夫婦で山歩き

ゆっくり里山を歩きながら、山野草を楽しんでいます

ハエドクソウ

2017年06月22日 | 山野草
ネットで調べると、

「ハエドクソウ」はハエドクソウ科ハエドクソウ属、
筒形で咲きは唇形となり、上唇は浅2裂し、下唇は広く開いて3裂する。
和名は、蠅毒草の意で、この植物全体に有毒成分があり、
根をすりおろしたり煮詰めた汁でハエ取り紙をつくるのに使われていたことに由来する。

とあります。


6月18日に見てきた花です。
「ミヤマタゴボウ(ギンレイカ)」と思って帰ってきましたが、よく見ると…

ギンレイカはサクラソウ科オカトラノオ属

全体を見ると、オカトラノオのような姿です♪
ギンレイカに似ていますね~


でも、アップでみると


上唇が2裂、下唇は3裂


「ハエドクソウ」の特徴そのものです
サクラソウ科の花のようには見えなかったので、気にはなっていたのですが…
納得です。ありがとうございました。


「ギンレイカ」をネットで調べると、
先は5裂し、裂片は円く、あまり開かない。
葉裏には淡紫色の斑点が多数ある。
とあります。

今度は、葉っぱの裏側をしっかり確認してから帰ってきます。
どうも失礼しましたm(_ _)m
『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 虚空蔵山…九州のマッターホル... | トップ | 天山…ヤマトキソウを観てきま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL