かわたれどき通信

それはいつどんな時でも起こりうる崖っぷち通信

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山田くんワカメソフト持ってっちゃって

2006-12-19 02:14:37 | たべもの
さてさて、ようやく再開するとか言っちゃったくせに特にネタもなにも用意してなかったもんで
(新聞各社巡回したものの茨城関係の話題も特になかったし。まあ平和でいいんですけど)
早速一日空いてしまったわけですが、とりあえず空白期間中に行った場所とか食べたものとか
そういう話から始めていこうと思います。なんだかんだで不定期更新になりそうですが…。


今年の夏休みは四国行ったあと下妻とか牛久大仏とか近場しか行かなかったんですが
9月になってから北海道&東日本パスなる青春18きっぷに似て非なる切符を使って
久しぶりに東北を巡ってきたんですよ。宮城に秋田、岩手、そしてかすかに青森。
この時の目的は2つあって、一つが青森にある「不老ふ死温泉」に行ってくること、
前々から行きたい行きたいと思ってたんですけど、これがまたすんばらしいんですわ。
もう絶景絶景また絶景。沈む夕日遠く虚しさに染まる空色からって感じです。虚しくはないけど。
日本海に沈む夕日の綺麗なことといったらもうありませんよ奥さん。
帰りに同じような感じで一人旅してる人とも仲良くなれたしマジ最高でした。行くべし。

そしてもう一つがいわずと知れたマンガ、ハチクロことハチミツとクローバーに出てきた
岩手県は三陸海岸、山田町にある「道の駅ふれあいパークやまだ」まで行って
作中で取りあげられた珍アイス、ワカメソフトを食してくるということ。
はいそうです。思いっきり怖いもの見たさです。


ハチクロには恐ろしい料理を作る山田さん(美人で美乳)ってキャラが出てきます

しかし誰が言ったか知らないが、そこは日本のチベット岩手県、それも三陸地方。
車ならまだしも電車で行くとなると果てしなく遠いわけです。ほぼ一日がかり。
これは行く気マンマンだった不老ふ死温泉とは違って行くかどうかかなり迷った。
やっぱソフトクリーム食べるためだけに行くのはどうなんだ、と我ながら思ったんすけど
まあハチクロ終っちゃった記念ってのもあるし、自転車で行くよりはさすがに楽だし
(主人公・竹本君が自分探ししながら自転車で稚内目指す途中に立ち寄るのがこの道の駅)
っていうかどうせヒマだし、他に行くところもないしってことでやや消極的な理由ながらも
盛岡からひたすら列車に乗ること3時間半、最寄り駅の岩手船越駅から歩くこと10分かけて
ついに悲願のふれあいパークやまだ来訪と相成ったわけであります。
(ちなみに岩手船越駅はありふれた無人駅なんだけど何気に本州最東端の駅らしい)


ついに現れた道の駅看板。九月の東北とはいえ蒸し暑くて歩くのしんどかった

岩手船越の駅から道の駅までは国道45号沿いに歩いてきたんですけど、
車しか走ってない国道の寂しさと比べると道の駅の賑わっていること賑わっていること。
お昼時だったし、R45自体は三陸海岸を南北に結ぶ重要なルートってのもあるかもですが。
僕もお腹減ってたんで、強敵・ワカメソフトとの一戦を交わす前にまずは食堂で腹ごしらえ。
腹が減っては戦はできませぬ。特に敵はゲテモノソフトだし。
そんなわけで適当に何か食べようと思ったら目に付いたのは名物「ワカメラーメン」。
さすが道の駅やまだです。やっぱり「山田」の名は伊達じゃなかった。
(参考:デイリーポータルZ「ハチクロめしトリビュート」
紹介文によると「わかめパウダーを練りこんだ緑色の麺にメカブとワカメをトッピング!」
・・・。どんだけ海草好きなんだこの道の駅。そしてとことん攻める緑緑緑。


緑っていうか、黒? 後ろには勇壮な山田祭のパンフを配してみました。

いやでも普通においしかったですけどね。ただラーメンっぽくはない感じ。350円也。
さてお腹を満たしたところでいよいよ食後のデザート、念願かなってわかめソフト。
もはやデザートなのか疑わしいですが。ワカメを使ったデザートはないよね。


カウンターの脇に貼ってあったチラシ。大好評!ってマジ?

なんかもう三ヶ月以上前の話になるんでいくらだったかあやふやなんすけど(確か200)
とにかくおばちゃんにお金を払って夢にまで見たあのわかめソフトとご対面。
と思ったら受け渡しの際にバランス崩してポッキリ。もう一度作り直して再度ご対面。
(感動のあまり手が震えてたんです・・・。おばちゃんごめん。)
想像を絶する味・香り・色づかい!かと思ったら意外に見た目は普通ですよコレ。


これが山田名物ワカメソフトだ!!

拍子抜け。
ま、まあ見た目はソフトクリームだしそんな悪いわけないよね。
なんてったって売り物になるんだものね。そんなひどくなるわけないよね。
ということで肝心のお味でございますが、



こ、これはっ!?


なんだ、一体なんなんだ!?


これが夢にまで見たワカメソフトの味なのか!?





はい、けっこう普通でした。
正直もっと磯臭かったりしょっぱかったりするのを期待してたんですけど、全然普通。
ハチクロに出てくる山田フードどころかおいしくてもう一本いけちゃうぐらい。
たぶんフローズンヨーグルトを混ぜた効果だろうね。感じとしては「ん、ワカメ?」。
これならワカメ嫌いのあの子もこの子も全然おいしくいただけること必死。
むしろ万人受けを狙いすぎてゲテ感が全くないのがちょっと悔しい。
はるばるソフトクリームのためにやってきたっていうのに…。
口の中は甘く、心はちょっとしょっぱくなりながら道の駅を後にしたのでしたとさ。


なんでまたこんな毒々しい色に塗るかな…


ところで道の駅やまだには、というか山田町には隠れた名物「山田せんべい」があるんですが
こっちのほうがよっぽどワカメソフトよりインパクトがあってすごいです。
やっぱり恐るべき山田パワー。
あとこれ書いてたら道の駅の珍ソフト大全的ページをみつけてしまいました。(ココ)
これは行かねば。。。ソフトの道は一日にして成らず。
『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それはいつどんな時でも起こ... | トップ | パンダの概念をぶち壊す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。