黒沢永紀オフィシャルブログ (旧・廃墟徒然草)

産業遺産と建築、廃墟、時空旅行、都市のほころびや不思議な景観、ノスタルジックな街角など、歴史的“感考”地を読み解く

池島炭鉱:鉱業所病院

2017-06-18 23:11:33 | ・池島炭鉱
第二の軍艦島といわれる、
軍艦島と同じ長崎市にある炭鉱跡<池島>の全貌をまとめた、
『池島全景 離島の《異空間》』(三才ブックス)の発売記念として、
書籍に収録できなかった池島を、シリーズでお送りしたいと思います。

池島鉱業所病院は、池島炭鉱が営業を開始した、
1959年(昭和34)に開業した総合病院。
1964年(昭和39)に現存するRC2階建ての建屋に改築され
以降閉山まで、池島の島民の健康を守った、
会社が運営する病院でした。
RC2階建ての建屋内には、ベッド数51床をはじめ、
外科から内科、小児科から歯科まで、
現代の総合病院と比べても、遜色のない充実の病院です。

池島炭鉱/鉱業所病院

書籍『池島全景』内に掲載した病室は、
ベッドが綺麗に並ぶ光景ですが、
病室によってはシーツ等の処理が適当で、
暗がりで見ると、ちょっとビックリする病室もあったり。





池島炭鉱/鉱業所病院

診察室にはカルテをはじめ、多くの書類も残っていて、
さらに室内や調度が綺麗なため、
掃除をすればすぐにでも使えるような印象です。





池島炭鉱/鉱業所病院

2002年春のカレンダーが残っているということは、
閉山後もしばらくは運営されていたのでしょう。
現在では、裏手にある小さな診療所が、
長崎市によって運営されています。





池島炭鉱/鉱業所病院

院内に残されていた雑誌のグラビア。
最近ではあまり見かけなくなりましたが、
まだ活動はされているようですね。
孤独のグルメseason6の長崎飯店の回に、
若女将役で出演されていたのが記憶に新しいです。





池島炭鉱/鉱業所病院

診察準備室に残っていたVHSビデオ。
そりゃあ、確かに病院ですが。。。(^◇^;)


“第二の軍艦島”といわれる、九州最後の炭鉱のあった池島の全貌を、
12年以上の取材と400枚超の写真で紹介する国内初の池島本。
『池島全景 離島の《異空間》』絶賛発売中!!

『長崎県』 ジャンルのランキング
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『池島全景 離島の《異空間... | TOP | 中ノ島、保存と観光見学へ向けて »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。