日々遊行

天と地の間のどこかで美と感じたもの、記憶に残したいものを書いています

川越氷川神社の風鈴 埼玉県川越市宮下町 

2017-08-09 | 神社仏閣

3日前の日曜日に川越にある氷川神社の風鈴まつりに出かけた。
夏の風物詩のひとつ、風鈴。

風は不思議な力があり、また人の想いを運ぶとも信じられ、
風のそよぎによって鳴る風鈴の音は、邪気を祓うと考えられていた





川越の氷川神社は二組の夫婦の神様が祀られていることから
夫婦円満・縁結ぶのパワースポットとして古くから親しまれてきた。

アシナヅチノミコトとテナヅチノミコト夫婦。
その子共がスサノオノミコトとクシイナダヒメノミコト夫婦。
そしてスサノオとイナダヒメの子が
出雲大社の縁結びの神様として知られるオオナムチノミコト。
この5柱の神様が祀られている。

境内は木枠で作られた風鈴のトンネルがいくつもあり
2000個の風鈴が境内を飾り
夜はライトアップで境内がいっそう神秘的に変化していた。



風鈴をイメージしたミネラルウォーター。



川越の氷川神社は、HPをはじめ、御朱印帳やお守り、
隣接する氷川会館の「むすびcafe」で販売している様々なグッズのデザインが
おしゃれで本当に可愛らしいものばかり。
大勢の人が訪れ、揺れる風鈴の夏を過ごしていた。

風鈴回廊は9月10日(日)まで
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕刻の虹 | トップ | 真夏の東京蚤の市 大井競馬場 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