ヴァイオリン日記

オーストラリア・メルボルンでヴァイオリン弾きをしてます。日常生活で感じたこと、経験した事、きままに更新しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アナフィラキシーショック講習

2016年10月05日 | 教えること

オーストラリアの学校に勤める

職員全員に御触れがでました。

アナフィラキシーショックに対応するため

講習を受ける事。

食べ物などにアレルギーのある人は

年々増えていますがここオーストラリアは

かなり多いです。

そんな子供たちをアナフィラキシーショックから

守るべく私も受けました!

オンラインで簡単に自分の好きな時間で出来ます。

講習後は実施試験を受けます。

エピペンと言われる注射器の使い方や

症状の見分け方、ショックが起きた時の対応など

多くの生徒に携わる者としてトレーニングを

受けてとてもよかったと思います。

無事、合格!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気まぐれな

2016年09月08日 | ひとりごと

メルボルンは春になりました。

9月に春なんて。。

桜か、梅か、、、色々な花が咲いています。

 

空は青く、時々雨上がりに見える虹は色濃く。。

 

そして私も色々な事を考えます。

気まぐれに色々感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新たに。。

2016年07月30日 | ひとりごと

また新たに年を...

どんなにケアをしてもやっぱりもう若くないです....

女子的にはつらい時期ですが、

人生的には若さってたいして重要ではなくて、

いくつになっても無茶や夢中になれる

スピリットを持っている事のほうが、はるかに充実した生活を送れる気がします。

それがある意味、本当の輝きを放つと思うんですよね。

もう若くない小澤征爾の指揮を見ながら。。

 

Seiji Ozawa's 80th Birthday Concert (Excerpt)

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

遭遇

2016年07月03日 | ひとりごと
家から車で30分。
夕方4時。
野生のカンガルーに遭遇。

ちょっと警戒されて逃げてしまいましたが、
カンガルーってほんとバネみたいに
走るんですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初めての

2016年07月01日 | 育児
1年、あっという間です。

たった1年でこんなに大きく育っちゃって、ちょっと寂しいような...

初めての言葉は、「これ」
二つ目は英語で「Ta」→Thank you の略です。
三つ目は「ブーブー」でした。

保育園に通っていますが、
いまのところ日本語優勢👍





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とあるお昼ごはん

2016年05月25日 | ひとりごと


最近は、メルボルンにも続々と
おいしいラーメン屋さんができてますが、やはり数には限りがあります。

そのかわり、今日のように寒い日に
食べるフォー。

おいしいスープに出会うと
本当に幸せな気分になります。

今日は、エビ餃子と豚肉のフォー。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーヒータイム

2016年05月14日 | ひとりごと
メルボルンにはカフェがたくさんあります。

老若男女、年齢を問わず、たくさんの人達に使われていますが、

子供やあかちゃんのためのコーヒー?もあります。



泡立てたミルクにチョコレートパウダーとマシュマロがついてます。

カップはエスプレッソ用の小さいカップ。

かわいい‼

しかも、このお店は無料でした。

Babyccino (ベービーチーノ) と呼ばれてます💕

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめの松ヤニ

2016年04月22日 | 演奏について
ヴァイオリンを演奏するにあたって
必需品の松ヤニ。
弓の毛に塗るわけですが、
結構種類があって、
それぞれ弾き心地や、音が違います。
学生時代はあまり気にせず、
ベルナーデルを使ってましたが、
最近はいい松ヤニが次々と開発されてます。
という事で、
私の好きな松ヤニをご紹介。



我が日本を代表する弓のメーカー、
アルシェの201ソロ

澄んだ音色、とにかく雑音がしません。粉があまり飛ばないので、
楽器にもアレルギー持ちの方にもやさしい松ヤニです。
最近はずっとこの松ヤニばかり
使っています。



こちらは、アメリカ生まれのソロ演奏のために開発されたアンドレア ソロ。
アルシェよりもパワフルです。
とにかく音量がでます。
アルシェがなくなりそうなので、
こちらを購入しましたが、
すばらしい松ヤニです。

松ヤニを塗る時は同じところばかり
擦らず均等に減るように塗っていきましょう。松ヤニが割れると楽器に傷が
ついたりケースが汚れたりしますので。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーストラリアの授乳室

