天と地の間

クライミングに関する記録です。

映画「MERU」鑑賞

2017年02月18日 | 映画

2月11日土曜日、期待していた映画が来たので、見逃してはならじと初日に見に行ってきた。題名はMERU。

前評判が良いためにさぞ多くの観客がいるものと早めに行ったが、予想に反して少なく、かつ年配者ばかりであった。世は空前のクライミングブームであるが山を舞台にしたアルパインクライミングとなるとやはり、興味はないのだろう。

さて、肝心の感想はというと、引き込まれた。脚本されたものではなく、全てがドキュメンタリー。こういったクライミングをやって来た身には共感、共振する場面が多く感じ入った。映像も素晴らしい。カメラマンが実際にクライミングをするメンバーならである。

私も高所でのクライミング経験はあるがたかだか5500m程度。その時は順化がうまくいって行動に差支えはなかったがメルーの6500mでのクライミングは想像できない。とりわけ荷揚げ、ユマーリングはかなりきつかったであろうことが想像できる。

メンバーの内の一人は2度目の遠征前にスキーで脳挫傷を負い、脳に損傷を受けていたにもかかわらず参加を決め、激しいリハビリに励んでいた場面が印象的。よくあんな状態で参加を決めたものだ。そして、他の二人もよく連れて行ったものだ。葛藤の場面があったが死ぬ確率がかなり高かったはずである。平地ならともかくも高所である。登るための執念を感じる。それほどの壁が目標になり、よきメンバーに恵まれた3人。実にうらやましい。この映画を見てまた行きたくなった。

 余談であるがリーダーのコンラッドは著名なクライマーであるがマロリーを発見した人でも知られている。盟友のアレックス・ロウはチョーオユーで雪崩に巻き込まれて遭難した。彼は昨年、16年ぶりに発見された。

今回の映画、ボルダラーやリードクライマーは興味がないかもしれなが見れば得るものがあると思う。ジャンルが違えど同じ登る行為。攻略する情熱に変わりはない。

おすすめの1本である。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年末年始の八ヶ岳

2017年01月03日 | 冬山

年末年始に八ヶ岳に行ってきた。メンバーは白きりさん、有きちさんの3人。
八ッは今回が2回目。実に少ない。これまで避けてきたからだ。
理由は、北アルプスと比較して入りやすく撤退しやすいからである。それと九州から年末年始の長期の休みを使って行くなら北アルプスと決めていたことによる。

アプローチ途中の私。久しぶりの75Lザックが重い。

これが噂のアイスキャンディー。昼夜を問わず水を流して作っている。


今回、赤岳鉱泉に到着してあまりの様変わりに驚いた。建物は大きく綺麗になっている。個室も完備。スマホも使える。何よりも変わったのが客層である。マムートやミレー、アークテリクスのジャケットにヘルメットを被って、その上にゴーグル。そして両手にはストック。ザックは20Lほどの小さいザック。実にスマートだ。雑誌からそのまま出てきたような出で立ちの人が多い。
おそらく、小屋をベースに近くを散策したり、アイスキャンデーを登るのだろう。
我々はというと、テントベースのために荷物は多く、野暮ったい。

 

入る時間が中途半端になったためにテントを立て終えてもまだ3時。時間がもったいないので分散して明日からの行程のトレースを確かめに行くことにした。

ジョウゴ沢の氷瀑。

気温が高いために出来は今一つであった。

帰っても時間はある。テントではスマホは使えない。これが逆にありがたい。情報機器が使えない状況に身を置くと実に時間の流れが緩やかに感じる。たまには良いことだ。で、後は飲んで早く寝るだけだ。
31日、中山尾根に向かう。5ピッチのルートである。人気のルートだけに待ち時間想定されるが、取付きについてみると1パーティー3人が登っているのみだ。幸いだ。
最後の一人が登り終えた後、直ぐに取り付く。1ピッチ目が意外に悪いが要所要所にハンガーが設置してある。錆びたハーケンやリングボルト比べるとなんと気が楽なことか。 
最終ピッチはやや被っている。ひだりの草付きへ回り込めば簡単だが、ここはやはり直上したい。やや左気ピークに立ったのが12時。富士がよく見える。八ヶ岳が人気の所以だろう。明日は混みそうだ。

