Yuhiの読書日記+α

TB、コメント大歓迎です♪
但し、記事内容と関係ないものは削除させて頂く場合もありますので、
ご了承下さいませ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アマルフィ 女神の報酬

2009年08月09日 19時35分06秒 | 映画(あ行)
真保裕一の同名小説が原作の、イタリアで起きた日本人少女の誘拐事件の謎に迫るサスペンス・ミステリー。監督は西谷弘、キャストは織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、平田満、佐野史郎、福山雅治他。

<あらすじ>
クリスマス目前のローマ。亡き夫との思い出が詰まった街で、矢上紗江子(天海祐希)は最愛の娘の失踪(しっそう)するという最悪の事態に見舞われてしまう。身代金目的の誘拐か、それともテロか……? 犯人グループが警察の包囲網をかく乱し、捜査が一向に進展しない中、事件の真相に迫る外交官・黒田(織田裕二)は、ある事実に行き当たる。(シネマトゥデイ)


遅ればせながら、ようやく観にいくことができました。公開から結構時間が経っているので、日ごろから観客が少ない映画館のこと、さぞや少ないだろう・・・と思ったら、前の3列くらい以外は満員の入りでビックリしました。

で、内容ですが、邦画にはさほど期待していなかったんですけど、予想以上に面白かったです!ストーリーが元々私の好きなサスペンス調のものだから、というのもあると思うのですが、キャストもいいし、テンポ良くどんどん進んでいく展開と、風光明媚な風景のおかげもあって、最後まで飽きずに見ることができました。
ローマには2回行ってるのですが、著名な観光地が次々と出てきて、すごく懐かしくて嬉しかったです。
また、主題歌を歌っているサラ・ブライトマン本人が登場したのは思わぬサプライズでビックリしました。曲自体も、とても印象的に使われていて、すごく良かったです。

ただ、タイトルにある「アマルフィ海岸」が、思った程出てこなかったのは残念!てっきり、そこが事件の中心なのかと思っていたので・・・・。アマルフィには行ったことがなかったので、もっとたくさん映して欲しかったんですけどね~。
映画に出てきた景気は最高に美しかっただけに、もっと存分に味わいたかった~!

ちなみに、犯人については、最初から怪しいな~とは思っていましたけどね。でも、犯人当てのミステリーではないし、意外性がなくてもこれは仕方ないかなと思います。

難を言えば、時々、画面がプツンと切れたようなところが見受けられたこと。何もあんな風に、突然テレビの電源を切ったかのような編集にしなくてもいいのにな~と思いました。ああいう風にされると、余韻がなくなっちゃう気がしてちょっと興ざめです。

それにしても、織田裕二さん演じる黒田という外交官ですが、彼についてはほとんど何も明かされませんでした。どうもタダの外交官ではない感じだったのですが、黒田自身も無口でクールな感じで、自分の事は何も明かそうとはしないし、主役ながらかなり謎な人物でした。
これって、もしかして、続編を考えてるのかもね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンナ 天草の神兵 | トップ | 極北クレイマー »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして。 (BC)
2009-08-10 13:04:06
Yuhiさん、はじめまして。
~青いそよ風が吹く街角~のBCと申します。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

確かにアマルフィ海岸はもっと観たかったですよね。
編集が雑だったのが残念ですね。

多分、この終わり方だとドラマか映画で続編も視野に入れているのかもしれないですね。
>BC様 (Yuhi)
2009-08-10 22:53:28
こんばんは!はじめまして~♪
こちらこそ、TB&コメント頂けて、すごく嬉しいです。ありがとうございました。

アマルフィ海岸が見れると思っていただけに、ちょっと拍子抜けだったのですが、それなりに楽しめたので私は満足です。
(ちょっと強引すぎる所もあったけどそれはご愛敬ということで)

>ドラマか映画で続編
うわー。BC様もそう思われますか!?
ああいう展開だと、いくらでも話が作れそうだなーと思って・・。「外交官・黒田の事件簿」みたいな感じで(^^)
こんにちはー (hito)
2009-08-11 08:50:04
お久しぶりです♪

ミステリータッチなので前半は私もかなり面白くてワクワクしちゃいました♪
事件の真相自体はちょっとあれれ??あまりにも穴だらけでは?というのを感じてしまってトーンダウンしちゃったんですけど、小説の方ではかなり違っていたみたいですね。

