Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おくりびと

2009年10月14日 00時24分02秒 | 映画(あ行)
第81回アカデミー賞外国語映画賞、第32回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品として話題になった作品。主演の本木雅弘の納棺技術も話題になりましたね。
監督は滝田洋二郎、キャストは本木雅弘、広末涼子、山崎努、吉行和子、余貴美子、笹野高史他。

<あらすじ>
楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人広告を見つける。面接に向かうと社長の佐々木(山崎努)に即採用されるが、業務内容は遺体を棺に収める仕事。当初は戸惑っていた大悟だったが、さまざまな境遇の別れと向き合ううちに、納棺師の仕事に誇りを見いだしてゆく。(シネマトゥデイ)

見てみたかったので、テレビで早速放映してくれてラッキー!
死を扱う話なので、とても暗くて重いストーリーなのかと思っていたら、クスッと笑えるところもあったのが意外。あまりにも重苦しいストーリーだと、ちょっと辛いので、私としてはこれくらいでちょうど良かったかな。

納棺師という職業は、この映画が話題になるまで全然知らなかったのですが、とても厳粛で大事な仕事なんですね。
大事な人を見送るためには、こういう儀式も必要なんだなーとつくづく思いました。
実は私の祖父が亡くなった時も、映画ほどキッチリしたものではなかったですが、身体を洗う儀式がありました。初めて見る儀式だったので最初はビックリしたのですが、やっぱり清めてもらって良かったね~と皆言ってたのを思い出しました。

映画では、本木さんや山崎さん演じる納棺師の立ち居振る舞いがとても見事で、思わず見入ってしまいました。ああいう儀式ってとても神聖な気持ちになりますね。

また山形の清々しい風景が映画ととても合ってたと思います。美しい自然と人々とのつながりというものが、あの儀式と相まって、この映画をより一層印象深いものにしていたと思います。日本の美と文化を一層強く感じさせられる作品だったな~。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (39)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医学のたまご | トップ | Supernaturalシーズン3/第... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
山田辰夫さん (間諜X72)
2010-09-10 04:46:47
僕は、山田辰夫さんが出て来る場面が一番悲しかったです。
大悟らの到着が予定より5分遅いことに文句を言う。しかし納棺後、妻が「今までで一番綺麗でした」と感謝を述べる場面です。
この時、山田さんはもう自分が長くない事を知りながら演技をしたのでしょうか?
「ディア・ハンター」の公開前に亡くなってしまったジョン・カザールとイメージを重ねてしまいます。
>間諜X72様 (Yuhi)
2010-09-10 23:43:03
こんばんは!こちらにもコメント、どうもありがとうございます♪

山田辰夫さん、本当に残念でしたよね。この時、すでに病気のことを知っていたのかどうかは、私には分かりませんが、確かにすごく印象に残っている場面です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

