Blaze Button down Boy Always TRAD

「楽装喜服」
服を着る、装うことは自分を表現する芸術だ。

ボタンダウンのシャツに袖を通し僕の一日が始まる。

ベストセラー

2016-10-14 16:28:20 | 映画

今日からの映画「ベストセラー』を見にミリオン座へ。
ヘミングウェイとフィッツジェラルドを世に出した編集者マックス・パーキンス
舞台は1920~1930年代のニューヨーク
スリーピースにウールコート、センタークリースがズーット登場。
編集者の力、指示で原文をそぎ落としていく。
反面、なぜ削るのかと・・・

ジャズ・バーではバーボン、ドライ・マティーニと注文をする。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チョット疲れた | トップ | 詩人茨木のり子の会2016.10 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
配役 (trad.kazu)
2016-10-14 17:07:48
ジュード・ロウ
ニコール・キッドマン
コリン・ファース
面白そうですね! (TARTAN)
2016-10-14 20:03:10
kazuさん

映画の中から着こなしを学ぶことが多々ありますよね!

ウールのコートはチェスターフィールドですか?
昔はよく好んで着ておりました!
色々 (trad.kazu)
2016-10-14 21:10:35
TARTANさん
この時代は綿より毛なんですね。
大きくて長めで..…
ピークトラペル、ダブルブレスト、トレンチも

編集という仕事の面白さを見ました☺

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。