真冬の冷やし中華

2016-12-13 14:14:18 | ヘルパーのお仕事
視覚に障害があって 肺の病を持っていて
なおかつ 胃ろうのお母さんの面倒を見ている
そんなSさんのリクエストにお答えして
冷やし中華を作った

三時間のうち
家中の掃除と 花の水やりと
細々した片付けと 買い物をして
残り時間あと20分で
冷やし中華を作った

かなり頑張った!

Sさんは大病後 体力が衰えてしまって
以前は一緒に歩いて買い物に行ったのに
もう車イスでしかいけなくなっている
少し動くと 肺が対応できないで
結局心臓に負担をかけて息切れがひどくなるのだ
ほんとうに 気力だけでもってる

食欲もなく 食べると吐き気におそわれ
満足に食べることができない
でも 自分が今食べたいものならば食べられるようで
ここのところ彼のリクエストに答えて
あれこれつくっているのだ

なんと 実は同い年で つい思い入れを持ってしまい
いろいろに対応してしまう

まあ そんなこともあっていいでしょう

今日の冷やし中華は
美味しそうに召し上がっていて
ほっとした
『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« はりねずみ! | トップ | 一人のみの夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ヘルパーのお仕事」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。