天と地の間

クライミングに関する記録です。

2018年末年始 八ヶ岳「阿弥陀北西稜、大同心大滝登攀」

2018年01月03日 | 冬山

年末年始は久しぶりに滝谷を考えていたが、体調不良、トレーニング不足を理由に今年も八ヶ岳となった。
メンバーは上野さん、古君、堤君。上野さん以外はともに冬山に入るのは初めてのメンバー。計画は、摩利支天大滝から阿弥陀岳北西稜の継続登攀である。
4人も集まるのはめったにないことだ。これだけいれば陸走も可能だろうと車で行くことにした。
12月29日、堤君の勤務明けを待って、大分を朝9時に出発。11時半に小倉で二人をピックアップ。長い陸走が始まった。
深夜の11時半、やっと今夜の素泊まり先である八ヶ岳山荘に到着。すでに明かりは消えている。他のお客さんの手前、車の中で酒を飲み、人心地着いたところで山荘に入る。
明けて7時過ぎに山荘出発。美濃戸口山荘を過ぎた辺りで、下山してくる2人パーティーをすれ違いざま見ると、なんと。かつて所属していたクラブの先輩、K藤さんだ。まさかこんなところで会おうとは。ひとしきり近況を話した後、別れたが、まだまだ現役で登っているようでなによりだ。こちらが元気をもらえる。
10時、行者小屋に到着。テントを立てて、摩利支天大滝の偵察に行くことにした。途中、阿弥陀岳北西稜から引き返してきたというパーティーに出会った。聞くと、ラッセルがひどくて時間がかかり引き返りたとのこと。摩利支天大滝も左右がつながってなかったという。
状況は良くないことばかりだが、行って見ての判断だ。
摩利支天大滝が見えるところまで行くと、確かに中央部分しかつながっていない。まだ発達していない。

つながっているのは真ん中のみ。しかも状態はよろしくない。


その中央部分でも登られればいいのだが。
直下に行って見上げると、状態が悪い。左右には水も流れ落ちている。
登れなくもなさそうだが、ここで時間を取られればその上の北西稜の継続が難しくなる。そう判断して、明日は北西稜を下部からつめること決め、北西稜の取付きへと偵察に向かった。
末端からトレースがついている。途中で出会ったパーティーが付けたものだろう。10分ほど上がって、問題はないだろうと引き返す。
行者小屋に帰るとまだたんまりと時間がある。当然、飲むしかない。

行者小屋ベースにて

 

31日、4時に起きる予定が4時45分に。継続を止めたとあって、緩んだようだ。
7時前に出発。ロープを出すところまで来ると先行2人パーティーが見えた。


追いついたところで話を聞くと、福岡から来たとのこと。ありがたいことに譲ってくれた。
11時、登攀終了。

 

阿弥陀岳ピークにて

1日、撤収して、大同心大滝に行くことにした。
赤岳鉱泉にデポして、沢をつめること25分。基部に到着。標高が高いだけにここは繋がっている。
不思議なことに、これだけのスケールにもかかわらず先行者はいない。幸運だ。

下部をリードする堤君


2段目から始まるメインの部分は傾斜が強く。意外に手ごわい。シーズン初のアイスとあって、動きがぎこちないのが分かる。
加えて、今回は登攀をメインにすえてセミタッチの横歯できた。やはり、縦歯と勝手が違う。 スクリューを2本セットして2mほど上ったところで不覚にもフォールした。スクリューは止めてくれた。怪我もない。落ちた悔しさよりも無事に落ちたことにほっとする。 アルパインクライミングは落ちないのが基本。今回のフォールでセッティング技術とギアの確かさを再確認したのは良い 経験にはなった。 フリーで越えたかったが一度フォールすると、テンションを入れることに躊躇がなくなる。休み休みで上部へ抜けて、二人が上がってくるのを待つ。

上部をリードする私。今期初の氷。必要以上に力がはいる。

 

終了点まじかの堤君。

 

上り終える頃、4人パーティーが上ってきた。いいタイミングだ。 左上部に小さく見えるのが後続パーティー

 

懸垂するk賀君


赤岳鉱泉名物のアイスキャンデーと大同心心をバックに撮影。今後が楽しみな2人だ。

今回は2日のみの行程であったが、ドライツール、アイスと2日なりに楽しめた。
八ヶ岳は入りやすい。通年小屋も多い。人も。逆に言えば、緊張感が落ちる。
しかし、冬期登攀からアイスクライミングまで手軽に楽しめる。もう、体力も落ちてきた昨今、機会があれば、また訪れるだろう。

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武平谷(クロスケオテ谷)遡行第2弾

2017年09月06日 | 

武平(たけひら)谷、またの名をクロスケオテ谷ともいう。両岸は高い壁が立ち上がり、正面は滝が行く手を遮る。未だに前人未踏。正に秘境である。
流れ落ちる水は清い。我々が魅せられないわけがない。

8月13日に初めて入った時は、水量の多さと寒さのために13mの滝で撤退を余儀なくされたがその折にここは越えられると確信した。
その日以来、攻略方法をいろいろと考え、水量の減る日を待った。

今回のメンバーはアリキチちゃんを加えての3人だ。9月1日、午後11前、大崩登山口近くで落ち合い、ビールを飲みながらの作戦会議。その後、車で仮眠。5時半に起床し、慌ただしく準備を整えて6時50分、入渓する。
気温は前回よりも低いが水量が減っているのが幸運だ。しかし、沢では寒さが闘争心をなぎ倒してしまう。その気温がいささか心配だ。

広タキスラブ。すばらしいスラブだが訪れる人は少ない。

 

広タキスラブを下から撮影。

 

手前が広タキスラブの取り付き。左のピークは硯岩。その硯岩と右の壁の間が武平谷。

8時半、前回撤退した13m滝に到着。
水量が前回よりもかなり減っている。滝を正面から登ろうかとも思ったが、水量が減ったとはいえ、水圧に耐えられそうにはない。上部はコケも生えている。
予定通り、やや左にルートをとる。
リスはあるようだが苔がついていてサイズが判別できない。苔をこさぎながらの試し打ちが多いため時間がかかる。今回は、回収を考えてナイフブレード、ラープを用意した。それが効きづらい。せめて横リスがあればいいのだが。

ビレイはしばらくは水中だった。

ある程度上がったところで、白きりさんを呼んでビレーしてもらう。
時折、白きりさんの雄たけびが聞こえてくる。下半身は水中でのビレイだ。寒さに耐えているのが伝わってくる。時間をかけていはいられない。そう思いながら伸び上がると突然、体が飛んだ。いつまでも落ちていく感覚がある。とまれ、とまってくれ!
頭から水面に落ちたところでやっと止まった。ビレイヤーのほうが上にいる。怪我はなかったが、ビレイヤーの上に落ちなかったのは幸運だ。

ハーケンが抜けたのだ。5mは落ちただろうか。やはり、抜けたのは効きが甘いと思っていたナイフブレードだ。
気落ちした。自分の未熟さと、久しぶりの極度の緊張と恐怖で一瞬、止めようかと頭をよぎったが、ここで止めては後はない。尾を引く。ショートルートのフォールとはわけが違う。
そう気を取り直して、すぐにゴボウで登り返す。
なんとかブッシュが生えている箇所には来たが、あるだろうと想定していたホールドもクラックもない。右に行くしかないがここもホールドなし。よく見ると、1m離れたところに小さなエッジがある。スカイフックを掛けると掛かりは良い。しかし、得てして、掛かりの良いエッジは欠けやすい。
スリングを掛けて乗り込むと、スカイフックの刃先が揺れる。もってくれと、祈る気持ちで右にそっと、乗り込む。なんとか安定したが、いつ欠けるとも知れない。いつまでも乗ってはいられない。といって、右は滝の水で濡れた岩。苔も付いている。ここは思い切るしかないだろう。苔ったスタンスに乗り移って、覗き込むと、カムが効く箇所があった。落ち口まで後2mあるがこれで思い切って行ける。
滝の落ち口に手をかけて跨いだ時には安堵と共に確信が実現したことに充実感を味わった。

滝の落ち口の3m先にある巨大なチョックストーン。ここをくぐっていく。

 セカンドで上がってきたアリキチちゃんに先行して偵察に行ってもらうと、第2核心の滝の手前に上陸できるところがあるという。これは幸運だ。
サードで上がって来た白きりさんの続いて、チョックストーンをくぐるとすぐに15m滝が現れた。
両岸は被っている。絶望的なところに掛かっている。初登者は下の滝の手前から迂回して上っている。その人の記録には、ここに下りてもどうにもならないと書かれていたがうなずける。それでもみんなの目で見ているうちに弱点が見えてきた。可能性はなくはない。しかし、ギアが足りないし、時間もない。中途半端に取付くわけにはいかない。
残念だがここで撤退と決めた。

