Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バッテリー

2007年07月26日 00時02分43秒 | 映画(は行)
あさのあつこ原作の小説がかなり評判になっていましたが、これはその映画版。
小説のファンの方には、どうやら賛否両論あるようですが、私は未読なので、純粋に映画だけを見て感じたことを書きたいと思います。

私は映画を見て泣くことは滅多にないのですが、これには本当に久しぶりにウルウルきてしまいました

あらすじは・・・
原田巧は中学入学を控えた春休みに家族で岡山県へ引っ越してくる。ピッチャーとしての才能に絶大な自信を持ち、同時に人を寄せ付けない孤独な一面も持っている。それは、弟の青波が生来病弱で、彼を心配するあまり巧に対して冷たい態度を取ってしまう母真紀子へ複雑な気持ちもあった。
そこへ、巧は同級生の永倉豪と出会う。彼も野球をやっており、中学でバッテリーを組むことになる。
大らかで明るい豪は、人と垣根を作りがちな巧をうまく周囲に溶け込ませ、まさに理想的なバッテリーになるかと思えたが・・・・。

この話、ものすごく巧に感情移入してしまうんですよね。病弱な弟を持った為に、親にかまってもらえない寂しさとか、でも弟は本当にいい子で大好きだからこそ、どこへぶつけていいか分からないモヤモヤを抱えてしまうとか。
本当にどれだけウルウル来たかわからない程です。どうやら私は、こういう「家族もの」にものすごく弱いようなんですよね
そして感情移入してしまうのは、常に兄や姉の方。自分がそっちの立場だからなのかな。

で、このストーリーの中で私が一番好きなキャラクターは豪君。彼は本当にいい子で、彼がいなかったら巧はもっと前につぶれちゃってたか、周囲となじめず孤立していたかだと思います。こんな子と友達になれた上、バッテリーを組めるなんて最高ですね。

そして、この映画は、キャスティングの良さも光ってました。
まず主人公の天才ピッチャー原田巧役の林遣都。とてもミステリアスな容貌と不思議な存在感があって、まさに天才のピッチャーの役柄にピッタリ!
そして、巧の同級生で、キャッチャーでもある永倉豪役の山田健太。ちょっとぽっちゃりとしていて、朗らかで温和な雰囲気を持つ彼は、ピリピリとしたイメージの巧に対して場を和ませる感じで、なぜかホッとさせてくれます。
そして、巧の病弱な弟の青波役の鎗田晟裕。人懐っこい笑顔で周囲を魅了する、誰からも愛される存在を充分に感じさせてくれました。


小説版では、どういうストーリー展開になっているのか分かりませんが、そちらもぜひ読んで比べてみたいものです。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フラガール | トップ | ハリケーン・チェイサー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (kira)
2007-07-27 23:00:26
TB,ありがとうございます♪

原作未読のワタシにも、キャストがぴたりとはまっている感じを受けました。
直球で、スカッと決めてきた爽やかな好きな作品でした
家族も、少年心理もちゃんと描かれて
解かりやすさもよかったですし、ロケ地!行ってみたくなりますよね
>kira様 (Yuhi)
2007-07-28 00:28:33
こんばんはー!TB&コメントどうもありがとうございます~♪

やっぱり、キャストはかなりはまってますよねー。
オーディションで勝ち抜いた人だとか聞きましたが、さもありなんという感じです。

また、家族や友情についてもきっちり描かれていて、すごく良かったと思います。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-07-28 10:43:49
TBありがとうございました!
原作もなかなかいいですよ~。
全6巻なのですが、上手いことまとめてあるなと思いました。
キャスティングの肝は原田巧役だったと思うのですが、ピッタリでしたね~。
豪も青波も合っていたと思います。
>ミチさま (Yuhi)
2007-07-28 12:39:17
こんにちは!いつもコメントありがとうございます~。

原作もすごく良さそうですね。6巻もあるとは知りませんでしたが、いつか読んでみようと思ってます!

キャスティングは本当に見事ですよね。原作を読んだ方でもそう思っていらっしゃるなら、なおさらです。
ますます、原作を読む楽しみが増えました(笑)。

こんばんは! (アイマック)
2007-07-29 20:33:10
私も小説は読んでいないですが、爽やかでいい映画でした!
林遣都くんと山田健太くんは、バッテリー役にぴったりでしたね。
本格的野球映画でもありました。
岡山の景色が、懐かしさを覚えましたねー。
>アイマック様 (Yuhi)
2007-07-30 00:24:04
こんばんは!TB&コメント、ありがとうございます~♪

仰る通り、とても爽やかな映画でしたよねー。
キャストも新鮮だったし、さすがオーディションで選ばれただけあって、イメージにもピッタリだったし。

岡山県は、野球が盛んですよね。舞台にぴったりだなーと思ってましたよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

23 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
『バッテリー』 (京の昼寝~♪)
いまだからこそ、できることがある。 ■監督 滝田洋二郎■原作 あさのあつこ(「バッテリー」角川文庫刊)■脚本 森下 直■キャスト 林 遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、天海祐希、岸谷五朗、菅原文太、萩原聖人 □オフィシャルサイト  『バッテリー』 ...
『バッテリー』 (ラムの大通り)
「いやあ、これは折り目正しいというか 実に端正な映画だったね」 ----ん、どういうこと? 「どのショットも、まったく浮つくことなく その構図に落ち着き、安定感があるんだ。 スクリーン・サイズはスコープ。 本来ならば、このサイズは風景の広がりを見せたり、 人物と...
バッテリー (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
    いまだからこそ、 できることがある。         評価:★9点(満点10点) 2006年 118min 監督:滝田洋二郎 出演:林遣都 山田健太 鎗田晟裕 蓮佛美沙子 岸谷五朗 天海祐希 最強のバッテリー完成! ...
バッテリー/林遣都 (カノンな日々)
原作は読んでます。でも残念ながら原作ファンというわけじゃありません。なんかね、ビミョーなんですよね。少年たちのドラマに心揺さぶられる面もあれば、全く共感出来ないところもあってよくわからないというのが率直な気持ちでした。特に主人公があまりに大人びていて達...
試写会「バッテリー」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた、「バッテリー」の試写会に行ってきましたあさのあつこの同名ベストセラー小説を「陰陽師」の滝田洋二郎監督が映画化。他人を寄せ付けない中学生ピッチャーが、仲間との出会いや家族とのかかわりを通して成長する姿を描く。ストー...
バッテリー (2006) 118分 (極私的映画論+α)
 まさに「恋仲」の二人です(笑)
本来のあるべき野球の姿。『バッテリー』 (水曜日のシネマ日記)
天才的なピッチャーの才能を持つ少年の物語です。
バッテリー(映画館) (ひるめし。)
いまだからこそ、できることがある。
「バッテリー」:白金台駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}この堂々たる建物は何だ? {/hiyo_en2/}東大医科学研究所。 {/kaeru_en4/}東大って、あの六大学野球の万年弱小チーム、東大か? {/hiyo_en2/}そう、あの東大。 {/kaeru_en4/}東大の野球部にも「バッテリー」の主役みたいなピッチャーが入れば、いいとこ行く...
バッテリー (to Heart)
製作 2006年 監督 滝田洋二郎 原作 あさのあつこ 脚本 森下直 音楽 吉俣良 出演 林遣都/山田健太/鎗田晟裕/蓮佛美沙子/萩原聖人/天海祐希/岸谷五朗/菅原文太 自分のピッチャーとしての才能に絶対の自信を持っている原田巧(林遣都)は、中学入学を控えた春休みに...
映画:バッテリー 試写会 (駒吉の日記)
バッテリー 試写会(東商ホール) 「どまんなかに、こい」 映画化ということで、原作も急遽読破しました。(レビュー:?~? 、?~? ) 内容としてはほぼ全巻、家族と中学での部活、横手との2試合が巧(林遣都)・豪(山田健太)視点で描かれています。 身...
バッテリー (5125年映画の旅)
天才野球少年・巧とその家族は、身体の弱い弟・青波の健康のために母親の実家に越してきた。そこで巧は、近所の野球少年・豪と出会い二人はバッテリーを組む事になる。中学に入り、野球部に入部した巧だったが、そっけない性格が災いし、先生や先輩達と衝突する。 こ...
映画 【バッテリー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「バッテリー」 あさのあつこの同名原作を映画化。 自分のピッチャーとしての才能に絶対の自信を持っている原田巧(林遣都)は、中学入学を控えた春休みに岡山県境の地方都市に引越す。引越し早々、巧はキャッチャーの永倉豪(山田健太)と出会う。 中学生と...
「バッテリー」完成披露試写会 (てんびんthe LIFE)
「バッテリー」完成披露試写会 TOHOシネマズ六本木ヒルズSC7で鑑賞 舞台挨拶の登壇は右から菅原文太、岸谷五朗、天海祐希、林遣都、山田健太、鎗田晟裕、蓮佛美沙子、滝田洋二郎監督。知らない名前はオーディションで選ばれた子役(?)たち。この作品は彼らが...
バッテリー (小部屋日記)
(2006/日本)【劇場公開】 監督:滝田洋二郎 出演:林 遣都/山田健太/鎗田晟裕/蓮佛美沙子/天海祐希/岸谷五朗/萩原聖人/菅原文太 売り上げ800万部という、あさのあつこの同名原作を実写化。 主役の男の子が漫画にでてきそうな顔立ち。^^ 野球にかける少年た...
【2007-35】バッテリー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
いまだからこそ、できることがある。
『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙(そら)へ』 (本館) 【監督】前田哲 【脚本】川嶋澄乃/松本稔/前田...
バッテリー (ネタバレ映画館)
風呂焚きをしている菅原文太を見ると釜爺を思い出して・・・手が何本もあったらノックもしやすかっただろうと・・・
林遣都くん応援ブログ目次 (林遣都くん応援ブログ~映画「バッテリー」、映画「DIVE!!」主演の林遣都くん)
林遣都くん応援ブログです。 映画「バッテリー」主演、映画「DIVE!!」主演の林遣都くんの画像(画嬢)、掲示板、ブログ、写真集、雑誌などの情報を紹介していきます。 映画「DIVE!!」で坂井知季役の林遣都くん 林遣都くん主演映画「バッテリー」上映会と林遣...
『バッテリー』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ中学入学を目前に控えた春休み父の転勤で岡山の県境の街に引っ越してきた巧。ピッチャーとしての自分の才能を信じトレーニングに励む巧の前に同級生の豪が現れバッテリーを組むが・・・。感想野球の醍醐味は、バッテリーだけでは語れるものではありませんがバッテ...
バッテリー (にき☆ろぐ)
映画のバッテリーをやっと見ました原作はすべて読んでますでもまさか原作6巻分のお話全てをやるとは思ってませんでした(まぁかなりはしょってましたが・・・・)結果としてかなりうまくまとまった良い青春映画になっていたと思いますまぁいろいろはしょりすぎてて原作を...
家族と一緒に癒されよう 3 「バッテリー」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「バッテリー」 滝田洋二郎監督お得意の青春佳作。   【公開年】2006年  【制作国】日本  【時間】118分  【監督】滝田洋...
バッテリー(2006) (のほほん便り)
原作は、人気作家あさのあつこの代表作である同名ベストセラー。オーディションで見出された新人、林遣都が、その美貌や雰囲気もさることながら、天才ゆえの孤独を抱えて、ちょっ......