2016年03月27日 | 育児
オーストラリアのショッピングセンターには必ずあるParent room.
おむつ替え、授乳、休憩などを目的としたお部屋です。








電子レンジやテレビは普通ですが、
各授乳室に外を見れるスクリーンがついてるところもあります。
授乳中のお母さんが、外で上の子を遊ばせてる時に使用できます。

そして子供が遊べるエリアには巨大なiPadみたいなスクリーンがついてるところもあります。

おしりふきが備え付けでしかも温められてるところや、ボトルウォーマーが設置されてるところもありました。

とにかく広く作られているので、
ダブルベビーカーでも問題ありません。

そんな立派なParent roomがあっても
歩きながら授乳してる人もしばしば。
誰も気にしません。
さすがオーストラリア😅





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全身麻酔と授乳について

2016年03月16日 | 育児
親知らずを抜歯するにあたって
心配だったのは、
全身麻酔とお薬でした。

まだ授乳中なので、影響はないのか、
麻酔科の先生、担当ドクター、薬剤師
にしつこく聞いたところ、

麻酔科の先生は、「大丈夫だけど、もし心配だったら術後の1~2回分くらい破棄してからあげたら安心でしょ。でもすぐあげても問題ないよ。」

担当医は、「赤ちゃん10ヶ月でしょ。大丈夫。赤ちゃんに影響が出るようなお薬は出さないから。」

薬剤師は、「この痛み止めは、6時間以上あけて摂取してね。痛みがなくなったら飲まないでね。」


という事でした。

結果、今回の親知らずの手術、授乳中でしたが、赤ちゃんには全く問題ありませんでした。

痛み止めは、帝王切開の時に飲んだ同じ薬で、抗生物質は処方されませんでした。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親知らず 手術後

2016年03月08日 | 美容・健康


全身麻酔って本当に時間の感覚がなくなりますよね。

いつのまにか、終わってました。

看護士さん「終わりましたよ。調子はどう~?」

私 「だぁぁえどうぅぶでふ ... 」
(ぎゃー口が動かない ....\(>_<)/

そんなもぐもぐしている私に、
看護士さんは、アイスバーとリンゴジュースをくれました。

昨夜から絶飲絶食だったのでのこれは嬉しい♪

「ハァンキウウ~」

食べてみると....
どこが唇かわからず、
冷たさも感じず、
ヨダレがでても困るので、
携帯のカメラをセルフィーモードにしながら食べきりました。

でも味は、血の味、微妙...

なんか、50グラムくらいの常温の肉の塊が唇についてる感じです....



それでも、痛みはほとんど感じず、
就寝前まで痛み止めは使いませんでした。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親知らず

2016年03月07日 | 美容・健康


これから親知らずを抜きます(>_<)
全身麻酔で下の2本。
ただいま待機中。
こわっ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

惜別と追憶

2016年02月27日 | ひとりごと

モネの「散歩、日傘の女」

美しい光とやわらかな風の中にたたずむ女性と子供。

これは、モネの妻カミーユと子供ジャンを描いたものらしいです。

青空と草原のコントラスト、女性と子供の表情が素朴ですが、はっきりしています。 
 
母と子の素朴な幸福感に溢れています。
 

しかし、この絵を描いた4年後、モネの妻カミーユは32歳という若さで病死します。

 

 

カミーユの死後、7年後、モネが再び描いた絵がこちら。

「日傘の女性 右向き」

 

なんとなく光が少なく、表情もぼやけています。

女性の影もありません。

なんだか寂しさで押しつぶされそうになるのは私だけでしょうか?

 

もう一度、会いたかったのかもしれません。

同じ景色の中で、あの時の美しい思い出を探していたのかもしれません。

そして、この2枚目の絵はモネが生きている間は大切に保管され、売られることがなかったようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金猿

2016年02月22日 | ひとりごと
タウンホールに大きな物体が。。



何かしら?金の猿?

調べてみたら、チャイニーズニューイヤーをお祝いして、今年の干支、
猿らしい。金の✨

インパクトあります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

因果応報

2016年02月20日 | ひとりごと
今日は、土曜日。
朝から怪獣さんとお散歩しました。

横断歩道を渡ったところで、
止まってる車からクラクションが。
結構何度も鳴ったので、不思議でしたが、気にせずお散歩続行。

すると、恐持ての入れ墨、鼻ピアスの
女性がそのトラックから降りて、追いかけてきます。10メートルくらい。


一瞬、どうしよう~😨と思いましたが、女性は、手に何か持っています。

なんと50ドル札。

そう、信号待ちの時に、お金がポケットから落ちてしまったようです。

わざわざ車を降りて、お金を拾って
追いかけてきてくれたその女性。

一体、10人中何人の人が同じように
してくれる事でしょう。
わざわざ車を降りて。。

そんなすばらしい人に一瞬でも
出会えた事。そして、その方にも
巡り回って幸運がありますように。

無くさずにすんだお金で
コーヒーを飲んで帰りました。

感謝です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加