すけさん日誌

杜の都で気ままに暮らす、管理人さんの日記です。
備忘録を兼ねた記録として使えれば、野望達成。

さようなら三沢さん! 伝説への出発

2009年06月14日 | 日記とか

岩手・宮城内陸地震から1年経ち、いろいろと考えようかと思っていた矢先の事故でした。

ノア三沢光晴さん急死、試合中に頭を強打
13日午後8時半すぎ、広島市中区の広島県立総合体育館で、プロレスラー三沢光晴選手(46)が試合中に相手の技をかけられて頭を強打。病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。
県警や主催したプロレス団体「ノア」によると、三沢選手は同8時10分ごろ、メーンイベントのタッグマッチに出場。約25分後、背後から抱え上げ、後ろに倒れ込むバックドロップをかけられ、リングに倒れた。



三沢さんのことは、プロレスラーとしても大好きでしたが、それ以上に人として一番好きなプロレスラーが三沢さんでした。
ちょっとわかりにくいかも知れませんが、そこらへんがプロレスなのです。

とりあえず、コンビニで各スポーツ紙を買い込んできたところですが、未だに実感がわきません。
三沢さん関連の書籍のコレクターとして、三沢さん口調の愛用者 として、そして圧倒的三沢さん信者として、心よりご冥福をお祈りいたします。

(-人-) ナムー






ていうか、もう ガチでなくていい から、帰ってきて、三沢さん。

川田もきっと泣いているよ・・・。

。・゜・(ノД`)・゜・。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南海の脱力 | トップ | エメラルドの星光る時 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プロレスの哲学。 (青魂碧玉)
二日続けてプロレスの投稿です。 ノア三沢光晴の死の報を受け、昨晩はよく眠れませんでした。 プロレスは「ただの八百長」だなんて言わないでください。 確かにブックと呼ばれる台本の存在は周知の事実かも知れません。 でも… 常人なら絶対に耐えられないであろう脳天か...