犯人は予告から予想ついちゃいますよねー(笑)もうちょっと意外性があると面白かったかも・・。
でも織田さんのクールな黒田はいいキャラだったので続編もあるといいですね!
>hito様 (Yuhi)
2009-08-11 19:57:18
こんばんは!TB&コメント、ありがとうございます♪

事件の真相は、確かにちょっと物足りないものがありましたよねー。
しかも、計画自体がずさんというか、無謀というか・・・。その辺が、サスペンスとしてはいまひとつだったなと思うのですが、それ以外はなかなか楽しめました。

犯人については、もうちょっとヒネリが欲しかったですよねー。あまりにも明らかだったし。

でも、黒田自身のこととか、福山さん演じるフリーライター(名前を忘れてしまいました)との関係とか、面白そうな伏線がいっぱいあるので、続編を是非期待したいです!
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-09-08 08:13:09
やはり、あのところどころで、画面がぶちっと切れるのは、気になりましたよね。
いまどき、珍しい作りでしたが、ちょっと稚拙な感じがしました。
重々しいテーマのはずなのに、どこか軽く感じちゃう。
悪いことではないのですが、日本の映画の場合は、お金かけましたぁ!!というものより、ちまちま作ったものの方が、みた甲斐があったりしますよね。
サラ・ブライトマンの歌は、すばらしかったです。
>sakurai様 (Yuhi)
2009-09-08 22:47:52
こんばんは!TB&コメ、ありがとうございましたー♪

sakurai様も、やはり気になりました?あのぶちっと切れる映像・・。
あれくらいは、何とでもできたでしょうに、なぜあんな適当な編集をしたんでしょうね。どうも腑に落ちません。

サラ・ブライトマンの歌声は素晴らしかったですよねー。これは、やはりテレビより映画館で見た方が、音量も迫力も堪能できたと思いますね。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-09-21 20:15:41
TB有難うございました。
次回作も作るぞ~って感じのラストになっていましたね。
新たな織田裕二の代表作となりそうです。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
>シムウナ様 (Yuhi)
2009-09-21 23:08:54
こちらこそ、TBありがとうございました。

シムウナ様もやはりそう思われましたか!
次作、やっぱりありそうですよね~。
なんたって、黒田さんについては、全然明らかにはならなかったですし、声だけしか登場しなかった中井貴一さんとの絡みも謎だし。
ぜひ、続編を作って、その辺りも描いて欲しいものですね。
こんばんわ~ (ぼの)
2010-05-04 01:42:13
やっと観る事が出来ました。
豪華キャストに最高のスタッフ、
そして全編イタリアロケという力の入れようの作品でしたね。
主人公がイタリアへ呼ばれた理由とは全く違う事件に巻き込まれ、実はそれが・・・
という、結構ハリウッド作品っぽい設定というよりハリウッド映画にありがちな展開の物語で、
観ていて、ケヴィン・コスナーの『ボディ・ガード』(古いなぁ--笑)を連想してしまいましたよ。
それなりに面白かったのですが、展開が見え見えで、
なんか2時間ドラマの豪華版を観ているようでした。
もうちょっと捻ってもらっても良かったような気がします。

しかし、織田裕二。この作品でも熱く、良い男を演じていましたね。
この人、悪役は出来ないでしょうね。
>ぼの様 (Yuhi)
2010-05-05 00:25:01
こんばんは!いつもTB&コメントありがとうございます!!

この映画。全編イタリアロケというだけあって、景色は素晴らしかったですねー。主だった観光地の映像もちゃんとあって、それだけでも楽しめる映画だったと思います。

でも、ぼの様も仰るように、この内容だったら、ドラマでも充分だったなというのは同感です。
キャストと映像の豪華さで、映画にしたという感が拭えません・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「アマルフィ」に憧れて (地球浪漫紀行☆世界紀行スタッフの旅のお話し)
先日、話題の映画「アマルフィ」を見てきました{/gp01/} オールイタリアロケとあって、ローマやアマルフィの町の映像が とても美しかったです。 アマルフィは中世イタリアでは、最初の独立都市国家で、 ヴェネチア、ジェノヴァ、ピサと並ぶ四大海洋共和国の1つでした。 ...
アマルフィ 女神の報酬 (to Heart)
製作年度 2009年 上映時間 125分 監督 西谷弘 主題歌 サラ・ブライトマン 『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』 出演 織田裕二/天海祐希/戸田恵梨香/佐藤浩市/大塚寧々/伊藤淳史/小野寺昭/平田満/佐野史郎/ サラ・ブライトマン/福山雅治 {/book_mov/}クリスマス目前のロー...
映画「アマルフィ 女神の報酬」 (FREE TIME)
映画「アマルフィ 女神の報酬」を鑑賞しました。
アマルフィ 女神の報酬 (そーれりぽーと)
この週末に観たい映画が全く無くて、「とりあえずイタリアやし~」と『アマルフィ 女神の報酬』を観てきました。 ★★★ 「あ、あの…。 アマルフィーってタイトルに付ける必要有ったんでしょうか」 みたいな。 映画の中身に期待してなかった分、アマルフィーロケをむっ...
アマルフィ 女神の報酬 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年7月19日(日) 15:35~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売り券を購入) パンフレット:未確認 『アマルフィ 女神の報酬』公式サイト 開場1時間30分前の時点で、前方二列を残して完売。上映前、並ばずにチケットを手に入れられるはず...
『アマルフィ 女神の報酬 』 (ラムの大通り)
----この映画のタイトル、 最近よく聞くようになってきたけど、 アマルフィって、そもそもニャんのこと? 「うん。これはね。 ピサ、ジェノヴァ、ヴェネツィアとともに イタリアの4大海岸共和国として繁栄していた中世の海洋都市。 ギリシア神話の英雄ヘラクレスが、 愛...
「アマルフィ 女神の報酬」外国でありながら日本感覚の事件を描いてしまった死者なきテロ事件 (オールマイティにコメンテート)
「アマルフィ 女神の報酬」はイタリアアマルフィなどを舞台に誘拐された少女を救うために外交官が救出作業に協力するが、その先には外交問題に関する重大な隠ぺい工作が明らかになるストーリーである。日本映画史上初のオールイタリアロケでイタリアの名所を堪能しながら...
■『アマルフィ 女神の報酬』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、真保裕一原作、西谷弘監督、サラ・ブライトマン主題歌&出演、織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市共演、福山雅治が特別出演しています。
アマルフィ 女神の報酬 (花ごよみ)
アマルフィの試写会に当たりました。 会場は大阪厚生年金会館芸術ホール。 招待ハガキにキャストが、 来場と書かれてあったので 誰が来るのか、期待を胸に抱きながら 行ってきました。 入り口ではプレスシートを受け取りました。 それに挟まれていたのは バレーボール...
アマルフィ 女神の報酬 (LOVE Cinemas 調布)
フジテレビ開局50周年記念作品でオールイタリアロケという熱の入れよう。外交官・黒田を中心に展開するサスペンス・ミステリー。主演は織田裕二、共演に天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市とフジテレビに馴染みの出演者。監督は『容疑者Xの献身』の西谷弘。エグゼクティ...
「アマルフィ 女神の報酬」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/日本  監督/西谷 弘  出演/織田 裕ニ      天海 祐希      佐藤 浩市  普段ならこの手の邦画は観ないのですが、原作者の真保裕一が好きなので観賞。彼の”小役人シリーズ”は一時期ハマって読んでました。でも今回の黒田は外交官なの...
アマルフィ 女神の報酬 (充実した毎日を送るための独り言)
アマルフィ 女神の報酬(織田裕二主演 7月18日より公開)  フジテレビ開局50周年を記念して作られた映画。イタリアの壮大な風景と建物を随所に見せ、お金つかってるなあと思わせる。 主演の織田裕二演じる外交官は、「振り返れば奴がいる」の司馬の様なクールさと、「...
アマルフィ女神の報酬 映画 (粋な提案)
