黒沢永紀オフィシャルブログ (旧・廃墟徒然草)

産業遺産と建築、廃墟、時空旅行、都市のほころびや不思議な景観、ノスタルジックな街角など、歴史的“感考”地を読み解く

『東西名品 昭和モダン建築案内』発売中

2017-05-11 09:00:49 | 建築・都市景観
『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較

前回アップした『池島全景 離島の《異空間》』と時間は前後しますが、
今年の1月に『東西名品 昭和モダン建築案内』を上梓しました。

拙ブログ内のカテゴリー建築・都市景観の流れを汲むもので、
その中でも昭和初期、いわゆる20年代と呼ばれる時代に焦点をしぼり、
テーマ別に東京圏と京阪神に現存する建築をそれぞれ1物件ずつ、
各圏から17物件、合計34物件+αを取り上げた書籍。

20年代という時代は大戦間時代ともいわれ、
第一次大戦と第二次大戦の間の、
世情が劇的な変化を遂げた時代。
また、
工業製品が普及し、大衆文化が花開いた時代でもあります。
さらに、日本では関東大震災という未曾有の経験を経て、
国内の建築物が、一気に鉄筋コンクリート化する時代でもあります。

明治以降の西洋建築のコピーの終焉期であると同時に、
戦後のモダン建築の発芽の時代でもある20年代は、
様々なスタイルが交差したまさに建築百花繚乱の時代。

テキストは文化コラムニストで歌人の北夙川不可止氏。
東京圏の一部の物件を私が担当し、
画像は、ほとんどが書籍用の取材での新撮です。

『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

20年代という時代を語る時に、
絶対に外せないキーワードが「アール・デコ」。
1925年にパリで開かれた「現代装飾美術・産業美術国際博覧会」、
通称「アール・デコ展」に象徴されるデザインの潮流。
そのヨーロッパのアール・デコを最も端的かつ美しく伝えるのが、
旧朝香宮邸(現・東京都庭園美術館)です。
アンリ・ラパンのプロデュースのもと、
ラリック、アングラン、シューブといった、
当時最先端の装飾芸術家が一堂に会して創られた館は、
隅から隅まで息をのむ美しさです。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

同じアール・デコでも、
こちらはアメリカンスタイルのアール・デコ
東京の御茶ノ水にある「山の上ホテル」は、
アメリカの建築家ヴォーリズの設計によるもの。
塔屋や正面2階部分の装飾などは、
まさに時代を伝える貴重な建築遺産。
今見てもまったく古さを感じないのは、
ヴォーリズの根底にある、
普遍(不変)的な思想ゆえでしょう。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

ヴォーリズとともに忘れてはならない建築家と言えば、
やはりフランク・ロイド・ライト。
世界三大建築家の一人にも挙げられるライトは、
その普遍性と独自性で、他の追従を許しません。
目白にある自由学園明日館は、
国内に現存する数少ないライトの作品。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

明日館でも多くの部分で設計に参加した遠藤新は、
ライトの遺伝子を受け継ぎながら、
さらに日本の伝統的な建築の融合を押し進めた建築家。
甲子園ホテル(現・武庫川女子大学)の尖塔には、
寺社の塔屋建築が重なります。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

百貨店という店舗形態が国内で始まるのも、やはり20年代です。
日本橋髙島屋の建物は、もともとは百貨店ではなかったものの、
和のテイストをふんだんに取り入れた建築。
大理石の壁面や水飲場といった洋風な造りと、
格天井や釘隠しなどの和風な装飾が見事に融合したデザインで、
百貨店としては国内で初めて、重要文化財に指定されています。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

関東大震災による壊滅的な打撃を教訓に、
大きな震度に耐えうる鉄筋コンクリートの建造物が乱立するのも、
20年代のひとつの特色。
特に小学校は「復興小学校」と呼ばれ、
都内に100校以上建造されました。
その多くは解体されましたが、
銀座のド真ん中にある泰明小学校は今も現役で健在です。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

学校と同様に、復興建築として有名なのが同潤会アパート。
都内の同潤会アパートは全て解体されてしまいましたが、
大阪に、20年代の記憶を伝える現役の鉄筋アパートがあります。
外壁は同潤会と同様の洗い出し仕上げで、裾にはスクラッチタイル。
特に階段入口の装飾は、涙が出るほどの20年代スタイル。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

戦後、国内で盛んに建設された、
モダン建築の原点も20年代。
ドイツのデザイン学校、
バウハウスから生まれたインターナショナルスタイルと呼ばれる、
装飾を極端に排除したグローバルデザインは、
東京の下町、深川にある東京市営深川食堂(現・深川東京モダン館)
で見ることができます。
この記事内で、もっとも“進歩的”な建築物。





『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較
※画像はクリックすると拡大します

深川食堂とは逆に、神戸税関のように、
従来の古典的なスタイルで建設された建物も、
数多く残っています。

他にもスパニッシュ・スタイルの前田侯爵鎌倉別邸(現・鎌倉文学館)や、
大正時代末期のモダンアパート、船場ビルディングなど、
20年代の多様さは枚挙に暇がありません。
書内で取り上げたのはそのほんの一部ですが、
ぜひご堪能ください。


◆東西名品 昭和モダン建築案内◆

価 格: 1,800円(税抜)
A5版/160ページ/オールカラー
発売元: 洋泉社
発売日: 2017/01/26
ISBN-10: 4800311349
ISBN-13: 978-4800311344

『東西名品 昭和モダン建築案内』は、北夙川不可止・文、黒沢永紀・写真で贈る、昭和初期(1920年代)の建築を、テーマ別に東京圏と京阪神で徹底比較

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『池島全景 離島の《異空間... | TOP | 池島全島図 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。