39 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
おくりびと (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生最高の旅立ちのお手伝い致します。』  コチラの「おくりびと」は、第32回モントリオール世界映画祭でグランプリを受賞し、さらにはアカデミー賞外国語映画賞の出品作品に決定するなど、にわかに話題となっている”納棺師”を題材とした9/13公開のヒューマン・...
おくりびと (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2008/09/13製作国:日本上映時間:130分監督:滝田洋二郎出演:本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、吉行和子、笹野高史、杉本哲太、峰岸徹、山田辰夫キレイになって、逝ってらっしゃい。+あらすじ+チェロ奏者の大悟は、所属していた楽団の突然の解散を機にチェ...
『おくりびと』/2回目 (京の昼寝~♪)
   9/22の『おくりびと』の記事で、 僕の拙い言葉で全てを説明できないけれど、なかなか星を4つ半つけない僕がつけたということで、是非cyazに騙されたと思って劇場に足を運んでいただきたい。 人生の視点が少し変わるかもしれない、そんな映画です。 と結...
『おくりびと』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「おくりびと」□監督 滝田洋二郎 □脚本 小山薫堂 □キャスト 本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、杉本哲太、吉行和子、笹野高史、峰岸徹、山田辰夫 ■鑑賞日 9月14日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★☆(5★...
偏見とは愚かな思い込みなのかも・・・。『おくりびと』 (水曜日のシネマ日記)
遺体を棺に納める仕事をする納棺師になったひとりの男性の物語です。
おくりびと (花ごよみ)
監督は『壬生義士伝』の滝田洋二郎。 納棺師…こういう仕事はあまり 今まで聞いたことがありません。 この作品はモントリオール世界映画祭で グランプリに輝いたということです。 米アカデミー賞の、 外国語映画賞部門の日本代表にも 決まりました。 チェロ奏者だっ...
★「おくりびと」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その1本目。 第32回モントリオール世界映画祭グランプリ受賞とか、 アカデミー賞の外国語作品賞出品の日本代表作に選ばれたとか・・・ いろいろ...
~『おくりびと』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:日本映画、滝田洋二郎監督、小山薫堂脚本、本木雅弘、広末涼子、山崎努、余貴美子、峰岸徹、笹野高史共演。第81回アカデミー賞外国映画賞をはじめ国内外の数多くの映画賞を受賞した作品。 ≪DVD鑑賞≫
おくりびと (to Heart)
キレイになって、 逝ってらっしゃい。 製作年度 2008年 上映時間 130分 脚本 小山薫堂 監督 滝田洋二郎 音楽 久石譲 出演 本木雅弘/広末涼子/山崎努/余貴美子/吉行和子/笹野高史/杉本哲太/峰岸徹 一見近寄りがたい職業、納棺師に焦点を当て、重くなりがちなテーマを軽...
おくりびと (2008) 130分 (極私的映画論+α)
 「穢れ」という日本文化。
おくりびと (5125年映画の旅)
チェロ奏者の小林大吾は、所属していた楽団が突然解散してしまったことで職を失い、妻と共に実家のある山形へ帰郷する。新しい仕事を探していた時、新聞の求人欄の「旅のお手伝い」と書かれた求人が目に止まる。試しに面接に行ったその会社は、死者の「旅立ちのお手伝...
「おくりびと」 (ハピネス道)
来年のアカデミー賞、外国語作品賞部門に日本代表として出品されることが決まったと聞いてとりあえず観ておくか…と思い劇場に足を運びました。主演の若手二人が、ちょっと苦手なタイプの俳優さんだったこともありそれほど期待せず観たのですが「これはすごい」と感動して...
生の尊厳~『おくりびと』 (真紅のthinkingdays)
 チェリストの大悟(本木雅弘)は所属楽団が解散してしまい、妻(広末涼子)を連れ て故郷の山形へ帰る。「旅のお手伝い」という広告と、...
映画評「おくりびと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年日本映画 監督・滝田洋二郎 ネタバレあり
おくりびと (Akira's VOICE)
いのち芽吹く物語。  
「おくりびと」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
主人公の大悟に、もっくんがピッタリ!!もっくんの納棺の儀を行う手さばきや身のこなし、そしてもっくん自身が美しかった。
「おくりびと」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
地味な作品だけど、やっぱり良かった・・
「おくりびと」 安らかな旅立ちのお手伝い (はらやんの映画徒然草)
幸いなことに両親はまだ健在なので、納棺に立ち会ったことがありません。 葬儀屋とは
おくりびと (Memoirs_of_dai)
16年ぶりにシコふんじゃった? 【Story】 楽団の解散でチェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好条件の求人...
滝田洋二郎監督の「おくりびと」を観た! (とんとん・にっき)
新築なった新宿ピカデリーで、いま話題の映画「おくりびと」を、遅まきながら観てきました。何が話題かというと、モントリオール世界映画祭でグランプリをとったこと、そして本家本元のアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされていることでしょう。果たして外国でも「
映画「おくりびと」 (<花>の本と映画の感想)
おくりびと 監督 滝田洋二郎 出演 本木雅弘, 広末涼子, 山崎努, 余 貴美子, 吉行和子, 笹野高史 2008年 おくりびと [DVD] ¥2,664 Amazon.co.jp 大悟は、チェロ奏者であったが、楽団が解散し、田舎に戻る。職を失った大悟は、「旅立ちのお手伝い...
