すけさん日誌

杜の都で気ままに暮らす、管理人さんの日記です。
備忘録を兼ねた記録として使えれば、野望達成。

巨人を蹴ちらせ

2006年04月08日 | 読書とか

久々の休日、ということでムスメの相手をしながら趣味の読書などにいそしんでみたりいたしました。

野村克也『巨人軍論 ―組織とは、人間とは、伝統とは』
すべての勝負論、組織論は伝統の巨人軍から学べることは案外知られていない。強い球団と弱い球団の差とは何か?今期、楽天を指揮する現役監督が球界を斬る。


選手時代から特別な思いを抱いていた巨人に対する、ノムさん独自の組織論といった位置づけで良いのでしょうか。
実際、話の中身は巨人、特にV9時代の野球を理想とする野球論が中心になっているのですが、最終的には人間教育が肝要、となるのが興味深かったですね。

現役時代の王は偉かったとか、ON後の4番では松井くらいしかマトモな4番がいないとか、あとはフツーの野村本と大差ありません。
巨人との関わりからヤクルト時代のエピソードも多く、新書としてはお買得かと思われます。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 業務遅滞の恐怖 職場大ピンチ | トップ | 飯田産業出撃せよ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (JASPER-RX)
2006-04-12 22:46:20
これ買おうか悩んでたんだよね。

最終的な結論も、いつものノムさん本って感じのようで。

読んでみるとするかぁ。
Unknown (管理人さん)
2006-04-13 12:05:39


んー、普通のノムさん本という点は否定できません。

ただ、基本的に自分に関する話が多いノム本と比べると、

他のチームを論じている分、

ちょっと自慢話からは距離を置いた筆致でもあります。



まあ、700円前後の新書なんで

往年のヤクルトを振り返る歴史的資料として、いかがですかね。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
暴走。 (青魂碧玉)
らんくすさんご推薦の「巨人軍論」を購入すべく、 帰宅の途中で大きめの書店に立ち寄った。 幸い目的のブツを手に入れることは出来たのだが、 その書店でなんともイヤ~ンな気持ちになってしまった。 購入しようとレジに並んでいたところ、 レジ脇の特集コーナーにあたかもフ