リード中の私

最後のトラバース。

遠くに富士が見える。手前のピークは赤岳。

1日、正月という感慨はない。その前に日にちの感覚があまりない。今日は石尊稜。4ピッチ、途中に300m程の雪稜が入る。
取付きは誰もいない。途中にも誰も窺えない。赤岳鉱泉あたりにはざっと見ても800人近くいそうだったが、壁に取り付いているパーティーが少ない。都心のクライマーは正月を外して、土日で入るのだろうがそれにしても少ない。近場の氷瀑に入っているのだろうか。もっともルートに取り付くパーティーがあまり見られなくなったのは八ヶ岳に限ったことではなく北アルプスの壁では顕著だ。
翻って、冒頭に書いたような山ボーイ、山ガールは増えている。
記録にあるように1ピッチ目が簡単そうで悪い。雪や氷が少ない分、より悪く感じる。ダブルアックスを使用する頻度が中山尾根よりも多い。1ピッチを越えると後は雪壁主体の易し部分が多くなる。
ピークに立つと今日も富士がよく見える。始めてきた時には降りそそぐダイアモンドダストのバックに見た。その時の光景は今も鮮やかに蘇る。
本日の温度、マイナス13度。ダイアモンドダストを見るにはまだまだ温かい。

正面は石尊峰

ピークまであと少し

赤岳をバックにビレイ中の有きちさん。

右のピークが小同心、左が大同心。下山はこのコルより下りた。

冒頭に八ヶ岳を避けてきた理由を書いたが、年齢、体力を考えたらちょうど良い具合となってきたようだ。足首や腰の持病もある。足首に至っては、ザックを担いでいる間、痛みが続いた。もう、北アルプスの継続登攀は困難だろう。
反面、若者がよく使っているストックを両手に持てば、まだ奥地へ入れそうな気もする。
重要なのは一緒に行く仲間がいるかどうかだ。

最後に

今回、有きちさんに食料担当を頼んだが、彼のメニューは申し分の無い内容であった。フリーズドライ主体になりがちな単調なメニューに彩りを添え、美味しく、飽きさせない内容であった。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本匠、切り株エリア「春雷RP」

2016年12月18日 | フェース
 

岩清水さんに連絡を取ったところ、日曜日は所要のため到着は10時過ぎになるとのこと。
18日、先着がいないことを願いながら本匠へと向かった。今回はどうしてもヌンチャクの向きにこだわりたい。
切り株に上るとすでに人が。春雷にはヌンチャクも掛かっている。微妙なクリップの箇所が逆向きになっている。                 今日は駄目かもしれないと、半ば諦めた。

1便目、私の核心は越えたが、トラバースの最後の箇所でホール。ロープ掛けに手こずったのがひびいたか。
2便目、下部で疲労しているのを感じる。1便目と同じ箇所でホール。ワンテン地獄に入ったか。

かわって、岩清水さんはどうかというと、夢の彼方のムーブ解決で苦労していたようだが、今日の2便目で固まったようだ。
そして、3便目に見事にRP。ムーブが解決すれば、落とすのは早い。さすがだ。

1時間半ほど休みを入れて3便目。
すでに疲労がきているのが分かる。3便目に登れることはことはないだろう。次回のために、持久トレと割切り取りつく。
4時を回って岩は急速に冷えてきている。カチを持っている感覚が2便目よりも鈍い。最後のレストポイントでじっくりと休み、核心に入る。
3便目,2便目で取り損なったホールドをなんとか掴んだが、良いところを取れずに駄目かと思った刹那。我慢して持ち替える。
ここれが功を奏した。ここまでくればもう落ちれない。 気合でトラバースする。
終わった。
終了点にクリップをした瞬間、雄叫びもガッツポーズも出ず。
淡々とブラシを掛けながらロワーダウンしたが、思いは深い。


5年前、比叡のボルダーで肩を痛めた。
痛めた当初はあまりの激痛で満足に寝ることも出来なかったが、ひと月ほどすると若干、痛みが引いた。
だが、登ると痛みが走る。当然、満足に登れない。
病院で精密検査を受けると、診断は腱板断裂。クライミング生命にかかわる症状だ。手術をしても何処まで回復するものか分からず、かなり悩んだがこのままでは前には進めないと、手術を決断した。

手術内容は切れた腱は放置、剥がれかかった腱板は6本の杭を打ち込んで止めたとのこと。それを聞いて、もうかつてのようには登れないことを認識した。
痛みが引いたとしても、人より少ない靭帯でどれだけ登れようか。筋力で補助をしてもたかだか知れている。無理をすれば再断裂は目に見えている。10が登れれば良いとするべしか。
次の日からつらいリハビリが始まった。リハビリ中は激痛。安静時も痛みが走る。寝る時は横になることも出来ず、座椅子で上半身を45度に起こして寝る日が3ヶ月続いた。睡眠時間は3時間取れればよいほうだった。

術後、7か月。ドクターと相談後、リハビリクライミングを再開した。
トップロープで9からスタートである。痛みを我慢しながら少しずつ距離を伸ばしていった。
術後、2年経っても一向に痛みが引かない。力も入らない。
手術は失敗ではなかろうかと、 病院を替えてMRIから取り直した。担当のドクターの弁は、一般の人よりは極めて再断裂をしやすい状況にある。日常生活に支障がなければ再手術する必要はないのでは。クライミングを止めるのも選択肢の一つですよ。とのこと。止めるのであれば誰が手術をしようか。
この日から医者に頼るのを止め、リハビリに専念した。その甲斐あってか、昨年から安静時の痛みがなくなり、12くらいのルートをトライできるまでになった。
しかし、左肩に負担のかかるムーブになると左手を出すことを躊躇する。足切れなど論外だ。リミッターがかなり落ちている。だが、逆に言えば、そのリミッターのおかげで再断裂をせずにすんでいるといえる。おそらく、今後、このリミッターは下がることはあっても上ることはないだろう。
痛みは引いたが不思議と痛めた方の肩から前腕にかけては筋力は元のように付かない。
これからも左腕に負担の掛からないようムーブを工夫する、柔軟性を上げる。などすればなんとかやっていけるような気もする。岩ではそれができる。

今も無理をすれば痛みが走る。肩は四六時中張っている。このため、限界グレードのクライミングは2日連続では出来ない状況だが腱板断裂当時を考えれば贅沢はいえない。登れるだけでも仕合わせだ。
皆のおかげでここまでこれた。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

比叡Ⅱ峰奥壁人形岩開拓終了

2016年09月11日 | 開拓
9月10日土曜、つつみ君が休みというので久しぶりに人形岩に開拓に行く計画を立てた。
この時期はまだ暑い、とりわけ人形岩は南面。もう少し待ちたいところだが彼と行ける日がいつになるかわからない現状にあっては行けるときに行っておくにこしたことはない。

8時過ぎ、取り付きに到着するとすでに岩は日差しを照り返している。これでは中途半端にムーブを解決していたら無駄に時間をかけてしまうだろう。
今日のところはムーブ解決は行わず、次回に開拓道具の荷揚げをしなくてもいいように最終ピッチの開拓を仕上げようと決めた。


グレードはたいしたことはないが、脆いためにより緊張する。

1ピッチはグレードは低いが久しぶりのクラックとあっては緊張する。
終了点にたどり着くとすぐに荷揚げにかかる。ホールバックがやけに重い。これを3回繰り返さなければならないと思うとため息が出る。
セカンドが上って来るとすぐに2ピッチ目に入る。荷上げ、ビレイと休む間はない。それでもソロでの開拓を思えばどれほど楽か。相方の存在は大きい。


最初は快適。

2ピッチ目は身体もなれたが、緊張感は変らない。特に終了点手前のトラバース部分はフォールした経験がるために緊張感が増す。暑さに加えて緊張もあり手がぬめる。左手アンダーから右手クロスで次を取った時、浅いところを取ったために、ぬめった手が滑りフォール。
4mほどフォールしただろうか。以前、ホールドが欠けてフォールしたことがトラウマになっているのか。バックロープで後ろに引かれる影響もあるのかもしれない。メインロープ、カムの重みも原因のうちかとわが身を慰め、体勢を整え再チャレンジ。何のことはない。すんなりいけた。たんなる思いきりのなさだ。
思えば、初めてここに来た時はソロだった。トラバースすればカムを噛ませられるだろうと出たと勝負で突っ込んだ。幸い、カムが効いてビレイ点を作ることが出来たが、今はその度胸はもうない。


