言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

かぼちゃの花

2017年06月19日 | 日記その1

今朝かぼちゃに花が咲いているのを発見。
嬉しい!収穫の喜びもさることながら、自分で育てたものが成長し、花を咲かせ実がなるまでの楽しみは格別です。

「植物に一番必要な肥料は何でしょう?」
母が以前わたしに出したなぞなぞです。
答えは人間の足音です。
つまり、足繁く植物の様子を見、水をやる心遣いのことですね。
 何かを作る、育てるというのは、心があって、はじめて実がなることを植物から学びます。
そして人間を育てることも。育てながら自分が育つのですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 団塊の世代の老後 | トップ | 女優帽 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (tempo1078)
2017-06-19 04:05:51
南瓜を
育てていらっしゃるのですね。花が咲けばやがて実になる~収穫が楽しみですね。

今回の文章には含蓄があります。人の生き方の一つのhintがそこにはあります。
tempo1078さんへ(かぼちゃに学ぶ) (ろこ)
2017-06-19 18:05:26
tempo1078さんへ
 こんにちは。
 お返事が遅くなりました。
 自然から学ぶことは多いですね。
 母の言葉からも。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。