委員会のスウェーデン・アカデミーは、受賞理由を
「大いなるアメリカの歌の伝統の中で、新たな詩的表現を生み出してきたことに対して」
としている。

♪ 一人前の男と呼ばれるまで、人はどれだけの道を歩くのだろう?
砂の中で眠るまで、白い鳩はどれだけの海を渡るのだろう?
永遠に禁止されるまで、どれだけの砲弾が降り注ぐのだろう?
友よ、答えは風の中。答えは風の中に吹かれている。♪

 ※あの時代の若者を突き動かし、世界を動かした吟遊詩人に祝杯の盃を掲げましょう!!!
 ノーベル文学賞受賞おめでとう!ボブ・ディランに祝杯!
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (6)   この記事についてブログを書く
«  柴犬マリちゃんとご主人の名... | トップ | 十三夜 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いぇーい! (小父さん)
2016-10-13 22:09:33
私のアップしましたよ。

学生運動華やかなりし頃、私は右翼みたいに保守的でいた。

ところが今、なんとなく左翼的になっている自分に気が付きます。
自分ではどちらの時期に置いても良識だと思っているのですが!(笑)

だけど、当時の学生運動、香港や台湾の若者の反体制運動は時代に警鐘を鳴らしている純粋なものなのかな?なんて自分に問いかけています。
ノーベル賞 (荒川三歩)
2016-10-13 22:16:24
村上春樹氏の受賞を期待していたら、ボブ・ディラン。
あ~、その人が居た!
納得です。
よくぞ選んだノーベル賞委員!
彼らもよく唄ったであろう歌の数々。
日本公演に行きました。
ホールの中で、彼と同じ空気を吸っていることに感激した思い出があります。
最後の吟遊詩人です。
小父さんへ(よくぞ選んでくれました) (ろこ)
2016-10-13 22:26:25
小父さんへ
 ノーベル賞の選考委員はいいセンスしていますね。
 詩が抜群にいいですよね。
 小父さんは昔ライトウイング。今レフトウイング。
 なんとなくわかります。
 今はシールズの若者が頑張っていますが、ボブ・ディランのように世界に向けて発信してほしいですね。小粒になっていけません。
 ノーベル文学賞というのが最高に素敵です。
 今日は一曲歌っちゃいます!
荒川三歩さんへ(吟遊詩人) (ろこ)
2016-10-13 22:34:03
荒川三歩さんへ
 本当にノーベル賞の委員はいいセンスしています。
 荒川三歩さんも口ずさみ、日本公演に行き、同じ空気を吸ったことに感涙の涙を流したのは、同時代の人、みな同じでしょうね。
 文学賞をもらったのは頷けます。世界中を駆け巡るあの素晴らしい詩は同時代の人を動かし、世界をも動かしましたからね。
 今夜はみんなでボブ・ディランの歌を歌いましょう!祝いたいですね。
 おめでとう!ボブ・ディラン!!!
 
同時代 (からく)
2016-10-13 23:10:57
こんばんは、からくです。
ディランの歌は同世代の方々だけではありませんよ。ちゃんと私たち下の世代にも届いていますよ~。
私は今も昔も中道。左翼でも右翼でもありませんが、今の日本の状況だけは許せません。
武力のなくなる世界を望んでいます。
今こそ、「Blowing In The Wind」と歌おうじゃないか。


からくさんへ(大いに歌いましょう) (ろこ)
2016-10-13 23:18:30
からくさんへ
 おお!お仲間がいましたか! そうですそうです。
 時代を超えて、国境を越えて、性差もなく、右も左もなく、歌おうじゃないですか!!
 こんな混沌とした世界だからこそ、争うことなく、歌おうじゃないか!
 友よ、答えは風の中。答えは風の中に吹かれている。

 からくさん!いいぞ!
 歌おうじゃないか!


 
 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。