おくりびと(2008年) (勝手に映画評)
2008年モントリオール世界映画祭グランプリ受賞作品。ベネチア国際映画祭に、北野武(『アキレスと亀』)、押井守(『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』)、宮崎駿(『崖の上のポニョ』)の3監督の作品が出たと騒いでいる陰を縫って、こちらの作品が、別のところで世界...
おくりびと (試写会にて) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
納棺師__それは悲しいはずのお別れを、やさしい愛情で満たしてくれる人。 あなたは大切な人を、どう“おくり”ますか?_そしてどう“おくられ”たいですか?   物語:「あぁこの広告、誤植だな。”旅のお手伝い”ではなくて、安らかな”旅立ちのお手伝い”。...
288「おくりびと」(日本) (CINECHANの映画感想)
安らかな旅立ちのお手伝い  チェロ奏者の小林大悟は、所属していたオーケストラの突然の解散で職を失い、これを機にチェロで食べていくことを諦め、妻の美香を伴い、故郷の山形へ帰る。  早速職探しを始めた大悟は?旅のお手伝い?という求人広告を見て?NKエージェン...
『おくりびと』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:滝田洋二郎脚本:小山薫堂音楽:久石譲出演:本木雅弘、広末涼子、余貴美子、吉行和子、笹野高史、山崎努試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>求人広告を手にNKエージェントを訪れた小林大悟(本木雅弘)は、社長の佐々木(山崎努)から...
映画 『おくりびと』 (きららのきらきら生活)
『キレイになって、逝ってらっしゃい』
おくりびと (まてぃの徒然映画+雑記)
アカデミー外国語映画賞をとってアンコール上映してたので、観にいく。とある楽団のチェロ奏者、小林大吾(本木雅弘)は、突然の楽団解散で仕事を失い妻の美香(広末涼子)とともに実家の山形に戻って仕事を捜すはめになる。そして経験・年齢不問の募集広告を出していたN...
おくりびと (SSKS*)
オフィシャルサイト 2008 日本 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘/広末涼子/余貴美子/吉行和子/笹野高史/山崎努 ストーリー:所属する東京のオーケストラが解散し職を失ったチェロ奏者の大悟は演奏家を続けることを諦め、妻の美香を連れて故郷の山形に戻ってくる。早...
おくりびと(映画館) (ひるめし。)
キレイになって、逝ってらっしゃい。
おくりびと (心のままに映画の風景)
チェロ奏者の大悟(本木雅弘)は、 楽団の解散で夢をあきらめ、妻の美香(広末涼子)と故郷の山形に帰ってきた。 好条件の求人広告を見つ...
おくりびと (時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館))
 JNN50周年記念と銘打って、月曜日にTBS系列で放映されていた「おくりびと」。第81回アカデミー賞外国語映画賞をはじめ、国内外で多くの賞を受賞した2008年の日本映画である。 ○DVD おくりびと 主人公の小林大悟は、東京でチェロの奏者をしていたが、楽団が解...
『おくりびと』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
求人広告を手にNKエージェントを訪れた大悟は、社長の佐々木から思いもよらない業務内容を告げられる。それは“納棺”、遺体を棺に納める仕事だった。戸惑いながらも、妻の美香には冠婚葬祭関係=結婚式場の仕事と偽り、納棺師の見習いとして働き出す大悟。美人だと思った...
おくりびと☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告を観たときに、なんとなく様式美的でいいかなっと変なところでひっかかってた『おくりびと』そしたら、モントリオール映画祭で金賞ですか?平日金曜日の昼間の回・・・ほぼ満席って^^;これって映画祭金賞効果なのか、どうなんだろう・・・ちなみに年配の方が多くて...
おくりびと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[おくりびと] ブログ村キーワード 評価:7.5/10点満点 2009年20本目(18作品)です。 2009年に入ってまだ2ヶ月ですが、早くも20本目に突入しました。 ちなみに、昨年の20本目は「王妃の紋章」で、観賞日は4月28日だったことを踏まえると、いかにハイペースで映画を見...
「おくりびと」 (てんびんthe LIFE)
「おくりびと」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 原作は何かということも知らなければ納棺師という仕事も知りませんでした。 葬儀屋の話だとずっと思っていました。 納棺師そういう仕事あるんですね。 あんなふうに納棺の仕事見せられると素晴らしいと思うのですが...
『おくりびと』 (Sweet*Days**)
監督:滝田洋二郎  CAST:本木雅弘、山崎努、広末涼子 他 チェロ奏者の夢をあきらめ、故郷の山形に帰ってきた大悟(本木雅弘)は好...
(映画)おくりびと (ゼロから)
楽団が解散になって、仕事を失ったチョロ奏者の小林大悟。山形に帰り、高給、未経験者でもOKという募集要項にひかれて、就職したのが納棺の業者。
おくりびと (future world)
「納棺師」という仕事の~ 繊細さ・優しさ・暖かさに触れました。 おくる人、おくられる人、誰しもその当事者になるわけだが ‘人の死’だけにそう日常的でない分「仕事」として常に関わるってどんな感じなんだろう。 葬儀屋・納棺師・火葬場・・・なくてはならな...
おくりびと (mama)
2008年:日本 監督:滝田洋二郎 出演:本木雅弘、広末涼子、吉行和子、余貴美子、笹野高史、山崎努 プロのチェリストである大悟は、所属していたオーケストラが突然解散し、妻とともに山形へと帰郷した。就職先を探していたとき「旅のお手伝い」という求人広告を見...