撤退した第2の滝。側壁は前傾し、滝が行く手を阻む。

せっかく上った滝の横を懸垂で下りる。

滝を下から見上げる。

 

3段40m滝を懸垂する白きりさん。

 

近年にはなく血をたぎらせてくれる。沢のシーズは終わっているが近いうちにまた来たい。

 

明日はあそぼう会のチームに入れていただいて、鹿納谷に行く。明日はゆったりと景色を眺めながらの遡行といこう。

あけて3日、日曜日。昨夜は久しぶりに庵に泊まって談笑した。
今日はあそぼう会のメンバーは6人、大分からは私と宮さん。総勢8人の大所帯だ。
少々遅くなるだろうがちょうどいい。昨日の疲れがかなり残っている。今日は先を急がずに大自然を満喫しようと、アリキチちゃんに先導してもらう。

昨夜と待った庵から15分程度。しかも入渓まで1分あればいい。

 

入渓してすぐに開ける花崗岩の一枚岩

 

この造形美を見るだけでも来る価値がある。

 

ここへ来る時は飲料水は持たない。

 

ここから皆飛び込んだ。

 

巨大なカマの中に立つアリキチちゃん。

 

下山して一枚岩の上で憩う美女3人。

私とアリキチちゃん以外、皆、ここは初めてとのこと。皆、ここの景観に大いに満足したようだ。もちろん、私も。ここは何度来てもいい。

 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

武平谷(クロスケオテ谷)遡行

2017年08月14日 | 

昨年より延ばし延ばししていた武平谷に12日(日曜日)に入ることにした。雨量の多かったこの時期、かなりの増水が予想されるが二人の予定が合うのはいつのことかわからない。それを考えるとやむなしである。

武平谷(クロスケオテ谷)は大崩山系にある。「九州の沢と源流」によると、初登は1980年9月、それ以来、完全遡行は聞いたこともないと書かれている。八代ドッペルの遡行の記録では13mの滝の手前からボルトとスカイフックを使いながら側壁を登り、トラバースして13m、15m、13mの3つの滝の上を迂回している。途中で下りて遡行するのは不可能なような記述である。抜けるまでに延べ3日を要している。この記録と広タキスラブから見た記憶で我々は容易には近づけないことはわかっている。今回はあくまでも試登と割り切っての取り付きである。

8時10分、入渓。やはり花崗岩はいい。岩の見た目はもちろんのこと、とりわけ水のきれいさといったらない。

入渓地点。標識ですぐに分る。

飛び込むのが早い。ここは足が着いたが。

 

50mの滝。水量が少なければ、登れなくはなさそうだ。

 

40mの3段滝。これを越えるのは不可能だ。右へ巻いて上る。

 

40m滝を上ったところ。右に大きく壁が立ち上がる。真に秘境だ。

 

最初の核心点の13m滝までは 「九州の沢と源流」通りの遡行であるために割愛しよう。13mを見たときは、怒涛の如く流れ落ちる水量と傾斜の強さ、取り掛かりのなさから絶望的と思った。

行く手を阻む13mの滝。

 

 

 

上部の壁からゴルジュが待っていそうだ。

滝直下の上野さん。狭いだけに水圧はものすごい。

 

大崩山系ならではの清流。飲料水はいらない。

それでも行ってみなければわからない。可能性を探るために20mほど泳いで真下まで行き、ステミングで1mほど登ったが水圧に耐えられるはずもなく、それ以上、進むことはあきらめた。滝は岩を抉って出来ているために水量さえ少なければかなり上までステミングで行けそうな気がする。問題はカムが取れる箇所がそれまでにあるかどうかだ。滝の正面突破以外にも可能性を見出したが、如何せん、瀑布の冷気に耐えられない。10分もいただろうか。歯の根が合わなくなるほど震えだした。こうなると闘争心も萎える。ひとまず陸地へと引き返すことにした。

