寝夢裡飯菜のケチュア語日記

青木芳夫のブログです!
ケチュア語の練習帳です!

旅する音楽 ペルー編

2016-10-15 | ペルー・クスコ・ユカイ

もうだいぶん前になるが、オダギリジョーが案内役をするTV番組の「旅する音楽」でペルーが取り上げられていた。

ペルー音楽のルーツを山岳部の先住民系の音楽と沿岸部のアフロペルー系の音楽に求めて、旅するものだった。

先住民系の音楽で最後に紹介されたのがチチカカ湖の中のタキーレ島であり、7月のタキーレは乾季で、真っ青な空のもとで島の祭りで、歌舞音曲が神々に奉納されていた。

私が興味引かれたのは、島のおとなの男性たちが、カメラの前でも普段通りにケチュア語で話していたことだ。これまでの番組だと、おとなの男性はスペイン語で話すのがほとんだだった。もちろんスペイン語も話せるのだが、またスペイン語まじりでもあるのだが、なかなか気持ちの良いケチュア語が、たくさん出てきて、すがすがしい気分になったんだ。

タキーレと言えば、M先生はお元気にしておられるのだろうか、気になります・・・

『ラテンアメリカ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« maskhamuyki3 | トップ | アフロペルー音楽 »

あわせて読む