日々遊行

天と地の間のどこかで美と感じたもの、記憶に残したいものを書いています

「屏風にあそぶ春のしつらえ」展 泉屋博古館

2017-04-29 | アート・文化

 六本木1丁目にある泉屋博古館(せんおくはくこかん)で開催中の
「屏風にあそぶ春のしつらえ」展。
華やかな春を、工芸品や絵画で楽しむ季節の美術展だった。

今回の見所ともいえる作品、「二条城行幸図屏風」は圧巻の作で
第108代の後水尾天皇(ごみずのおてんのう)が三代将軍・徳川家光の招きに応じて
二条城に行幸する様子を描いた屏風。

上段に後水尾天皇と中宮和子(まさこ)ら公家の一行が二条城に向かい
下段は徳川家光ら一行が天皇を迎える構図が描かれている。

そしてその行幸を沿道で見物する人物が生き生きと描かれていて
おしゃべりをしたり、酒に酔ったり、喧嘩したり母親が子供を引っぱったり…と
パレードを見るようなにぎわいだ。
民衆はさまざまな階級で装いが違い、細かい描写は驚くばかりで
この屏風に描かれている人数は3200名という膨大な数。(作者不明)


四季草花図屏風 伊年印 江戸時代17-18世紀

春夏秋冬の草花が60種類ほど描かれた屏風。
解説にはそれぞれの名前が紹介されていた。

桜図 菊池容斎 弘化4年(1847)

描かれた桜は当時の上野寛永寺の桜だという。
ほんのりと染まる桜が全体を覆う淡い春の情景。

十二月美人(四月 郭公) 上島鳳山 明治42年(1909)

安土桃山時代の美人だろうか。
書をしたためている手を休め、聞こえてくるカッコウのさえずりに耳を傾けている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ラナンキュラスの変わり種 ... | トップ | 草間彌生「わが永遠の魂」展... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。