Blue Moon Cafe

~since1999~

とはいえ嬉しい給料日

2017年01月25日 | 瑠璃色ノート

今日も8to8(朝8時前に家を出て会社に行って、夜の8時頃に帰宅する)。

やめたいな、と思うこともよくある。通勤も片道一時間かかるし、雪道運転はコワイし。

雑用が主で、別に私じゃなくても出来る仕事だし、その割に作業量が膨大で面倒で疲れる。

仕事しなくても年金と貯金で細々と慎ましく暮らすことも出来る、という切り札もある。

でも仕事もせず家で日がな一日テレビと猫がお友達、な毎日には有益なものが何も無い。

フライング老後みたいな母親より、働く女性のリアルな姿を見せた方が娘のためになるし

この歳で雇ってもらったのも有難いし、大学の学費と生活費が賄えるお給料はやはり魅力だ。

自分で稼いだお金で週末に外食したり、お酒を飲んだり、自由に買い物出来る喜びもある。

天職でもなく好きなことを仕事にしているワケでもないし、褒め称えられることも無いけど

私が面倒な作業をキチンとこなすことで会社がうまく回っている、ということは分かる。

私は会社の役に立ち、社会の役に立っている。だから辞めたくなってももう少し頑張る。

『やりたくないことでも無理して我慢して頑張るのはホントの意味での頑張りじゃない』

なんて言われたくない。仕事を目的とするか手段とするか、頑張る人にホントもウソも無い。

誰しも「やることキチンとやって報酬を得ることは誇らしい」と思ったっていいじゃん。

直接言われたわけじゃなく、ちょっと目にした文章だったんだけど。なんだか消化不良で。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おひとりさま(割烹) | トップ | ちょっと苦手の向こう側 »
最近の画像もっと見る

瑠璃色ノート」カテゴリの最新記事