Runrun日記

~ わがままを控えて一日全う、ひび楽し ~ 団塊世代の独り言
(写真はクリックすると大きくなります)

告別式

2017年07月06日 | 散歩道


最近は、貘さんの詩ばかり読んでいます。告別式という詩があって、

「・・・/ぼくはある日/死んでしまったのだ/奴もとうとう死んでしまったのかと/人々はそう言いながら/煙を立てに来て/次々に合掌してはぼくの前を立ち去った/こうしてあの世に来てみると/そこにはぼくの長男がいて/むくれた顔して待っているのだ/なにをそんなにむっとしているのだときくと/お盆になっても家からの/ごちそうがなかったとすねているのだ/・・・/金のかかることをほしがるのかとおもうと/地球の上で生きるのとおなじみたいで/あの世も/この世もないみたいなのだ」

と あった。

自治会の役をしていた時の先輩が亡くなって、今日は告別式に行ってきました。
肺ガンだったとの噂を聞きました。タバコをいつも吸っていた人だった。タバコを吸っていたから肺ガンになったとは言い切れまいし。
生きるという事は、どうゆうことなのか、死の向こう側にも何かあるのだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 結婚願望 | トップ | 梅雨明け? »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む