ここからトラバースに入る。

3ピッチ目、ここのピッチが核心だ。それもしょっぱなに始まる。薄被りのシンクラック。指先半分が掛かればいいほう。今日はムーブは探らないと決めたものの、やはり試したくなる。何度かやったが、絶望的に悪い。あきらめてエイドで越える。越えてもシンクラックは数m続く。はたしてプロテクションを取る余裕があるだろうか。せめて足さえあればよいがそさえない。落ちれば確実にビレイヤーの下まで行く。グレードは12を軽く超えているだろう。


核心部を越えたところだが・・・

こんなところを行けるやつがいるのだろうか。自分の限界をはるかに超えた無謀なことをやっているのではないか。諦めた方がいいのではないかなどと、これまで何度も頭をよぎったが、今までに何人かの人が開拓に入ってくれている。それを思うと簡単には諦めがつかない。


少しでも陰を求めて一息の私。

3ピッチ終了点に着いて荷上げすると、すぐにボトルを取り出しのどを潤す。とにかく暑く、のどが渇く。
3ピッチの終了点(肩の部分)で20分ほどの休憩の後、頭部のボルト設置に取り掛かる。
ボルトを設置後はやけに疲れたために、相方に代わって試登してもらう。
取り付から悪い。相方はすぐにあきらめ、A0で越える。彼も疲れている。最後はカムをかませて頭へ。
次にフォローする私も一部A0になる。それでなんとか頭へとたどり着いた。


やっと立てた。

今日はフリー化こそしてないが、当面の目標の頭に立つ事ができた。それが収穫だ。
後はフリー化。頭部はなんとかなりそうだが、3ピッチ目は出来る気がしない。それでもチャレンジはするつもりである。
次回はもう荷揚げをしなくともよい。しかし、長く放置してきたためにまた掃除をしなければならない。
良い時期に狙って取り付こう。

最後に、開拓に加わってくださった方々にこの場を借りて御礼を申し上げます。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

丸木谷遡行

2016年08月29日 | 
8月上旬、石並川ゴルジュを遡行した後、支流の丸木谷のほうが面白いんじゃなかろうかと、今回27日丸木谷遡行を決めた。

メンバーは熊本から上のさん、有きちちゃん、かわこう君、大分からは私一人。
4時に起きて6時に集合場所の石並川キャンプ場着。前夜入りの皆さんはすでに準備を終えていたので急いで着替えて、2台で入渓地点へ向かう。


入渓地点に架かるいのとばし

こういう字を書く

7時、入渓。
このところの日照りの影響でやはり水温は高い。水は綺麗だ。
ルート図の案内通り、小さな滝が次から次へと現れる。そして、石並川までは行かないまでも泳ぎは多い。


すぐに泳ぎが始まる。




2条の滝の右を登る。


石並川の名の由来の柱状節理。
脆いため、滝の手前の側壁は巻きに注意が要る。


傾斜は緩いがえてしてこういうところが危ない。


立った滝は概ね順層のため手がかりは多い。


直登する後続。落ちても下は釜。

滝はどれもさして難しくはない。
とはいえ、1箇所だけ3mの悪い滝があった。フェルトでは滑り、何度も弾き返されたために、アプローチシューズに履き替えようかと思ったほどである。ここは先に登った有きちちゃんのお助けスリングを借りて楽して越えた。
登れない長い滝は3つほどあっただろうか。


スタンスを探すのに苦労したところ。


同じくかわこう君。

一つ目は右に巻き、二つ目は左、最後は右に巻いたように記憶する。
巻くのは容易だが、柱状節理という岩質さながら、浮石が多いため注意が必要だ。




最も楽しめてた滝。


最後のほうで現れた15mほどの滝が一番楽しめたと言える。流れのやや右側を直登し、抜け口直下にナッツをかませて落ち口を左へとすり抜ける。この箇所が悪いが前半が階段登りに近いためにピリッとしたものを与えてくれた。

今回の丸木谷、石並川の支流であるが次から次へと現れる滝が飽きさせなかった。水質も良い。
良い沢だった。


タイム
入渓:7時
終了点:10時50分
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加