今日のところは滝を正攻法から攻めることは諦めて、滝の手前、左側壁に打たれたボルトが利用できないかと見ると、全て錆びており、中にはリングが朽ちかけているのもある。それでも連打されている箇所まで行けば、何本かの内、1本でも止まるだろうという淡い期待をもって、リングボルトにタイオフを掛け、エッジのある個所はスカイフックを利用して進んだ。そうして5mほど上ったが左に打たれたボルトが遠い。無理すれば行けなくはないが、錆びたボルトではホールはできない。ボルトキットは持ってきているがもとより緊急用。ボルトでの登行は頭にない。ここでやむなく、ここで撤退と判断した。

帰りにて撮影。左の壁は広タキスラブ。

 

懸垂地点(40m滝)より見下ろす。

 

40m滝を懸垂する上野さん。

 

今回は試登。唯一の成果は最初の核心である13m滝の可能性を見いだせたこと。その上には15m、13mの滝がかかると記録にはある。「九州の沢と源流」によれば可能性が無いように書かれている。上部から懸垂で下りた人の記録でも可能性は薄いようだ。我々は13mの基部より上部は知らない。とりあえずは可能性がある目先のものを一つ一つ解決して行くしかない。可能性がなくなった時に諦めればいいことだ。

先が分からないのは楽しみだ。保温を考え、水量が減った時を狙って再度来たい。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ⅱ峰奥壁人形岩ルート、【ソーン・バード】公開

2017年05月28日 | 開拓

この手の開拓に入る人は少ない。とりわけ九州においてはドラッドクライマーは絶滅危惧種。何処に生息しているかほぼ分る。それゆえここの開拓も当初は単独で入った。

左が人形岩。肌色の岩の右手に二人取り付いているのが見えるだろうか。。 

 

1ピッチに取り付く堤。被りの基部を右に回りこむ。

私はマルチの開拓はグランドアップを基本としている。当然、怖い目も見た。2ピッチ終了点のトラバースでは、行けばカムを効かせられるだろうと、祈る気持ちで突っ込んだ。ホールドが欠けて吹っ飛んだこともある。

それでも頭部に立つまではと2度、単独で入った。だが疲労度がすさまじく、開拓のモチベーションは徐々に低下していった。その後、何人かの力を借りて昨年9月にやっと、頭部に立つことができた。それからフリー化のために訪れた今日まで8か月の空白がある。強力な助っ人Tがいるが彼の休みが平日とあって来る機会がめったになかったことによる。

2ピッチをフォロー中の堤。快適なピッチだ。景色も良い。

28日、土曜日はT氏と二人で入った。フリー化のために今日はドリルもバックロープも持たずに来た。当然今日は軽い。軽く3ピッチ目まで来れた。問題はここから。いろいろとムーブ解決に工夫を凝らしたがすぐに指力がなくなりT氏と交替。彼も同様のようだ。地上を離れてすでに3時間ぶら下がっている。パフォーマンスも低下する。ビレイだけでもきつい。くわえて日も差してきた。もうこれ以上は無理だろう。秋へと持ち越そうと。エイドで行くことにした。

3ピッチ出だしの私。被り気味で最も困難な箇所。

人形岩の肩に立って小休止したのち、ここだけは解決しようと取付いたが、あと一手がでない。13を数本落としている彼をもってしても難しいようだ。替わって私が取付いたが同じくあと一手というところ。ここへ来るまでに指はもとより全身を使って疲労している。久しぶりのクラックとあってか、情けないことに彼も私も指がこむら返しを起こす始末。地上にあるボルダーならこなせないことはなさそうだが。頭部も次回の課題とし、撤収することにした。

4ピッチ、頭部に取り付く私。背面右端はニードル。かなり下に見える。今いる場所は標高600m

今回、フリー化もせずに公開するに至った理由は、ひとえに難易度。私の能力をはるかに超えているということ。そしてトライできる機会が少なく、このままではいつフリー化できるか先が見えない。ということから決断した。さらには公開することによって、トラッドクライミングが少しでも活性化すればという淡い期待である。1,2ピッチはグレードは易しい。そこだけでも良い練習になるだろう。九州以外から比叡に訪れる人は、フリー化を楽しみの一つとしてほしい。

公開したとはいえ、我々はフリー化を諦めたわけではない。ボルダー能力を高めて秋に戻ってくる。

ルート名【ソーンバード THORN BIRDS】の由来

Thorn Bird(茨の鳥)とはニュージーランドの伝説の鳥。生まれた時から棘のある木を探し求めて飛び続け、最も鋭い棘のある木を見つけると、その木のトゲに飛び込む。そして絶命する時に世の鳥の中で最もきれいな声を発するという。

一方、我々はというと、クラックの中の茨や松の葉で顔や手を突き、なんど悲鳴を上げたことか。落ちる刹那に奇声を発したことは数知れない。

 

アプローチ紹介。

比叡山頂へと上がっていくと神楽面を刻んだという岩屋の看板がある。そこより左へと入るとⅡ峰奥壁へと行ける。ここまでトイレ駐車場から15分。人形岩の取付きは神楽面の分岐点からおよそ15分。取付きに入る10m先が急傾斜となっている。人形岩への入り口は右手に20cmほどの看板を下げた。また7cmほどの黄色い反射板を要所要所に下げている。

分岐点、左側にある標識。岩屋へと向かえばⅡ峰奥壁へと行ける。向かいに下部の標識有。

 岩屋へと入る分岐点右手にある標識。ここより左へと入る。

ルート紹介。

難しいところは2箇所がある。特に悪いところは3ピッチ出だし4mの箇所。フットホールドは乏しく、クラックはシンクラック。軽く12は超えているだろう。もう1か所は4ピッチめの頭部のフェース。これも12はありそうだ。

ロープ2本あれば懸垂1回で取付きまで下降可。頭部正面下部に懸垂用終了点を設置済み。

南面であるため、夏のクライミングは無謀かと思われたが風の通りがいいため、早めに取付き、昼までに切り上げれば夏でも十分に登れる。

使用ギアはキャメロット0.5~3を2セット。エイリアン青、緑、黄色。(青、緑は2セット)、ナッツ。

1ピッチ13m グレード9 各ピッチのmは目安

2ピッチ18m    10a

3ピッチ13m    12以上 想定

4ピッチ6m    フェースルート。上部はカム必要。 12以上 想定

ルート図については、後日掲載予定。

注意点・・・人形岩のフレークは欠けやすいため、要注意。頭部から肩へと下りる際は、反対側に下りて回り込んだほうが無難。(傾斜しているために懸垂時にスタックする可能性があるため。)

最後に・・・これまで開拓に入ってくださった皆さん。お疲れ様でした。今度はフリー化で訪れてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めてのヤケダケエリア

2017年05月15日 | ボルダー

春山を終えて、ぼちぼち上半身の筋肉を戻さなければならないと、日曜日は一人でボルダーに行くことにした。場所は最近公開された比叡のヤケダケエリア。大谷エリアの上部と聞いていたので大体の目星をつけていくと、要所要所に標識を立ててくれていて、迷うことなくたどり着けた。駐車スペースには20台はあっただろうか。最近公開された人気のエリアとあって多い。

歩き始めてすぐにそのエリアの広さに驚かされた。アプローチは縦横に走り、その先にボルダーが点在している。開拓には大変な労力があっただろう。エリアは全体は広範囲に切り開かれている。地元の人の理解なしにはできないことだ。

ボルダーの周りは切り開かれている。地元の人の理解と開拓者の労力無しにはできないことだ。

とりあえずは最上部へ行ってみようと歩いていると、元クラブの後輩のO氏に会った。何年ぶりだろう。6年くらいか。近況を語り合った後、彼ら5人のグループに混ぜてもらった。先ずはアップにと、5級、4級のスラブに取付いたがかろうじて登れた。アップにはならない。ボルダーがずいぶん久しぶりなため、ランディングにばかり気を取られ、腰が引けているのが自分でもわかる。その後、1級課題に取付いたが手を出すところでビビりが入り飛び下りた。ぼちぼちと適応していくしかないだろう。

一人を除いてみんな初対面であったが気軽に受け入れてくれた。皆で登れば盛り上がる。

今日あらためて感じたことは恐ろしく指力が落ちているということ。当然、その回復力も持久力もかなり落ちている。外のボルダーをもっと取り入れなければと、つくづく感じたが足腰の持病も心配。走れなくなればアルパインができなくなる。無理に打ち込むことなく定期的に通うことにしよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加