言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

明月院 別名「あじさい寺」

2017年06月10日 | 日記その1
 
 鎌倉へ
 明月院へ。別名「あじさい寺」
 とにかく人気のお寺で、朝は約8時半開というのに、満員の行列。ほとんど多くは女性。
 今や人気がありすぎて銀座通りのように賑わっています。
 京都も鎌倉も、古都は観光地になって、落ち着きのある風情はどこへやら。
 そういう自分も観光に訪れたのだから何も文句は言えませんが、さみしい。

 名月院は永歴元年(1160年)創建。
 北条時宗の別業の仏堂。
 

 

 

 

 



・あじさい寺 群れて咲くかや人と花(ろこ)

 どこも満員行列。

 
 明月院やぐら  岸壁をくりぬいて仏の像を彫ったもの。

 
 円窓

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「fishy(魚臭い)」=怪しい... | トップ | 真一文字の「一」は私の心 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。