やまなしの便り

山梨のいまを写真でお届けします

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平安の古より続く ( 韮崎市) 武田八幡宮

2016-10-24 23:52:49 | 日記

韮崎市の神山町にある古き由緒ある神社。
西暦794年に平安京ができて平安時代がはじまり、それから28年後の822年に草創された。

平安時代は1192年まで続きますから、平安時代の初期といってよいですね。
804年に遣唐使として海を渡った最澄や空海が帰国して活躍を始めた時代です。

本殿は国の重要文化財。国主であった武田信玄もこの神社の再建を行っています。

織田信長が甲州を攻めた際、武田勝頼の奥様が祈祷文をささげられ、
この祈祷文は山梨県指定の有形文化財になっているそうです。

 

山門を入った階段の入口

 

さあ、のぼるぞと上を見ると階段上に能舞台があります

 

さらに能舞台を行くと本殿に、、、ちょい疲れていたので (?) ここマテで失礼しました

皆さん上がってみてくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私のすきな女(ひと) | トップ | 街路樹と歩道 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL