赤い靴で 街あるき

横浜の波止場から~♪函館に。
街の散策やキッチンの片隅から。見たり聞いたりの「ひとかけら」を綴ります。

翡翠炒扇貝

2008-05-28 | Buon Appetito(召し上がれ)

  

我家に到着したグリーンアスパラ。
帆立と一緒に<おうち中華>にしてみました。
なんて読むのかわかりませんが(笑)・・和訳すると・・・
緑野菜と帆立貝の炒め物。

  
      
レシピはこちら載っていた、夏の中華
東京ウェスティンホテル「龍天門」の料理長・陳啓明さんのレシピ。

アスパラと帆立をそれぞれ、湯通し→油通し。
その後一緒に炒めて、さっと味をつけます。
味付けは塩・コショウだけと、とてもシンプルですが、
帆立の風味に、にんにく・しょうが・長葱の香りが効いた
プロっぽいお味で、とても美味しい一皿です

『暮らしの手帖』の表紙に、小さく60周年と書いてあります。
母が読んでいた頃とは、紙面も大きく変わりましたが
広告を取らずに、頑張ってるのは今も同じですね。
(広告を取ると、公平な商品テストができなくなるという考えだと
聞いたことがあります)

ある時から(編集長の交代?)紙面が明るくなり
商品テストの規模が小さくなったようです。

でも、おーっ!!っと、私が驚いたのは計量スプーンのこと。
この雑誌。大さじが18cc。小さじが6ccだったんです。
(世間一般では、それぞれが15cc・5ccなのに)
創刊当時は、料理用の大さじ小さじのない家が多かったので
テーブルスプーン(18cc)や茶さじ(6cc)でと・・・。
その後、計量スプーンが一般的になったし、今では100均で
売っているくらいです。むしろ、テーブルスプーンのデザインが
多様化しているため、今は18ccを探す方が大変なくらい。

まっ、微量な違いなのでそれほど気にはしてなかったけれど
いい加減に頑固な(笑)編集方針を変えないとな~んて
思ったこともあったので。

そんなこんなで、この雑誌を見ながら作ったのは久しぶりですが
簡単な作り方なのに、ひと味違う出来上がりは変わらないようだし
レシピだけじゃなく、記事も美味しそう。
『ケンタロウのフレンチトースト』も、彼の子どものころの
フレンチトーストへの思いなども載っていて
微笑ましく、美味しいページとなっています。

そのフレンチトーストも作りたいけれど・・・
実は『基本のピラティス』も、かなり気になっているので
やってみようと・・・思ってはみるけれど・・・

美味しい『助六弁当』も作りたいし・・・
やっぱり、ピラティスよりも食い系(料理系)が優先してしまう私。

えっ??最優先じゃないかって?

はい、仰せのとおりでございます。。。

『今日の献立』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アスパラ☆到着 | トップ | レタ玉スープ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ころこ)
2008-06-01 23:01:53
同じく最優先のころこです!
でもいいじゃないですかぁ。
美味しく食べることはおいしく生きることですもん。(ってまた勝手に 笑)

パパ直アスパラはこれはまた美味しそうな一品になりましたね。
さすがに赤い靴さんです。
さりげなく北海道の名産品に二品を合わせて。
いつもどおりに丁寧に作って。
きっとそれぞれの素材の旨味がにじみ出て、さぞかし美味しかったでしょうね。
(くーっ!うまそーっ!)

そう! (赤い靴~ころこさん)
2008-06-02 00:46:41
食べることに興味のない人とは
お友だちになれないと思っていますもの。

「暮らしの手帖」の料理ってプロの味を
教えてくれるような気がします。
中華街の中華は食べてもウェスティンホテルの
中華の敷居は高いから(笑)自宅で真似っ子
できるのは大歓迎でした
我が家はバター炒め (林檎)
2008-06-11 21:11:41
ホタテとアスパラのコンビって、美味しいんですよねぇ
我が家はバター炒めで、味付けはチョットおしょう油。
これからの季節、結構このコンビは参上するんですよね。
今度うちでも、中華風で作ってみますね。

あぁ。。。なんだか、フレンチトーストも食べたくなっちゃった。
日曜の朝、ゆったりフレンチトーストに紅茶も良いかしら?

私の方からもTBさせていただきました。
よろしくお願いします
フレンチトースト (赤い靴~林檎さん)
2008-06-11 21:53:22
この雑誌の写真がとてもいいんですよ。
渋く撮ってるんだけれどどこからか
ジュワーッと美味しさがくる感じで。

TBありがとうございます。
バター&醤油は王道!!
どちらも新鮮なときはこれっきゃないわ~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
紫アスパラ (林檎の日記)
紫のアスパラ、手に入れました練 でも、切り口はフツーのと一緒ですね。 ホタテがあったので、ホタテと一緒にバター炒め 火を通すと、グリーンに変身です。 紫のアスパラ、生食用で食べるらしいのですがホタテもあったのでつい炒めちゃいました。 生でサラ...