「カラマツの下の花畑」・・・・♪

軽井沢での子供時代に作った落葉松の下の花畑ーー心は今も~!「草花」「99歳の軽井沢物語」「葛西スケッチブック」ほか。  

お茶の水  ~歩きたい緑の小径

2017-07-15 | ルピナス♪ノート

猛暑が続きますね。

教室からの帰り道ーーそんな午後には、さわやかな風と緑の木陰が恋しい。



     


お茶の水から駿河台下への歩道にはそんな趣がちょっぴり。

明治大学前からのほんの短い距離なのですが、

なんのつながりもない道行く人々の空気がなごんでいるように感じます。



     
      

      

そんな道がっずっと続いていたらいいのにね。    
                      

        

教室の後は、こんな道を歩いてーー(途中からカンカン照りの歩道)ーー駿河台下まで下り、

三省堂と東京堂をめぐり、文庫本を一冊。

猛暑に戦意喪失、早々に帰りました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひょっとしてーー? きみが?? | トップ | ちいさなベランダの実り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
歩きたい木陰の小径 (林 佐知子)
2017-07-16 14:13:04
ほんとうに、こんな小径がずっと続いていたらいいですね。
夏は、木陰に入ると、ほっとします。(まだ、梅雨明けではないけれど、もう確かに夏ですよね。)明治大学のこのあたりだけ、風が爽やか。
暑くても、木陰を探して歩きたいですね。
それにしても、猛暑です! 熱中症に気をつけてくださいね。
遅くなってごめんなさい。 (ルピナス)
2017-07-18 06:04:55
林さん、猛暑にもめげずご活躍でしょうか。
ほんとうに木陰が恋しい。歩道沿いの店舗でも
一軒に一本、よい木陰を提供してくれたら。(贅沢か・・・?)そんな妄想しつつ下る歩道です。
涼しい季節よ来い、今は、
「散り敷いた木の葉の下を流れる水」
(大庭みな子さんのエッセイで見つけた言葉)に、いたく心惹かれます。

コメントを投稿

ルピナス♪ノート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL