浅田真央ちゃんに あいをこめて

真央ちゃんを日々 大好きだぁと つぶやきながら おもに 動画とか ほかもちらぁ
ときどき他の方も      

ちら 今日 19日も ついったーへで 真央ちゃん関連+

2017-04-19 23:05:32 | 日記
ちら きょう19日も ついったーへで 真央ちゃん関連 こっ この曲わぁで

おもわず いいね してですぅ



tube版 のも 載せておこうっと


えぇー そうなのぉ で おもわず てがぁ



えっ こづくんが 真央ちゃんのことを  こんなふうに いってだったのぉで



表紙かぶってると つぶやかれての かたが こちらも


あっ わかるなぁ で おもわず ぽちっとで


いつも 素敵な 真央ちゃんのをの かたも こんなふうに つぶやかれてで


【五輪を語る 産経新聞特別記者・佐野慎輔】言い訳しなかった浅田真央
というのを ついったーで おしえて いただいてで

ソチ五輪でスケート靴の違和感を言い訳にせず、会心のフリー演技後に涙した浅田。
誰からも愛された存在だった

娘や妹、あるいは姉。同級生、憧れという人もいたかもしれない。
浅田真央は一緒になって泣いたり笑ったり。自分事のようにハラハラ、ドキドキ
したりできる稀有(けう)な存在であった。
だからこそ、新聞やテレビがこぞって現役引退を大きく取り上げたのである。
いろいろな方がさまざまに「真央ちゃん」を語る。なかで、
4月12日付読売新聞の小塚嗣彦さんの話が目に留まった。
小塚さんは崇彦選手の父、自身も1968年グルノーブル五輪に出場した。
浅田の臨時コーチを務め、近年は、彼女のスケート靴のブレード調整を任されていた。
記事によれば、2014年ソチ五輪の団体戦を終えた後、モスクワで調整を望んだが、
アルメニアでの練習を余儀なくされた。質の劣る氷に短期間でブレードが摩耗、
それがショートプログラムで「大きく出遅れた一因になったとの思いが拭えない」とあった。
急遽(きゅうきょ)、研ぎ直し、世界を感動させたフリーの演技につながったという。
初めて知る話だった。小塚さんは「言い訳にしなかった真央は本当に立派です」と話していた。
記事を読み、ひとりの男の顔が浮かんだ。

鈴木恵一。日本スケート連盟前副会長で明治大学スケート部監督である

1960年代、「金メダルに一番近い男」といわれた。64年インスブルック五輪で5位に入賞。
その後4年間で3度、世界選手権500メートルに優勝。大きな期待を背に68年グルノーブルに臨んだ。

だが、結果は8位に終わった。試合前の練習、スケート靴に違和感があった。
あわてて調べるとブレードが欠けていた。屋内リンクの今日では考えられないが、
風が運んだ小石を踏んだのだ。不幸が重なる。研ぎ直そうにも砥石(といし)がない。
刃が欠けたら、まず荒砥で研ぐ。中砥でならし、仕上げ砥で調整する。
だが飛行機の持ち込み重量制限から、重い荒砥と中砥は置いてこざるを得なかった。
選手団として運ぶ今日ではあり得ない。「泣きながら砥石をかけていたなあ」
プロ野球の西武ライオンズ広報時代から親しくしている鈴木さん、いや「ケイさん」から
後年、無理に聞き出した話である。彼もまた、言い訳を潔しとはしなかった。

 ケイさんはグルノーブルの後も幾度か、世界記録を更新。72年札幌五輪では
日本選手団主将として選手宣誓も行った。しかし、「一度は引退を口にしていたし、
札幌だからと現役復帰したけれど、もう燃えなかった」と振り返る。

