「カラマツの下の花畑」・・・・♪

軽井沢での子供時代に作った落葉松の下の花畑ーー心は今も~!「草花」「99歳の軽井沢物語」「葛西スケッチブック」ほか。  

ブログのルーツは~  ~?

2017-05-17 | ルピナス♪ノート

おはようございます。
しばしお休みさせていただきましたブログ、再開いたします。
またよろしくお付き合いくださったらうれしいです。

でも、「カラマツの下の花畑」 って何??
それには、こんな~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ♪春になると

  子どもの頃、近所に花好きのおばさんがいたので、春にはよく花畑の手伝いをした。
 子どもたちは、みな自分のちいさな花畑を持っていて、おばさんのお余りのダリアなどの球根をもらって育てた。
 サクラソウやクリンソウ、苧環、山百合など、思い思いにお気に入りの花を植えた。
 そこは、大きな落葉松の下の、あまり日当たりの良くない場所で、5~6センチも掘れば軽石がごろごろでてきた。
 それでも、せっせと世話をしては、花が咲くとおばさんを呼びに行った。

「まあ まあ、きれいに咲きましたこと。ようございましたに」
 
 ちょっと太目の、和服姿のおばさんは、子どもたちに案内されて、5-6箇所の花畑を見て回っては、ほめてくれた。
 
 おばさんに子どもはいなかったが、毎日のように遊びに行って、石灯籠や錦鯉泳ぐ池のある日本庭園の中を、駆け回った。さぞ迷惑だったろうに、いつもにこやかだった。
 石楠花や、牡丹、ケマンソウを知ったのもこの庭から。

 toyama さんのおばさん、私の花好きのルーツは、あなたでしたね。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« しばらくお休みいたします。 | トップ | ユリノキを見に~    »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
また楽しみにしています ♪♪ (林 佐知子)
2017-05-17 14:16:12
カラマツの下の花畑には、そのような楽しい思い出があったのですね。

そのおばさまがいらしたから、花好きになったのですね。和服の似合うおばさまの、温かな声が聞こえてくるようです。

ブログ、また楽しみにしています。
ありがとうございます。 (ルピナス)
2017-05-18 01:18:25
林さん、
「カラマツの下の花畑」なんて、なんだと思うでしょう?
軽井沢は浅間山の噴火で、軽石と黒土の断層になっていて、軽石ごろごろなのです。水はけはものすごくいいのですが・・・。
春先の桜草の芽生えは、ちょこっと耳を出した子ウサギのかくれんぼみたいで、かわいくて仕方がなかったです。林さんに見せたいくらい。

花の好きなおばさんのおかげで、花好きの根っこが埋め込まれたような気がします。

行動半径は狭く、いつも同じようなこと書いていますが、懲りずにお付き合いくださいね。

       

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL