言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

イギリスでのデート

2016年10月15日 | 新・随想

ウイリアム・モリスの図柄のついたお気に入りのマグカップの取ってがとれてしまっ
た。
イギリスを去る日、思い出の品として2つ買ったものだ。
一つは自分用にもう一つは長い間アッシー君をしてくれたステイ先の隣の家の青年に。

「イギリスの庭」と呼ばれる美しい都市ウースターの学校に通っていた頃、朝夕送り
迎えをしてくれたマーティン。
180cmの長身に、はにかみを浮かべた笑顔がとびきり素敵だった。

ある日、ステイ先のママが気を利かせて隣町で開かれるアンテイックフェアーを見に行くデート計画を勝手に立てた。
私はその頃、学校へ入学したばかりで英語もまだおぼつかなかった。
クラスメイトに何を着ていこうか、何を話せばいいのか、相談をもちかけるともう大変。
みんな色々な知恵を絞ってこのデートを成功させようと大騒ぎになった。

当日車で校門の前に彼が到着するやいなや観察しがてら冷やかそうと大勢のクラスメイトが門に鈴なりとなった。
塀に鈴なりとなった顔・顔.顔を見て、マーティンはぎょっとしたけれどそこは大人。
イギリス紳士の名に恥じぬようジェントリーに私をエスコートして車に乗り込みいざ出陣。

隣の町まで美しい絵画をみるような田園がどこまでも広がっていた。
マーティンは、
 「道がくねくねまがっているのはイギリス人が作った道。まっすぐ整った道はかつてのローマ人が作った道だよ」
 と教えてくれた。

 町につくとそこはアンティックの店が軒を連ねていた。
 私はアフタヌーン・テイー用の2段になったケーキ皿が気に入って買う事にした。
 100年くらい前のものだろうか…持つ手の銀に彫刻がほどこされ、お皿には
花が小さく散っていて上品なたたずまいを見せていた。

 何軒もアンティックの店を見てまわって疲れた私達は小奇麗なケーキ屋でお茶を飲むことにした。
 並んで歩いている時には感じなかった恥じらいが突如目覚めてきた。
 目をじっとみつめて話すマーティンの顔がすぐ目の前にあってうろたえて顔が赤らんできた。
 下手な英語がもっと下手になって単語が浮かばない。
 何か聞かれているのにもう頭が虚ろ。

 突然テーブルの上に所在なげに置いておいた私の手の上に彼の手が触れた。
 あ~ぁ、ど、ど、どうしよう・・・
 彼の顔が近づいてきた
 映画ではこんなとき、目をつむるんだったっけ・・・
 あ~ぁとうとう私の唇が・・奪われるのかも・・・
 などと思っていたら、なんのことはない、もう帰ろうという合図だった。

 ひゃー。恥ずかしい!
 目をつむって唇つきださなくてよかった・・・
 危うく大恥じかくところだった。

 ってなわけで、小1時間もそこにいて帰途についた.
 この続きはまた後で…

 さてそのウィリアム・モリスであるが、彼のデザイン柄は未だに廃れず、ファブリックやカーテン、壁紙、などで使われ人気がある。
 イギリスの想い出にモリスのデザインのものを買って身辺にイギリスをいつまでも感じていたいと思った。
 そのマグカップが壊れてしまった。
 想い出まで壊れてしまった訳ではないのになぜかさみしい想いがこみ上げてきた。
 風の便りでは、あのマーティンはいまだに独身だそうな。
 マーティンのマグカップは壊れていないだろうか?

 柄がとれてしまったマグカップを見ながらイギリスの想い出が頭をよぎった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 気遣い | トップ | そぞろ秋を歩きて »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も (hirorin)
2016-10-15 13:16:32
モリス柄大好きです。
だいぶ前にモリス展が京都に来た時見に行きましたが良かったです。
シックな色合い、飽きの来ないデザイン。
ああいうので、お洋服作ったらステキだろうなと。

イギリスに留学されてたんですね。
すごい!
田園風景とかピーターラビットの世界ですよね。
湖水地域。
憧れです。
ロンドンは、ちょっとだけツアーで立ち寄りましたが。古い町並みにホームズとか思ってしまいました。
hirorinサンヘ(モリス) (ろこ)
2016-10-15 14:09:23
hirorinさんへ
 こんにちは。
 モリスの図柄は本当に素敵ですよね。特にイチゴ泥棒 [Strawbery Thief]はモリスの木版から作られたもので、好きながらです。
 湖水地方は人気の地ですね。それからコッツウオルズ。
 私が最初に住んだ地は英国の庭と呼ばれたウースターシャーで、それからカンタベリーへと移り住んで思い出がいっぱいです。
 英国人の友人と車で英国一周をよくしたものですが、春と夏の英国は緑がしたたり、花が咲きみだれて美しかったです。夏になると、お城で野外コンサートがあって、シャンペンを飲みながら音楽を楽しんだものです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。