Blaze Button down Boy Always TRAD

「楽装喜服」
服を着る、装うことは自分を表現する芸術だ。

ボタンダウンのシャツに袖を通し僕の一日が始まる。

詩人茨木のり子の会2016.10

2016-10-16 17:45:50 | 

今日は西尾文庫での定例会。
新たな出会いと共感、嬉しい時間を過ごした。
今日も勉強したなあ・・・の感。
この『娘たち』文句なしにいいねえ!
昔の人との対話がある~特に女性は母の物を身に着けたりは今でも有りますね。
嬉しい詩と出会いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベストセラー | トップ | トリエンナーレの当番を終える »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
普段着 (trad.kazu)
2016-10-16 19:43:51
普段着の言葉、事柄、どこの家にも有ることが
自然と..…のり子さんの言葉となって。
あぁ..…そうだと感じることがいっぱいだ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。