Runrun日記

~ わがままを控えて一日全う、ひび楽し ~ 団塊世代の独り言
(写真はクリックすると大きくなります)

昨日は息子の結婚式でした

2017年07月17日 | 散歩道


四月からすでに同居し、五月に入籍を済ましている息子たち夫婦が、昨日、結婚式と披露宴をあげました。結婚式は、土・水・日の神を祭る由緒ある神社で。披露宴は高級・老舗の料亭で。

息子夫婦は、ランニングの付き合いで知り合ったようで、神社にはランニング仲間たちがたくさん集まってくれました。早朝、名城公園に集まって、そこから走って来てくれたとか。カメラの前に一列に並んでRunのポーズで祝ってくれました。

暑い日で、神殿の中は沢山の扇風機が回っていました。
四十数年前に私も神式で結婚式を挙げたけど、こんなに丁寧にしたかな? 父親のすることは玉串奉奠。玉串は時計回り、時計回り(新婦さんに練習するよう言われていた)・・・、巫女舞があって、斎主祝辞。女性の斎主で、祝辞で花嫁に・・・綺麗な御着物ですね。お家に代々続くものですか・・・とか聞いたそうです。私は緊張していて、何を言われたかよく分からなかった(悲)

そのあと、タクシーで高級老舗料亭へ移動。私ら貧乏人は、こんな時に奮発しないと入れない!!!!

結婚式・披露宴は息子たちが勝手に仕切って、両親はどうなる事やらわからない。そういえば、私の結婚式の時も、私が全部仕切ったので、妻の母親は不安だったとか。今度は私が不安だったのだ!

会食形式の披露宴とかで、美しい庭と美味しい食事で歓談するのが狙いとか。司会とか、主賓挨拶とか、お色直しとか、ケーキ入刀とか、一切なくって進行は、新郎である息子が自ら進めていった??? お客様に失礼はないか? 私は不安だったのだ(笑)

乾杯の音頭をとった私の兄が、少しだけ祝辞を述べた。
・・親の愛は無償の愛。代償を期待してはならない・・と聞こえたが。そんな事は、親になれば分かるわい!

多くの友達や親戚に囲まれて、息子夫婦は幸せそうでした。
さすが、私の息子。いい結婚式と披露宴を演出しました。二人の幸せを祈ります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 梅雨明け? | トップ | 今日は病院へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む