まやの部屋

過ぎていく一瞬 
心に浮かんだことや気になることを書きとめる日記

さまざまな通訳

2014年11月08日 10時34分46秒 | 仕事

先日は手術室まで入って、ずっと手術中も通訳しました。

局所麻酔だったので、患者さんが目覚めていたから。

どちらかというと付添みたいな感じになりましたけど。

患者さんはおしゃべりな方で、麻酔の時は痛い!!!と顔をしかめていたものの、麻酔が効いて全く痛みを感じなくなると、

色んな事を話していました。

きっと気を紛らわしたいんだろうと思って、私も結構たわいないおしゃべりに付き合っていました。

もしかして、うるさくなかったでしょうか。

でも、マジカに見る手術の光景は、もちろん大きな手術ではなかったのですが、私にとってはちょっとした大きな体験でした。

全身麻酔の時は、患者さんが眠ると、もちろん外に出ます。

着替えたら、バイバイの時もあります。

病院やお医者様によって、様々ですね。

今日は、小ネタでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼ごはん サラメシ!?

2014年11月07日 10時28分01秒 | 仕事

昨日は結局昼ごはんは、ちゃんぽん麺! 640円なり、でした。

病院の近くに偶然見つけた、どこにでもありそうな中華屋さんで間口も狭かったんですが、中を覗いてみると結構きれいなインテリアで部屋も広く、サラリーマンで大盛況。

これはきっとおいしいに違いない、と直感してすぐに入りました。

やっぱり勘は当たり、とてもおいしかった。たくさん野菜が入っていて、それだけでもうお腹いっぱい。

麺は期待していなかったんですが、想像を超える美味しさ!!

ヤッター、大当たり――― 通訳の時にもこれくらい勘がさえてるといいんですけど…

なんせ食いしん坊で…

終わりにコーヒーまでいただいてしまいました。

もう一度、いやこれから何度でも、あの病院に仕事で行くことがあればいいんだけど… と不穏当なことを考えてしまいました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア、その後

2014年11月06日 08時54分06秒 | 仕事

昨日のボランティアは結構充実してた。

今回も昼ごはんはささっと済ませようと1階でお弁当を買ってきて、控室で食べていたら、半分もたべないうちに電話のベルが鳴った。

で、それから出向いて行って、部屋に帰ってきたら1時過ぎ。まあ、いい方か。

 

待ち時間での情報収集が欠かせない。

昨日も案の定、診察室から出て来てから、質問が2個も出てきた。

あんなに質問を事前に考えといてください、と言っていて、

診察終了後には診察室で「質問は他にありませんか?」と念押ししたのに…

やっぱり、お医者様の前に出ると、国籍を問わず萎縮するのね。

診察室から出て数分もしないうちに、そうだ、これが聞きたかった… と言い出す始末。

で、事情を話して待つことかなり。もう一度診察室に入って、質問をしました。

それで患者さんの疑問もすっかり?解けて、無事に帰られたと思う。

今日はこれから仕事

今日も一日ずっと外だわ。

お昼ご飯をどこで食べようかな。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ボランティア

2014年11月05日 08時03分34秒 | 仕事

今からボランティアに行ってきます。

今日は朝から夕方までボランティア

すごく遠いけど、やりがいある。

でもその後、今日は仕事も入っている。

実は朝の仕事はボランティアのために断った。

この頃、こんなことはしょっちゅう。

で、いいのかなあ。

ボランティアの方がやりがいあるってことはあるんだわ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この頃

2014年11月03日 22時09分00秒 | 仕事

この頃、仕事の事をここで書くのが億劫になってきた。

といって、プライベートが充実しているわけでもなく、何だか中途半端。

先日は、トリニダート・トバゴ、ネパール、アメリカの人たちの通訳をした。

一日でこれらの人に順番に会った。

医療通訳は待ち時間が長い!ので、その間に色々とお国の事を聞いたりするのも楽しみの一つ。

もちろん、病気が重い場合はそんなこと言ってられないけど…

お国自慢だけでなく、その人の英語に慣れるという大きな目的もある。

それに、診察に入る前に色々と周辺事情などを聞きだしておかないと。

どの国の人も、お医者様の前に出ると思っていることが全部言えなくなる。

特に、何を聞きたいのか、を聞いておくといいかもしれない。

病気でしんどい患者さんは、何がきたいかなんて考えている人は少ない。

でも、遠いところまでしんどい体をおしてきたのだから、聞きたいことは全部聞いてから帰りたいものだ。

注射は嫌いだからしない、とお医者様の前で言っていた、図体のやけにでかい人は、診療室の外に出て話していると、

明日もう一遍来て、注射してもらうんだ!と決意を語る。

で、どうしたかって?

もちろん、もう一度診察室に舞い戻り…

その日のうちに注射をしてもらいました。

ヨカッタね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加