言葉の泉

一粒の種から言の葉が茂ることを願って。

サプライズ・プレゼント!

2017年07月06日 | 日記その1
今日は嬉しいことが重なった一日であった。
 ここ数年、近所に住むブラジル人少年、ラファエロ君に、ボランティァで日本語を教えてきた。
彼は今年で19歳になったが、日本語ができないので働くことも学校へ行くこともできないでいた。
 純真で宗教心に篤く、驚くべき頭脳の持ち主である。
それなのに、学校へ行くこともできず、働くこともできないのは残念でならない。
そこで厳しく日本語を教えてきた。
スポンジが水を吸うようにどんどん吸収して漢字などは面白い面白いといってずんずん覚えていった。
教え甲斐のある生徒である。

  

 就職のための面接の予行練習をしたりしたが、このご時世、なかなか就職先が見つからないでいた。
ブラジルと日本の教育の違いか、数学がまだ未習熟な面があったので、日本語だけでなく、数学や、歴史や地理までおせっかいに教えた。

 おやつの時間は唯一のフリートーキング。
日本語ができないので英語でやりとりすることになる。
  そんな数年が経って、日本語が上達したラファエロにやっと就職の機会がやってきた。
そして晴れて合格。個人レッスンの卒業式がきた。
悲しいような嬉しいような複雑な気持ちだ。
  就職できた彼と彼の家族は大喜び。
 今日、彼から突然のプレゼントがあった。
 初給料で私にプレゼントをしたいとの電話があり、彼の家に行くとこんなものを渡してくれた。

ハンドバッグだ。私は白っぽいバッグを一つも持っていなかったのを知っていたのだろうか?
 嬉しかった。初給料と言ってもそんなに多くなかったはず。
こんな高価なバッグを買ってしまったら、給料が残り少なくなってしまっただろうに。
家族のみんなにもあげたいものがあっただろうにと心配になったが、嬉しかった。
 彼は少し誇らしそうな顔をして、私にこの贈り物を渡してくれた。
月謝なしで教えてもらっていたことが心苦しかったのかもしれない。
やっと恩返しができた喜びを体中であらわしてくれた。
 おめでとう。いつか、日本の大学に入ってね。
 お金を貯めたら、日本の大学へ入るのだと彼は希望でむねをふくらませている。
 私も負けずに勉強しよう。

 おやつの時間にちょっと告白してくれたガールフレンドのこと。
ブラジルにいる別れたお父さんの事。作詩作曲したギターの曲のこと。
神様の事。哲学の話。アニメの話。みんな頭の中にこの数年の思い出がグルグルまわって涙がこぼれそうになった。
 嬉しい時に涙は禁物だ。

 
ブラジルにいる別れたお父さんがお姉さんの結婚式に日本へやってきたときの写真。父と息子のナイスショット!


ラファエロのお姉さん、ジェシカの花嫁姿。父と嫁ぎ行く娘がヴァージンロードを歩いていく。

 こうしてラファエロ君はわが日本語教室の第一回目の卒業生として巣立っていった。

 日本が大好きというラファエロのように、日本が外国人から失望されないような社会の仕組みや、人の優しさを持つ国であってほしいと思う。
 ラファエロは希望を胸に卒業していったが、家族やほかのブラジル人たちは我が家に時々寄ってくれる。
 ほかの日本人に相談できないことや、国境を越えて人としての悩みや相談事を寄せてくれるようになった。
 
 ※ブログに写真を載せることはラファエル君からは了承済みです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 福岡県と大分県に大雨特別警報 | トップ | You Raise Me Up  [日本語訳... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (藍)
2017-07-06 06:30:41
ろこさま

なんて、素敵なおはなしでしょう。
朝 いち番に拝見して
ハッピーパワー全開なスタートをきりました。
有難うございます。
藍さんへ(パワー) (ろこ)
2017-07-06 08:43:23
藍さんへ
 おはようございます。
 ありがとうございます。
 どの人も、苦しい時を乗り越えて、一歩ずつ前へ進めるといいですね。
 この少年はお年玉をあげた時、そのお金で何を買ったと思いますか?
 「牛乳」を買ったと言って私を驚かせました。
 お金がないのですね。
 だから就職できて本当に良かったです。
嬉しい話 (cocoa)
2017-07-06 15:42:38
こんな嬉しい話は、本当に元気づけられます。
厳しい現代の世の中、ラファエロ君もろこさんも大変な努力をなさったでしょう。
これからもラファエロ君には困難なことが有るかもしれませんが、損得抜きで向き合ってくれた人が居たという記憶は、これからも彼を強くするでしょうね。
cocoaさんへ(門出) (ろこ)
2017-07-06 18:26:59
cocoaさんへ
 ありがとうございます。
 異国にあって、仕事もなく、学校へも行けない彼は本当に困っていました。
 悪いことに手を染める仲間たちから距離を置く彼を何とか頑張って仕事に就かせてあげたかったです。念願かなって、就職できてよかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。