美酒RUN-世界を駆け、ワインで乾杯ー

ソムリエランナー。かつての趣味は100回近くに及ぶ海外旅行。今はマラソン。日本で記録を狙い海外ではファンラン。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最初で最後の疑似体験

2007-09-21 | Weblog
 暑い暑いこの2日間で無事研修を終えました。サービス介助士2級取得の研修です。 サービス介助士?実はその存在を知ったのは私も昨年です。超高齢社会を迎えて御年寄や障害者の方に健常者と同じような生活ができるようなお手伝い、つまり個人がより良く生活する為にお手伝いすることを基本とする役割を担います。たとえば「排泄、入浴、食事」などのお手伝いをするのではなく、生活するにあたっての自立自助の支援をするのです。
 研修初日ですぐに行われたのが、高齢者の疑似体験でした。膝と肘にサポーターをはめて動きにくくし、手の指は手袋の上から二本ずつゆわき、足首には1キロと2キロの重りを左右につけ、白内障の見えづらさを再現する為に黄色いセロファンのゴーグルをつけました。胸には「高齢者疑似体験中」と書かれたぜっけんをつけています。杖を片手に街へ繰り出します。
 その街とは、おお、まさに東京国際女子マラソンのコースではないか!市ヶ谷の駅前の靖国通りを猛暑の昼時に怪しい姿で歩きます。まさかゴール近くの坂の手前でこんな姿でコースを練り歩くとは思わなかった。2ヶ月後には同じ所を颯爽と走っているはず。。今は数十年後の老人姿だ。
 でもこうした姿で街を歩くことによって、老人や障害者にいかに不便な街づくりとなっているのかが、良くわかりました。お仕着せの介助ではなく相手を受け入れて接することができるように意識していきたいですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メドックマラソンの最後はさ... | トップ | 初秋のクレムリンはまだ暑かった »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サービス介助士2級 (川上 博人)
2007-09-22 17:07:18
秀美ちゃん

 今度はサービス介助士2級を取得したとのこと。
全部で資格は幾つになりましたか?
会社でも (556)
2007-09-26 12:39:08
今日、本社ビルで黄緑の仮面を被った人達をたくさん見ましたよ!秀美さんの日記を読んでなければ、なんだろう?って思ったはず。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
サービス介助士 2007/08/26~09/26 (福祉住環境コーディネーター 2007/08/26~09/26)
サービス介助士についての最近の情報です。