にわか日ハムファンのブログ記念館

2004年8月から2014年6月にかけて更新してきた当ブログを静態保存しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「プレイバック・ファイターズ2010」結果発表!(1) Q0 - Q2

2010-12-27 00:00:00 | 北海道日本ハムファイターズ
 「プレイバック・ファイターズ2010」には多くの方にご参加をいただき、誠にありがとうございました!
 本エントリから5回に分け、集計結果を順次発表したいと思います。
 今回ご参加を頂いたのは29名の皆さん(集計開始が遅かったので、〆切以後に届いたエントリ・TBも集計に加えることにいたしました)。
 Q0の結果から、それぞれの応援チームの合計は下記の通りです。

1位:回答なし→ファイターズ(24名)
2位:マリーンズ(3名)
3位:ライオンズ(2名)

 あらためまして、ご参加ありがとうございました!<[_ _]>

 では本編に移りましょう。今回はQ1とQ2、今年活躍した投手と野手の投票結果を発表いたします。まずはQ1から。

1.今年活躍したと思うファイターズの投手をお答えください。(3名まで)

1位:榊原(27票)
2位:武田勝(21票)
3位:ケッペル(12票)

4位:宮西(9票)
5位:建山(7票)

6位:ウルフ/木田(各3票)
8位:増井/中村勝/加藤(各1票)


 今年の投手部門1位を獲得したのは、中継ぎで2ケタ勝利&新人王の榊原投手でした!
 榊原には来年「ファイターズ新人王投手のジンクス」という恐怖が待ち受けていますが、ぜひとも打破してほしいものです。いや、本当に(超切実
 2位はご存知「勝ち頭」(本人談)勝さん。序盤苦しみましたが、そこを抜け出してからは抜群の安定感を見せてくれました。
 3位ケッペルは来日1年目で二ケタと大当り。シーズン終盤に調子を崩したのが気がかりですが、来季も今季同様の貢献を期待せずにいられません。
 4位宮西は入団以来病欠こそあれ、それ以外では丈夫な身体で中継ぎとしての地位を築きました。5位建山はなんだかんだ言われつつ長年チームを助けてくれました。MLBでの活躍を祈念しています。
 6位のウルフはシーズン終盤の先発での勝ちが光ります。木田は文字通りなんでもござれの仕事ぶり、しかもオフには例年通りトナカイまでこなすという(笑)
 8位増井と中村勝はともに入団1年目で初勝利を挙げました。来年は開幕ローテ入りもありそうです。加藤は過去2年間の不調から抜け出す糸口を見つけたか。来季の完全復活を望みます。

 ではでは、野手編へと移りましょう。

2.今年活躍したと思うファイターズの野手をお答えください。(3名まで)

1位:小谷野(28票)
2位:田中賢(18票)
3位:飯山(11票)

4位:糸井(8票)
5位陽/大野(各5票)

7位:中田(3票)
8位中嶋/佐藤賢(各1票)


 打点王小谷野が一昨年の4位、昨年の3位と着実に順位を上げ、ついに野手部門1位を獲得!12球団でも1,2を争うサードに成長した小谷野、来季も攻守ともに頼りにしております。
 2位は首位打者争いを最後まで繰り広げた田中賢。ファイターズのセカンドとして、来季もその地位は揺るぐことはないでしょう。
 3位飯山は今年1年でショートとして成長を遂げ、打撃でも魅せてくれました。糸井は今シーズンも彼らしい仕事ぶり。若手がつき上げる中、選手としてさらに高いレベルになれるかが問われます。
 5位の陽はついにブレイク。来季はシーズンを通じてスタメンを張れるか。大野は2年目のジンクスはどこへやらという着実な成長を遂げています。
 7位中田は今年ようやく大物の片鱗を見せました。ただそれはあくまでも片鱗。来季は本当の姿を見せてほしいもの。そして、佐藤賢が来ていなかったら、特に鎌ケ谷はどうなっていたことか……

 次回はQ3の集計結果、そしてQ1~Q3の結果に基づく恒例「2010にわブロMVP」の発表!お楽しみに。
『野球』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2010冬のアヒルちゃん最終日 | トップ | あの福八が斎藤佑樹ラーメン... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む