まやの部屋

過ぎていく一瞬 
心に浮かんだことや気になることを書きとめる日記

キャッシュレス社会が来るのでしょうか?

2017年08月24日 21時47分37秒 | 英語(通訳/翻訳)

先日、アメリカに住んでいる台湾人の知り合いが京都に遊びに来た。

1日観光に付き合ったのだけれど、一番最初に聞かれたのが、これ「アメリカではキャッシュを使うことがないんだけど、日本ではキャッシュがいるって本当?いくらくらい持っていればいい?」

今日のJapan Newsの記事によると、アメリカではすでにキャッシュレスが当たり前になっているということ。

それで一番困っている職業は?

panhandlers

乞食

今の日本ではほとんど見なくなった職業

どうも、そのおじさんはコミュニティでは名前の通った?乞食さんで、いつもの常連客がいるとか。

でも、この頃は皆キャッシュを持って歩かないので、めっきり商売がしにくくなったらしい。

通りがかりの人が、キャッシュを持ってない、といってすまなさそうに通り過ぎるらしい。

でも、驚いたのが、そのうち何人かは翌日ちゃんとキャッシュを持ってくるらしいのだ。

ところで、日本もそんな日が来るのでしょうか?乞食と言う職業がなくなる日、ではなくて、現金を持たなくなる日のことです。

アップルペイとか、何たらマネーとか、デビットカードとか。

私はどれも持ってない。

当面使う気もないけど。

何やらオリンピックに備えて、ある程度キャッシュレスでも対応できるようにしたいという意向もあると漏れ聞くけど、どうもね。

今日の日経では、旅行で溜まった外国の小銭をキャッシュレス対応にして、日本のお店で使えるようにしたらしい。東京のどこかでのはなしらしいけど。

そう言えば、私もどこの国かわからなくなった小銭がジャラジャラ箱にしまってあるなあ。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の遺伝子に関する病気の英語

2017年05月24日 10時57分54秒 | 英語(通訳/翻訳)

先日の新聞から:

recessive gene  劣性遺伝子

saliva              唾液、唾

incidence rate  発病率

a clinical test    治験

it has yet to set a price for the testing.  まだ検査の価格はきまっていない

abandon their marriges   結婚を取りやめる

a specially assigned professor   特任教授

 

結構重い内容ですね。出生前診断はあるけど、これは婚前遺伝子診断にも使えるらしい。

夫婦両方とも持っているが発現していない劣性遺伝子は、二人揃うと子供に出てくる可能性が高くなるので、結婚前にそれがわかったら結婚を止めるって本当?

そんなもんかいな。

優性遺伝子はちなみに、dominant genes という(同じ記事より抜粋)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時制に気を付けて

2017年03月11日 13時24分30秒 | 英語(通訳/翻訳)

先日、「英語がなまっているから時制に気をつけないと」と言い放った強者が居た。全くその通りなんだけど、お客様の前では言ってはいけない言葉だよ。お腹の中にしまって、自分だけにこっそり言い聞かせて仕事を続けてください。

と言ったところで、やはり時制は気になるもの。今日はニュースで見つけた、結構時制の勉強になる記事からの抜粋

Japan news から Poll: Hatred, prejudice on rise in U.S.

Nearly two-third of U.S. voters say hatred and prejudice in the United States have risen since Donald Trump was elected president, an opinion poll revealed Thursday.

 

Sixty-three percent of subjects polled by Quinnipiac University said hatred and prejudice have increased since Trump's November 2016 election, while 32 percent said the levels have not changed.

現在形、過去形、完了形が記事の引用のところで上記のように書かれていた。

これで時系列が分かるからいいんだけど、英文を話す(書く)時はとても紛らわしいね。

その横にあった記事から、動詞の使い方の例:

Legal challenges against ..... mounted as .... it would renew its request ...

The events happened a day after Hawaii launched its own lawsuit

お腹がすいたから、今日はこの辺まで(笑)

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥インフルの英語

2017年02月08日 16時04分33秒 | 英語(通訳/翻訳)

先日のジャパンニュースの記事から

the global spred of bird flu

the number of viral strains

a potential human outbreak

multiple outbreaks

wild flocks 

most involve strains that are currently low risk for human health

their presence in so many parts of the world

the risk of viruses mixing and mutating

possibly jumping to people

another strain could make a jump into humans

the ability to transmit

the greatest fear is that a deadly strain of avian flu could then mutate into a pandemic form

a prominent public health issue

put down to greater resilience of strains currently circulating

cannot afford fo miss the early signals

the precise reasens

such developments compound the global spreading process

a virologist

you've got more exposure, to more farmers, more often, and in greater numbers, in more parts of the world

今日はここまで、

何だか、世界中に広がっているようだ。

今日も近くの池までお散歩に行くと、まだ鳥インフルの影響での公園閉鎖は解けていなかった。いつになったら、また池の周りを散歩できるんかいな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AIで通訳がなくなるのかな?

2016年12月25日 14時58分27秒 | 英語(通訳/翻訳)

先日新聞かネットで、AIが進むとなくなる仕事、という記事があり、それを読んでいると、約10年後には通訳翻訳がなくなるそうだ。

つまり、『ほんやくこんにゃく』が出てくるらしい。楽しみだ… 何て言ってられないかな?まあ、その頃にはもう仕事をしていないだろうから、私には関係ないと思うけど、今から仕事をする人にとっては他人事じゃないでしょうね。

医療通訳でも、AIさんに変わってもらえるところはあると思う。

またまた、会社時代の話で恐縮だが、仕事にはご存じのとおり、定型事務と非定型のものがある。その定型に当たる部分は十分にAIで代替が可能だと思う。いつも同じ文言を言うから。

しかし、だ。しかし、相手の答えはいつも一緒ではないので、もし全く予想外の答えが返ってきたら、どうするんだろう。

診察室の通訳はAIさんが頑張っても、なかなか難しいんじゃないだろうか。お医者さんができるだけ定型文に従って話す努力をされるともしかしたら可能かもしれないけど…

診察もAIで可能だと言う人もいるらしいから… そんなに簡単だったら、とっくの昔に機械化が進んでいるように思うけどなあ。

とにかく、定型の仕事はどんどんAIさんにとって代わられるのかもしれないね。

これから人口が減っていく日本にとっては、朗報なんでしょうか?

で、人間だったら、いくら定型の仕事だと言っても、毎日いつも同じ仕事を繰り返していても、経験が積み重なり、何らかの暗黙知みたいなものができてきて、それを次の人に手渡していく、ということもあるとおもうのですけれど、AIさんはそれは苦手なんでしょうか?

うーーん、一体AIさんの顔ってどんなの?いっぺん見てみたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加