クリスマス目前のローマ。1人の日本人女性が失踪した。営利誘拐か、テロの序章か。 警察の包囲網を撹乱する犯人グループ。進展しない捜査。...
劇場鑑賞「アマルフィ女神の報酬」 (日々“是”精進!)
アマルフィ女神の報酬オリジナル・サウンドトラック「アマルフィ女神の報酬」を鑑賞してきましたフジテレビ開局50周年記念作品として邦画初となるオールイタリアロケが敢行されたサスペンス・エンタテインメント。「ホワイトアウト」の人気作家・真保裕一が企画の段階か...
「アマルフィ 女神の報酬」 深みなく凡庸な出来 (はらやんの映画徒然草)
好きな作品が多い小説家真保裕一さんが脚本を担当されているということで、観に行って
『アマルフィ 女神の報酬』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「アマルフィ 女神の報酬」□監督 西谷 弘 □原作 真保裕一 □キャスト 織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺 昭、平田 満、佐野史郎、、サラ・ブライトマン、福山雅治、中井貴一(声) ■鑑賞日...
アマルフィ 女神の報酬 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
特に織田さんのファンでもないし、あまり興味がなかったのに、フジテレビでガンガン宣伝しているのを見ていたら、、、だんだん「この映画って、、、もしかして面白いんじゃない?」って気になってきたので鑑賞してみた(笑)【story】クリスマス目前のローマ。亡き夫との...
[映画『アマルフィ/女神の報酬』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆他のレビュアーにコテンパンに評価され、私自身、見る前から、この作品はクソっぽいなと思っていたのだが、さて、観に行くと、普通に面白い作品でした。  おいおい、みんな、あまり偏見混じりの先入観で「クソ」扱いしなさんなよ^^;    ◇  イタリアでのサミ...
*アマルフィ 女神の報酬* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年  日本 クリスマス目前のローマ。G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本大使館に、外交官・黒田康作が赴任する。秘密裏にG8テロ対策の命を帯びる黒田だったが、赴任直後に任され...
アマルフィ 女神の報酬 (Akira's VOICE)
無難に面白いけど,もうちょっと冒険心が欲しかった。  
アマルフィ 女神の報酬 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/07/18製作国:日本上映時間:125分鑑賞日:2009/07/18監督:西谷弘出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、佐野史郎、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、福山雅治事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。+あらすじ+クリスマス目前...
★アマルフィ 女神の報酬(2009)★ (CinemaCollection)
フジテレビ開局50周年記念作品事件の真相を求め、外交官・黒田がイタリアを駆ける。上映時間125分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/07/18ジャンルサスペンス/ミステリー【解説】フジテレビ開局50周年記念作品として邦画初となるオールイタリアロケが敢....
【アマルフィ 女神の報酬】 (日々のつぶやき)
監督:西谷弘 出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、佐野史郎 「クリスマス間近のイタリア、G8に川越外務大臣が出席するため大使館は慌しい中新しい外交官黒田康作が赴任してきた。 実は大使館のメンバーには内密の任務、テロ対策
アマルフィ 女神の報酬 (りらの感想日記♪)
【アマルフィ 女神の報酬】 ★★★☆ 試写会(15) ストーリー イタリアで予告されたテロから日本人を守るため、外交官・黒田康作(織田 裕二
アマルフィ 女神の報酬 (勝手に映画評)
フジテレビ開局50周年記念作品としてフジテレビが力を入れている作品。フジテレビ史上最高の製作費を掛けて製作された。日本映画として史上初めてオールイタリアロケ。確かに世界遺産を背景にした映像には見とれてしまいます。 織田裕二が演じる黒田が、日本大使館への通...
洋画に憧れた邦画?『アマルフィ 女神の報酬』 (水曜日のシネマ日記)
イタリアで起きた日本人少女誘拐事件を巡る物語です。
アマルフィ 女神の報酬・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
フジテレビ開局50周年記念作で、海外ロケでテロリストの出てくる大作サスペンス。 しかも原作、主演が「ホワイトアウト」のコンビで、監督、...
「アマルフィ 女神の報酬」:宇喜田バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんな町中に動物園があるとは知らなかった。 {/hiyo_en2/}こういうご時世だし、今年の夏は海外に遠出する代わりにこういう近場で楽しむのもいいかもしれないわね。 {/kaeru_en4/}きょうの新聞にも出てたもんな、「イタリア観光・日本人客急減」って。 {/hi...
マルフィ 女神の報酬 (Diarydiary!)
《アマルフィ 女神の報酬》 2009年 日本映画 イタリアで日本人の女の子が誘拐
「アマルフィ 女神の報酬」西谷弘 (Mani_Mani)
アマルフィ 2009日本 監督:西谷弘 原作:真保裕一 出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、佐野史郎、大森絢音、サラ・ブライトマン、福山雅治 他 脚本家クレジットがないので物議をかもしたようですね。 映画としては結構楽しめました。映画...
アマルフィ 女神の報酬 (5125年映画の旅)
イタリアの日本大使館に着任した黒田。外務大臣の警備が主な任務だったが、最初に任されたのは日本人観光客の迷子の捜索だった。迷子になった子供の母親・矢上に渋々ながら協力する黒田だったが、そこに「矢上の娘を誘拐した」という脅迫電話が入る。その誘拐事件には...
アマルフィ 女神の報酬 (心のままに映画の風景)
クリスマス目前のローマ。 イタリアで日本人旅行客少女の誘拐事件が起きた。 予告されたテロから日本人を守るため、ローマに派遣された外...
「アマルフィ 女神の報酬」プチレビュー (気ままな映画生活)
フジテレビ開局50周年記念作品とあって、全編オールイタリアロケ。 スケール感を感じました。 久しぶりに、1ヶ月ぶりかな。映画館に足を運んだのは・・・
アマルフィ 女神の報酬 (だらだら無気力ブログ)
  フジテレビ開局50周年記念作品として邦画としてはめずらしくオールイタリア ロケを敢行して撮影されたサスペンス・ミステリー。 イタリアで起きた日本人少女誘拐事件に関わってしまった外交官・黒田の 活躍を描く。クリスマス目前のローマに娘と訪れた矢上紗...
「アマルフィ  女神の報酬」 (のほほん映画鑑賞)
フジテレビ開局50周年記念作品。 オールイタリアロケで頑張ったで賞{/hiyo_do/} 撮影の許可、海外スタッフの手配・調整等々、裏方のご苦労が忍ばれます。 (ネタバレあり) クリスマス目前のローマ。 G8に出席する川越外務大臣のイタリア訪問準備でバタバタの日本...
アマルフィ 女神の報酬 鑑賞メモ (*nicoponism)
ずっーーと見たかった「アマルフィ 女神の報酬」やっとこさ見てきました! 観る前に腹ごしらえ( ^ω^) 牛肉のフォー&ベトナムコーヒー 友達が頼んでた海鮮のフォーもおいしそうだったなー(涎 パクチーと
アマルフィ 女神の報酬 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『日本人少女が失踪。誘拐か、テロの序章か?』  コチラの「アマルフィ 女神の序章」は、同じ日に鑑賞した「HACHI 約束の犬」同様、「フジテレビ開局50周年記念作品」の7/18公開となったローマ、ナポリ、アマルフィ海岸─イタリアを舞台に壮大なスケールで描かれる...
アマルフィ 女神の報酬 (迷宮映画館)
それなりに見せたのでは。
『アマルフィ/女神の報酬』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
クリスマスを目前に控えたローマで、一人の日本人少女が誘拐された。身代金は10万ユーロ。折しもイタリアではG8開催を控え、日本大使館も外相の警護の準備に追われたいたが・・・。 果たして犯人の目的は単なる金なのか、それとも大規模なテロか・・・?! フジテレ...
アマルフィ 女神の報酬 (Any Colour You Like)
『特殊任務を帯びた外交官と誘拐犯との息詰まる頭脳戦がはじまる!』  全編イタリアロケによる美しい映像と音楽。そして、先の読めない緻密なストーリー。全てのエンターテイメントの要素が詰まった、邦画のスケールをはるかに超えるサスペンス大作。
映画評「アマルフィ 女神の報酬」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2009年日本映画 ネタバレあり
アマルフィ 女神の報酬 (mama)
2009年:日本 原作:真保裕一 監督:西谷弘 出演:織田裕二、天海祐希、戸田恵梨香、佐藤浩市、大塚寧々、伊藤淳史、小野寺昭、平田満、佐野史郎、サラ・ブライトマン クリスマス目前のローマ。イタリアでのテロ予告を受け、外交官・黒田康作がローマに派遣された...
アマルフィ 女神の報酬 (カフェビショップ)
「アマルフィ 女神の報酬」 ドヤ顔全開で歌うサラ・ブライトマン。 けっこうおもしろかった。 まあ、そんな無茶なっていう展開ばっかりというか、 そりゃないなっていう話の進み方ばっかりなんすけど、 イタリアの風景はきれいだし、 役者の顔演技は迫力あ...
映画「アマルフィ」 (<花>の本と映画の感想)
アマルフィ 監督 西谷 弘 出演 織田裕二, 天海祐希, 戸田恵梨香, 佐藤浩市, 大塚寧々 2009年 アマルフィ 女神の報酬 スタンダード・エディション [DVD]/織田裕二,天海祐希,戸田恵梨香 ¥3,990 ...