廃墟徒然草 -Sweet Melancholly-

廃墟の他、廃墟感のある場所や事柄、遺跡や遺構、時空旅行、暗渠、都市のほころびや不思議な景観、ノスタルジックな街角など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生体廃墟-大野一雄

2005-01-24 16:48:39 | アート・デザイン・音楽・映像
 
 
一昨日、久しぶりに大野一雄を観ました。
本来は大野慶人のミニ公演だったのですが、珍しく体調が良かったので、大野一雄も来たのでしょう。
大野一雄とは、日本舞踏界の第一人者で、土方巽と共に舞踏を世界に知らしめたその人です。
もう100才近いため、殆ど公演を行うことはできなくなってしまいましたが、それでも本人は健在です。

それにしても舞踏はなぜ廃墟のイメージと繋がるのでしょう?
土方巽大駱駝艦山海塾も、そして勅使河原三郎も、
それぞれまったくアプローチは違いながら、そのどれもが観るたびに常に廃墟を連想します。
人の息吹が十分に感じられる若い廃墟の土方巽、
さらにもっとわぎわぎとして体液を感じる麿赤子の廃墟、
逆に乾ききって、もう人の息吹を感じなくなった山海塾の廃墟、
そしてインダストリアル・エイジの廃墟、勅使河原三郎。

そんな中にあって、大野一雄の廃墟は、凄く身近であり、常にそこには花があります。
できる事なら、見る物を涙の渦に誘い込む、
生体廃墟-大野一雄の指先から咲く一輪の美しい花を、また観てみたいものです。
 


ジャンル:
ウェブログ
Comments (3)   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軍艦島:軍艦島せんべい | TOP | 巨大廃墟-川南造船所跡 »
最近の画像もっと見る

3 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックさせて頂きました。 (セイ)
2005-01-27 16:44:55
はじめまして。

goo検索でお寄りしました。



個人的には、大野一雄は受けつけ、

土方巽は受けつけない、

なぜか自分でも謎。

これ、感覚体質、、とでもいうんでせうか、、、。
ありがとうございます (Kurosawa)
2005-02-10 11:42:48
セイ様



トラックバックとコメント、ありがとうございます。



土方巽を受けつけない・・・

詳しく伺っていないので間違ってるかもしれませんが、

自分の感覚を思い出してもみても、そういう所はあります。

土方巽の舞踏は、

ある意味神経を逆撫でするようなところがあると思います。

ただそれと同時に、

その感覚は確実に自分の中にあって、

でも普段は眠っている、というよりは

あまり出てきて欲しくない感覚、

そんな印象も受けるのですが。



得心 (セイ)
2005-02-11 10:01:54
ああ、そういうことなのかもしれません。

共感覚とでもいうんでしょうか、混じりあう状態。

常には独立している感覚が『ないまぜ』になってしまって、

うろたえて自分のそれを受け入れ難いというか、、、。



お返事いただけるとは思いもよらず、

驚きました。ありがちうございました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

2 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
55夜 踊って踊って (王様の千と線)
踊るってなんだろう。 たとえば路上で、黒人の子供の踊る姿がある。 それは身体がそう望んでいるのだと思う。 瞬間に生まれては消えていく、身体が生んだ『線』の羅列をそのまま消えさせずに、 ひとつずつ拾い上げて名づければ、動きはいずれ洗練された型になる。 は
舞踏/大野一雄 (JLHATIC)
音楽の師、kurosawa氏が大野一雄さんについて書いておられたので、私もちょこっと。 http://blog.goo.ne.jp/ruinsdiary/e/afec21dbe9dfc809885fabce3123f26b 私も大野一雄さんを見ました!しかもそれは私が「山海塾が好き」と言った事を発端に、「へえ、そーなんだ!