Blue Moon Cafe

~since1999~

第一印象から決めてました

2017年06月12日 | 瑠璃色ノート
17時。仕事の最中に震える携帯。(ハっ!)として立ち上がり廊下に走る。
「おかあさん、内定もらったよ、電話、今きたよ」と娘からの知らせに感極まる。

先週月曜に最終面接を受け(社長の似顔絵まで描き)、結果は土曜の夜に出るはずが、
予定時刻に着たのは、まさかの延期メール。『選考スケジュールに遅れを生じており
12日の18時まで通知を延期させていただきます』とは。バンザ~イ、無しヨ状態。
1週間のドキドキとそわそわと、直前までの心臓バクバクをどうしてくれるんだ一体。
はて、
選考が遅れて?とは?社長面接まで到達した人数が採用予定より多くて難航している?
有力候補者が他社の内定もらったら採用順位が変わるから、その連絡待ち?
頭の中をぐるぐる不安の渦が巻く。ダメだもう駄目だ、諦めて次に気持ち切り替えるべき?
ヘビの生殺しのような二日間を耐え、めでたく合格連絡をもらい安堵して「ヤッター!」
と嬉しさ爆発と同時に押し寄せる(果たしてこの会社で本当に良いのか)という不安。
まるでマリッジブルー。

大学の就職課の先生に、この会社を受けてみたいのですが、と相談したら、頭ごなしに
「ここは競争倍率激しいし、ウチの大学からはここ何年も入った学生いないからムリ無理」
と否定され、闘争心に火がついた1月からの戦い。

就活は恋愛とかと似ている。
親の反対を押し切り、大勢のライバルの中高嶺の花に必死のプロポーズ、
そして相思相愛いざ結婚、まさかのマリッジブルー。
もっと良い人(会社)にもアタックできるかも、という欲も出る。
でも結局は最初の直感だよね。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 似顔絵が吉と出るか | トップ | 母校への貢献 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む