それでも今まだ、五輪に関わっている。五輪には魔物が棲む。

年齢制限で出場できなかった2006年トリノを含め、浅田は魔物をも
魅了したのかもしれない。だからこそ、いつか、ケイさんのように
五輪の世界に戻ってきてほしい。

という 記事が さんすぽで あってだったです

えっ 真央ちゃんのまた 発売に なるのぉ な つぶやきが


つづいて が こちらの だったです


すっごい 素敵で かわいい 真央ちゃんを えがかれてのかたがぁ そして 
つぶやかれてのが また うれしかったもので



あっ やっぱり ナンバーのあの 表紙に は みなさま いろいろとで

今日も 


あっ こちらのかたも 


えっ 第7回目ということは この記事のまえにも あってだったのかなぁ
ごめんよぉ そこまで 把握してないような きがぁ

きょう その7回目のを おしえていただいてで あおぉおお と なりながら
7回目のを ちら

浅田真央 3回転半の回答はパーフェクト/
日刊スポーツ

浅田真央と小塚崇彦さん(7)
現役引退した浅田真央(26)のフィギュアスケート人生を振り返る連載
「浅田真央と○○」の第7回は、幼少期からの親友であり盟友の小塚崇彦さん(28)
が登場。引退会見でのぞいた魅力を語る。

会見でも終始笑顔を保とうとしていました。最後も泣きそうになりながら、
必死にこらえて。
自分のことをよく分かって、ファンの方が自分がどのようにいてほしいかを
分かっているからこそ、そういう風に立ち振る舞える。
それは彼女が競技生活で身に付けた人間力。
ソチ五輪のフリーの時も「泣いてちゃいけない」と、演技後に
涙で笑みを浮かべていましたよね。

人がどういう風に思って、どうしてほしいかとかを考えるのがすごくうまい。
もちろん芯を持った上で。だからこそ彼女の演技は魅力的だったと思います。
いつも相手の求めに応じて考え尽くす。

会見ではトリプルアクセルにどう声をかけたいか聞かれて
「なんでもっと簡単に跳ばせてくれないの」。あれは僕的にパーフェクト。
緊張する場で質問されてあの言葉がポンと出る。すごいなと。
素直に出た彼女ゆえの回答だなと。

小さい頃から知っていますが、彼女も他の選手同様に負けず嫌いです。
どっちかというとフリーが強かったイメージがありませんか。
SPでちょっとミスしてしまい、ミスを挽回するところで負けず嫌いを発揮している。

よく「ノーミスで」とも言っていましたが、このスケート用語がここまで
世の中に浸透したのは彼女が言い続けていたからでしょう。

これからは勝負のリンクではなく、表現のリンクで滑ることになります。
プロとして、見ている人が何を求めているのか、それにどう応えるかが
より重要になってくるかと思います。
人間力あふれる彼女がどんな表現で演技をしてくれるのか、とても楽しみです。

◆小塚崇彦(こづか・たかひこ)1989年(平元)2月27日、愛知・名古屋生まれ。
5歳で競技を始める。06年世界ジュニアで日本男子3人目の優勝。
10年バンクーバー五輪8位、11年に世界選手権銀。15~16年限りで現役引退後、
16年4月から所属先だったトヨタ自動車に入社。今年から雇用形態を変え、
アジア地域へのフィギュア普及活動などに乗り出している。
16年2月にはフジテレビ大島由香里アナウンサーと結婚した。

えっ そんな はなしが でとるのぉを 教えていただいてで


わぁお こんな 素敵なつぶやきも きたぁ ほんとになぁ うんうんで


いつも 素敵な 動画を 投稿くださっての 動画主様が 今回
真央ちゃんので また 投稿くださってで

紹介を してです 


Triple Axel Revolution【Thanks Mao Edition 】真央ちゃんありがとう
という 表題に なってで

真央ちゃん21年間本当にお疲れ様でした。夢と感動をありがとうございました。
新たな世界でのご活躍と幸せを心よりお祈りいたします


と 動画紹介に あってで そして えぇ ディリーでは 完全版 
(中島美嘉バージョン に また わぁおで そちらへも リンクしてです

http://www.dailymotion.com/video/x5ip61m

まだ まだ いっぱいのシーンあってなのに 画像を そこまで いれられんで
ごめんなさいですぅ

今日も ちっと かえりが 遅くだったもので … あしたも 遅くなって
なんだけどね 真央ちゃん いつも かんじんの ときに こんなで ごめんよぉ

動画主様 ツイッターで 真央ちゃんあい つぶやかれての みなさま
いつも 真央ちゃんあい ありがとうございますぅ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日もまた 真央ちゃんのこ... | トップ | ラファが真央ちゃんのことを... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。